FC2ブログ
2018.10.18

ライブ告知+一人旅2018

まずは告知。
もう一週間切ってしまいましたが、みくまりが久しぶりにライブします。

10月20日(土) @とまと畑

19:30~19:55 石田幹
20:00~20:25 みくまり
20:30~20:55 Spanish.Glow
21:00~21:25 渡辺雄二
21:30~21:55 Siesha

何卒よろしゅう。


IMG_8101.jpg


さて。
カブを買ってから行きたいと思っていた秋の一人旅、
二泊三日の日程で言ってまいりました。
洞爺湖、ニセコひらふに宿を取ってその周辺を回る道筋でした。
というわけで、思い出を順を追って綴っていこうかと思います。


IMG_0554.jpeg


さて、まず一日目。
この日は中山峠を通って洞爺湖までの移動。
しかし、速度もパワーも限られているカブでの峠越えは
正直なところ不安があったため、
可能な限り交通量の少ない時間に通過すべく
まだ日も出ていない早朝からスタートすることにしました。
しかし、この策はあまり功を奏したとは言えませんでした…

まず、中山峠を通る車は配送の大型トラックなどが多く、
そういう車はあんま時間とか関係ない、ていうかむしろ早朝のが多い。
なので、交通量に関してはあまり減ったという感覚はありませんでしたが
とはいえ、ここまでのドライブ経験である程度原二の走り方は習得済み。
コツはもう、一車線の道はとにかく譲りまくる。
急ぐ旅でもないし、追い立てられて走るのなんてイヤだし。
それより何より問題だったのはクッソ寒かったこと。
それなりの対策はして出たつもりだったんですが
この時期の太陽光のない時間帯の北海道の寒さナメてましたわ…
南区~中山峠前半あたりは結構命の危険感じながら走ってました。
でも、秋の中山峠の油絵のような紅葉と白樺のコラボレーションや
朝日はとてもキレイだったんで良しとします。


IMG_0556.jpg


中山峠を越えて羊蹄山を横目に見つつ喜茂別、留寿都を通過し
国道230号線から道道66号線に折れて洞爺湖へ向かうルートは
前にレンタカーで来た時と同じでしたが、
自分のマシンでここに辿り着いたという感慨はひとしおでした。


IMG_0568.jpg


やっぱり俺は洞爺湖が好きだ。
真ん中に島の浮かんだ静謐な佇まいが実にスピリチュアル。
野良猫の遊ぶ湖畔で少し写真を撮って、
チェックインまでまだまだ時間があるのでサンパレスへ。


IMG_0575.jpg

IMG_0576.jpg


相も変わらず宇宙一の露天、
今回は芝刈りの人もおらず、時間も早かったせいかほぼ貸し切りで本当最高でしたが
輪をかけて素晴らしかったのが内履きの改善。
前に来たときはショボいビーサンだったのが、今回スリッパになっており
風呂の外での快適性が劇的に向上していたのです。
ただでさえ最高なサンパレスがこれで無敵になってしまったと言えましょう。
日帰りしか利用してないんで宿泊の方のクオリティは分かりませんが、
他の宿に泊まる人もここの風呂は絶対入っとくべきです。
何度でも来たい。

風呂を上がってランチにしようかと思っていたのですが
前に来てもう一度お邪魔しようかと思っていた昭和のレストラン
「ベロニーテ」さんが潰れてまして…


IMG_0574.jpg


そんなわけで洞爺湖温泉街のど真ん中、万世閣の向かいにある
ハンバーガー屋さん「ハイドゥン」さんでランチ。
4種のきのこモッツアレラチーズバーガーを頂きました。


IMG_0583.jpg IMG_0584.jpg


こういう競争の少なそうなとこのバーガーは果たしてどうなのか?
ともちょっと思いましたが美味しかったです。
手作りのバンズが良い感じ。

まだ時間があったので少しだけ洞爺湖の周りを走りましたが
天候が微妙でテンションが上がらず早めに戻り、
チェックイン時間ちょうどくらいに到着。


IMG_0598.jpg (翌朝の写真です)


前回と同じく「いこい荘」さんにお世話になりました。
レイクビューの寛げる和室が良い感じ。
着いたら疲れてたし天気も悪かったので
部屋でぐだぐだしたりデレステやガルパやって過ごしていたのですが
ここのロビーでまさかのブツに出会ってしまいました…。

