--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.03.31

一徹

誰かに薦める食い物屋と、自分が好きで通う食い物屋というのは
必ずしも一致するわけではないと思います。
誰かに紹介するなら間違いなく美味いと言わせたいし、
そう考えると穴が少なくどの要素も平均的に満足できるお店を選ぶことが多いと思います。
対して自分だけで食うお店なら、正直イマイチな要素があったとしても
この一点が好き!ってだけで通い続ける要因になったりします。
そんな、俺にとっての自分用のお店の代表格が狸小路7丁目のラーメン屋「一徹」。

ここは昔あった「富公」というラーメン屋が廃業した後に
その味に惚れ込んでいた現在の一徹の店主が、その味を受け継いで
店舗も引き継いで営業しているお店だそうです。
(もう一つその味を受け継いだお店があり、そこは「紫雲亭」といって
現在はテレビ塔の地下で営業しているようですが行ったことはありません。
行かなきゃなーとは思っているのですが…)

その成り立ち故に、店構えはとにかく古いし、店内も薄暗くて
一見さんは連れて行きにくい。
それが「自分用」である一つ目の理由。





こちらが一徹のラーメンですが、
所謂近年の、丼の隅から隅までこだわり抜いた意識高い系ラーメンとは
土俵の違うラーメンであると個人的には感じています。
具体的には、具にはそんなに熱意が感じられないのです。
チャーシューは硬くてパサパサしており、メンマもやや味気なく
この辺は言っちゃ悪いけど形式的なものとして乗せている感じがします。
こういうとこが「自分用」であるもう一つの理由。

しかしそういう微妙さを補って余りあるのが、ここのスープの魅力。
店主は昔ホテルのシェフであったようで、
洋食のスープの手法を活かして取っているらしい豚骨のスープは
コクがしっかり出ているのに臭みはありません。
さらに、札幌ラーメンの伝統的な手法である、中華鍋でスープを完成させる方式。
ラードで玉ねぎ、もやし、ニンニクを炒めてそこにスープを注ぎ
炒め野菜の香ばしさがスープに加わるわけですが、
その際天井近くまで上がる大きな炎がこの店の代名詞。
画像のラーメンは塩ラーメンなのですが、
褐色がかっているのは強い火力で炒めたラードのせいです。

そうして出来上がった一徹のスープは、
他ではなかなか味わうことのできないパワー感に溢れています。
化学調味料も結構入ってますが、それもパワー感の一助と考えればまあアリ(笑)
その強さに殴られる感覚を味わいたくて、俺はつい一徹に足を運んでしまうわけです。
また、一般的な札幌ラーメンは加水率高めのプリプリした黄色い麺ですが
ここの麺は旭川ラーメンにやや近いような加水率若干低めの麺で
それがまたスープとの相性が良いのです。

そう考えると、具が無個性なのも敢えてのような気がしてきます。
無いと寂しいけどあくまで脇役に徹してもらう。
うちはスープと麺という土台の強さで勝負する。
そういう意志の表れなのかも知れません。

頑固一徹の職人が作る、やや歪ながらも力強いラーメン。
誰にでもお薦めできるわけではないけれど、
気が向いたらいっぺん殴られてきてみて欲しい一杯です。

あと、ここってラーメン食うだけじゃ魅力は半分しか分からないんですよ。
昼はラーメンのみですが、夜は、かの「吉田類の酒場放浪記」でも紹介された
ラーメンも食える居酒屋になるのです。
洋食シェフ経験から生み出される羊の洋風スジ煮込みやチャーシューオムレツなど
ここでしか食えないメニューが色々あります。
(例によって下戸なのでほとんど手を出していないのですが)
閉店時間の割にラストオーダーが早くて若干使いづらいのが難点ですが、
そちらも興味あれば是非に。


関連記事
スポンサーサイト
Posted at 22:01 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.02

レコード生活初級編 その2

相も変わらずレコードばかり聴いています。
最近感じることは、音楽の好みが変わってきた…というよりは
レコードで流して気持ちのいい音楽を選ぶようになったこと。
それは音楽性然り、音質然り。
部屋で静かに過ごす際に適したリズムやテンポ、
そして心地の良い音域とパワー感で鳴らされる音を持つレコード。
そういうものを探していくと、自然と多く集まるのが
70年代~80年代初頭あたりの日本の音楽なのでした。


 


部屋で流す音楽は生活と共にあるもの、
言うなればそれは人生のサウンドトラック…ってな感じで、
以前と一番変わったのがサウンドトラックを買う機会が増えたこと。
中でも好きなのが井上堯之バンド関連作品。
井上堯之というよりは大野克夫の雰囲気が好きなのかも知れませんが…。
特に好きなのがこの「傷だらけの天使」のメインテーマ。
名前だけ言われてもピンとこないかも知れませんが、
聴いてみれば分かるはず。CMにも使われてましたし。
当時話題となった印象的な朝食シーンのバックで流れる曲で
そのせいもあってか朝に聴いて気分をアゲることが多いです。
このドラマ、観てみたいんですけどレンタルされてないんですよね…。
内容が過激だったり、ショーケンが色々やらかしたりしてるからかな。


 


井上堯之繋がりでジュリーも色々聴いてます。
EPが100円くらいで買えるので気軽なのがいいんです。
何だかんだカッコいいんですよね、今聴いても。
井上堯之バンドもいいですが、ケニーウッドオーケストラの演奏もまた良し。
「ヤマトより愛をこめて」ってシングルのカップリングの
「酔いどれ関係」って曲のベースがクソヤバいんですが、
誰が弾いてるんだろ…?
さらにそこにショーケンも加わったPYGは今一番LPが欲しいバンド。





そしてこの時代のドラマといえばやはり
松田優作の「探偵物語」は外せませんよね。
てなわけでSHOGUN。
百戦錬磨のプロ集団、流石のグルーブです。
LPの方は「俺たちは天使だ!」ってドラマのサントラなのですが
普通に歌入りの曲が多いのであんまりサントラって感じがしないです。





「そーいや結構有名なような」って位のノリで
ちょびっとだけ試聴して買った日本のEW&Fことスペクトラム。
2nd「OPTICAL SUNRISE」