受付の前に下着類を販売しているカートが置いてあったのですが
その下段に「無料です、自由にお持ちください」と置いてあったもの…
何とレコードが。
旅館のオーナーのものでしょうか。
この旅でもどこか地方のマイナーな店で
レコードをディグれればいいなと思っていたのですが、
まさかのディグるまでもなく落ちてるものを拾える羽目に。
ラッキーってなもんで頂いてったわけです。
(ちなみにこの後ある程度いろんな街を回りましたが店は見つからず
レコードに触れられたのはここが最初で最後だったのでほんとラッキーだった)


IMG_0586.jpg


PCM録音が嬉しい箏のレコードや
ビョークのDJなんかで興味のあった民謡など貰ってきたのですが
気になるのが右上の「稲村一志」さんのレコード。
部屋に戻って調べてみると…


nettou.jpg


高っけぇな、おい。


IMG_0595.jpg


こんな7インチもあったんですが


frozen.jpg


マ?

どうやらこの方、後年「いなむら一志」という名義で
道内でミュージシャンやラジオパーソナリティとして活動していた方で
(惜しまれつつ2014年に逝去されたそうです)
「稲村一志と第一巻第百章」というバンドでの活動が知られているようです。
そのバンドで一番有名なのがこの「フリー・フライト」というアルバム。





「北のシュガー・ベイブ」との異名を取り
大瀧詠一に本気でナイアガラにスカウトされたとの逸話もあるそうです。
このアルバム、近年のシティポップブームで再評価が進んでおり
LP盤は高値で取引されています(ディスクユニオンで15,000円買取)。
2018年最新リマスターでCDが出ているほか
Apple Musicなどのサイトでも配信されているので、
機会があればぜひ聴いてみて下さい。素晴らしい内容です。

で、ここでメジャーデビューしたものの
道外での活動がイヤだったらしく北海道に戻ってしまい、
自主制作で流通のみTRIOでリリースしたのがこの
「熱島現象」という1stソロアルバムのようです。
根っこのところはブルージーでフォーキーな要素を持ちつつ
都会的なセンスでアレンジされた楽曲群は現代でも古びません。
「FROZEN HEART」の方はB面「御用心」が
シティポップ名曲として人気が高いようです。
16のノリが心地よいアーバンポップ。
このEPの2曲は上記の「フリー・フライト+5」に
ボーナストラックとして入っているので比較的容易に聴けるかと。


IMG_0597.jpeg


こんなのもあったんだけど
これに至ってはもはやデータが無さ過ぎて何も分からない…
内容はわりと普通のポップスで、DJ的に使える感じでもないので
レアではあっても需要は少ないかも。
そもそも誰も知らんという(笑)
ともあれいいもん頂きました。ありがとうございました。

二日目以降は次回の更新にて。
可及的速やかに書き上げます(笑)
ではまた。



関連記事
スポンサーサイト
2018.07.28

300kmツーリング


IMG_0143.jpg


というわけで、早速カブに乗って
旭川、上富良野を巡る往復300kmのツーリングを敢行して参りました。

いきなり長距離だなおいって話ですが、
上富良野にて開催された「花と炎の四季彩まつり」に参戦するのが
今回の旅の主目的だったのでした。
その祭に何があったのか?
それはですね…


IMG_0186.jpg


Twitterではいつもつぶやいてますが、一年ほど前からスマホの音ゲー
「アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ」
略してデレステというゲームにハマっておりまして。
簡単操作で小気味良く遊べるリズムゲームと
スマホゲーの域を超えた高品質なPVが楽しめる良ゲーです。
遊んでる方は是非同僚になりましょう。

そのゲームに出てくるキャラの一人に、
↑の画像の佐久間まゆというアイドルがおります。
やや愛が重いことに定評のある大人気キャラクターなのですが
このキャラのCVはかの人気声優牧野由依さんが務めております。
その牧野さん、ポッカサッポロ社から発売されている
「富良野ラベンダーティー」という商品を気に入って飲みまくって
それをSNSで宣伝したりしている様子が上富良野町の目に止まり
「かみふらのPR大使」というのに任命されてしまったそうで、
その縁で上記の祭に招かれ、ステージイベントを行うことになったというわけです。
北海道の無料イベントに人気声優が来ることなんて滅多にない。
というわけで、初の長距離ドライブでカブとの絆を深めがてら
まきのんに会いに行くことにしたのでした。


一日目は旭川にいるヲタ友の石井くんとこまで行くことに。
往路はまず国道275号線を通って滝川まで向かい、
そこから12号線で旭川まで。


IMG_0144.jpg


この日は晴れており、道中は実に快適でした。
画像は275号線と学園都市線を挟んで平行に走っている裏道を
走っているときに撮ったもの。
こういう車通りの少ない田舎道を常に走っていたい。


IMG_0145.jpg IMG_0146.jpg


旭川では以前から行ってみたかった居酒屋「ユーカラ」へ。
このいかにも北海道って佇まいがいいんですよ。
料理もどれも美味しく、堪能致しました。
石井くんの従兄弟(デスメタル好きのヲタという業の深い人物)とも合流し
楽しい夜を過ごしました。


IMG_0185.jpg


旭川土産。
旭川レコファンにて購入したROUAGE「SOUP」のアナログ盤。
一年前に来たときは同じくROUAGEの「BIBLE」のアナログ盤を買ったので
もはや使命感ですね、あそこにあるROUAGEを救い出すという(笑)
あそこに来る人間では、俺以外誰も興味ないと確信を持って言えるブツ。
とはいえ、まだ「CHILDREN」が残っているのですが
この二枚で満足したので恐らく買うことはないと思います…


IMG_0187.jpg


このカブにはやや不釣り合いとも言えるデグナーのクソデカサイドバッグ、
これは何を隠そうレコードを入れるべく選んだサイズなのです。
このカブでレコード買いに行きたくて。
とはいえ実際に届いて入れてみると、対角線に沿って入れてギリギリってサイズで
精々一、二枚しか入らないサイズだったのはやや残念でしたが(笑)
それでもこいつのおかげで問題なく持ち帰ることができました。


IMG_0147.jpg


そして祭当日の二日目ですが、
この日はまぁ~地獄でした…
状況は見ての通り。
そしてこの状況で石井くんと従兄弟の乗った車を追いかけて
上富良野まで向かったわけですが、
原二カブとしては限界ギリギリのスピードで豪雨と強風の中を突っ走り
雨合羽着てたので濡れはしないものの緊張感で体がガチガチに硬直し、
上富良野のローソンでようやく一息つけた時の安心感たるや…
あれはもう二度とやりたくない。
無茶はしない。それが大事。


IMG_0148.jpg


そんなこんなでまゆすきパワーを振り絞って辿り着いた会場。
ステージにまきのんが立った瞬間、
この曇り空が切れ青空が顔を覗かせたんです。
これはマジ。
可憐な白いドレスを着たまきのんはマジで女神に見えた。
一ステージ目はトーク、二ステージ目はライブ。
彼女のステージ前後には雨は降っていたものの、
ステージ中はずっと雨が止んでいたんです。
素敵な歌声を堪能し、心からここまで来て良かったと思えました。


IMG_0149.jpg


終わり頃には少し空が明るくなっていました。
この後石井くんの車に乗せてもらって富良野まで行き、
遊んでオムカレー食って上富良野戻って宿(ラーメン屋の二階)で就寝で
二日目終了。


IMG_0150.jpg


三日目。
朝はこんな感じでしたが、天候の悪さはここがピークで
これ以上は崩れることがなかったのは有難かったです。
この日はまずは富良野に行ってファーム富田へ。


IMG_0152.jpg


駐車場へ向かう道へ入ったあたりで観光客の数のヤバさに気づく。
さすがのブランド力ですねー。
空が晴れてりゃもっとキレイだったのに。
お土産いろいろ買って赤平方面へ。


IMG_0153.jpg


俺が子供の頃から大好きだった最強のニッキ飴
「塊炭飴」を作ってる石川商店の工場が見られたのが嬉しかったです。


IMG_0154.jpg


赤平で遅めの昼飯を食って赤平~砂川ライン、
ここで今回の旅で最高に気持ちのいいドライブができました。
はっきり言って今回の旅路、気持ちの良かった瞬間って多くはなかったのですが
天候、風向き、風量、交通量など諸要素がピッタリと噛み合ったとき
二輪のデメリットを補って余りある心地よさが生まれる。
それをこの道で知ることができました。


IMG_0155.jpg


砂川の手前にあった浄水場。
静謐な雰囲気が何かアトリエシリーズの
マップの端っこの方にあるダンジョンのようで(伝われ)
心地の良い場所でした。

こっからは日が落ちてきて、国道12号線の長時間の高速ドライブで
初夏ながらすっかり身体は冷え切り、札幌に着く頃にはまた身体はガチガチに…
こんなにも身体が「アレ」を求めた瞬間はかつて無かった。


IMG_0156.jpg 限定の旨辛スタミナらーめん


人生イチ美味い山岡家だったかも知れない。
最後の力を振り絞って月寒から北区まで走って帰宅。


三日間かけてじっくりカブと向き合い、
こいつの色んな特徴が見えて、ぐっと仲良くなれた気がします。
まだ走行距離的には馴らし期間中。
これからまた少しずつ変わっていくんだろうな。
そんな変化を、これからも色んな場所で感じていきたいです。
まだまだ行きたいとこいっぱいあるんだからな!
よろしく頼むぜ相棒。


関連記事
2018.06.30

スーパーカブ

IMG_9913.jpg


HONDA Super Cub 110 (JA44)

日本が世界に誇る働き者。
先代モデルが中国生産だったのを昨年国内は熊本工場に生産拠点を戻し
丸目も復活させて満を持してリリースされた最新モデル。
グリントウェーブブルーメタリックは110ccモデル限定のカラーです。

取り急ぎご紹介まで!
こいつと共に色んなとこに行こうと思います。
関連記事
2018.03.31

一徹

誰かに薦める食い物屋と、自分が好きで通う食い物屋というのは
必ずしも一致するわけではないと思います。
誰かに紹介するなら間違いなく美味いと言わせたいし、
そう考えると穴が少なくどの要素も平均的に満足できるお店を選ぶことが多いと思います。
対して自分だけで食うお店なら、正直イマイチな要素があったとしても
この一点が好き!ってだけで通い続ける要因になったりします。
そんな、俺にとっての自分用のお店の代表格が狸小路7丁目のラーメン屋「一徹」。

ここは昔あった「富公」というラーメン屋が廃業した後に
その味に惚れ込んでいた現在の一徹の店主が、その味を受け継いで
店舗も引き継いで営業しているお店だそうです。
(もう一つその味を受け継いだお店があり、そこは「紫雲亭」といって
現在はテレビ塔の地下で営業しているようですが行ったことはありません。
行かなきゃなーとは思っているのですが…)

その成り立ち故に、店構えはとにかく古いし、店内も薄暗くて
一見さんは連れて行きにくい。
それが「自分用」である一つ目の理由。





こちらが一徹のラーメンですが、
所謂近年の、丼の隅から隅までこだわり抜いた意識高い系ラーメンとは
土俵の違うラーメンであると個人的には感じています。
具体的には、具にはそんなに熱意が感じられないのです。
チャーシューは硬くてパサパサしており、メンマもやや味気なく
この辺は言っちゃ悪いけど形式的なものとして乗せている感じがします。
こういうとこが「自分用」であるもう一つの理由。

しかしそういう微妙さを補って余りあるのが、ここのスープの魅力。
店主は昔ホテルのシェフであったようで、
洋食のスープの手法を活かして取っているらしい豚骨のスープは
コクがしっかり出ているのに臭みはありません。
さらに、札幌ラーメンの伝統的な手法である、中華鍋でスープを完成させる方式。
ラードで玉ねぎ、もやし、ニンニクを炒めてそこにスープを注ぎ
炒め野菜の香ばしさがスープに加わるわけですが、
その際天井近くまで上がる大きな炎がこの店の代名詞。
画像のラーメンは塩ラーメンなのですが、
褐色がかっているのは強い火力で炒めたラードのせいです。

そうして出来上がった一徹のスープは、
他ではなかなか味わうことのできないパワー感に溢れています。
化学調味料も結構入ってますが、それもパワー感の一助と考えればまあアリ(笑)
その強さに殴られる感覚を味わいたくて、俺はつい一徹に足を運んでしまうわけです。
また、一般的な札幌ラーメンは加水率高めのプリプリした黄色い麺ですが
ここの麺は旭川ラーメンにやや近いような加水率若干低めの麺で
それがまたスープとの相性が良いのです。

そう考えると、具が無個性なのも敢えてのような気がしてきます。
無いと寂しいけどあくまで脇役に徹してもらう。
うちはスープと麺という土台の強さで勝負する。
そういう意志の表れなのかも知れません。

頑固一徹の職人が作る、やや歪ながらも力強いラーメン。
誰にでもお薦めできるわけではないけれど、
気が向いたらいっぺん殴られてきてみて欲しい一杯です。

あと、ここってラーメン食うだけじゃ魅力は半分しか分からないんですよ。
昼はラーメンのみですが、夜は、かの「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された
ラーメンも食える居酒屋になるのです。
洋食シェフ経験から生み出される羊の洋風スジ煮込みやチャーシューオムレツなど
ここでしか食えないメニューが色々あります。
(例によって下戸なのでほとんど手を出していないのですが)
閉店時間の割にラストオーダーが早くて若干使いづらいのが難点ですが、
そちらも興味あれば是非に。


関連記事
Posted at 22:01 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.02

レコード生活初級編 その2

相も変わらずレコードばかり聴いています。
最近感じることは、音楽の好みが変わってきた…というよりは
レコードで流して気持ちのいい音楽を選ぶようになったこと。
それは音楽性然り、音質然り。
部屋で静かに過ごす際に適したリズムやテンポ、
そして心地の良い音域とパワー感で鳴らされる音を持つレコード。
そういうものを探していくと、自然と多く集まるのが
70年代~80年代初頭あたりの日本の音楽なのでした。


 


部屋で流す音楽は生活と共にあるもの、
言うなればそれは人生のサウンドトラック…ってな感じで、
以前と一番変わったのがサウンドトラックを買う機会が増えたこと。
中でも好きなのが井上堯之バンド関連作品。
井上堯之というよりは大野克夫の雰囲気が好きなのかも知れませんが…。
特に好きなのがこの「傷だらけの天使」のメインテーマ。
名前だけ言われてもピンとこないかも知れませんが、
聴いてみれば分かるはず。CMにも使われてましたし。
当時話題となった印象的な朝食シーンのバックで流れる曲で
そのせいもあってか朝に聴いて気分をアゲることが多いです。
このドラマ、観てみたいんですけどレンタルされてないんですよね…。
内容が過激だったり、ショーケンが色々やらかしたりしてるからかな。


 


井上堯之繋がりでジュリーも色々聴いてます。
EPが100円くらいで買えるので気軽なのがいいんです。
何だかんだカッコいいんですよね、今聴いても。
井上堯之バンドもいいですが、ケニーウッドオーケストラの演奏もまた良し。
「ヤマトより愛をこめて」ってシングルのカップリングの
「酔いどれ関係」って曲のベースがクソヤバいんですが、
誰が弾いてるんだろ…?
さらにそこにショーケンも加わったPYGは今一番LPが欲しいバンド。





そしてこの時代のドラマといえばやはり
松田優作の「探偵物語」は外せませんよね。
てなわけでSHOGUN。
百戦錬磨のプロ集団、流石のグルーブです。
LPの方は「俺たちは天使だ!」ってドラマのサントラなのですが
普通に歌入りの曲が多いのであんまりサントラって感じがしないです。





「そーいや結構有名なような」って位のノリで
ちょびっとだけ試聴して買った日本のEW&Fことスペクトラム。
2nd「OPTICAL SUNRISE」、帯付きで千円もしなかったんですが
これマジで大当たりでした。
EW&Fはそこまで聴いたわけでもないんですが、
本家よりハイエナジーな印象でとにかく熱い!暑い!
渡辺直樹のベースがヤバい!!
そして何しろこのレコードめっちゃ音がいい。
うちのクソ安プレイヤーでもはっきり分かる。マジ最高。
前述のSHOGUNメンバーとスペクトラムメンバーの両方が在籍する
AB'SのLPも手に入れていきたいですねー。
シングル「夜明け」はプロモ盤です。


 


ここまでの流れでお察しの方もいらっしゃるかとも思いますが
所謂「和モノ」はディスクガイドなんかも買って色々チェックしてます。
近年流行りなのでなかなかレアなのは見つからないんですが…
青池保子先生の絵が濃すぎる「エロイカより愛をこめて」を
リサイクルショップでDigった時はアガりましたねー。


 


ゆーても海外の作品も買ってます。
優秀録音盤として名高いSTEELY DANの「Gaucho」(国内盤だけど)
ボブ・ジェームスは何か基本らしいので買ってみましたが
ノリが和モノに近い感じで聴きやすくて良いですね。


 
 


近年のもあります。
陰陽座「迦陵頻伽」はバンド初のLPリリースということで
以前から何か音源持っとかんとと思っていたこともあり購入。
(ていうかベスト盤は昔買ったんだけど現在手元に無し)
素晴らしい作品です。当然ながら音質も最高。
Owenの「L'Ami du Peuple」は念願の一枚だったんですが
聴いてみるとあんま音良くなくてガッカリでしたね…。
アメフトの2ndがものすごく音良かっただけに余計。





山下達郎は「MOONGLOW」を入手しました。
次作「RIDE ON TIME」での本格的なブレイク前夜の名盤。
「Funky Flushin'」が聴きたくて買ったのですが
聴いてみたら「Hot Shot」のカッコよさに悶絶。
しかし山下達郎、「CIRCUS TOWN」あたりはちょくちょく見るのですが
DJクラシックになってしまった「SPACY」はマジで見ませんね…


てな感じで、そう高いのは無いですがどんどん増えております(笑)
最近7インチの面白さが分かってきて、着実に沼にハマりつつあります…
春になったら原チャリ買って、色々近隣のショップ巡りなどしたいなーなどと
野望を抱いている今日この頃なのでした。
 
関連記事
Posted at 02:04 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |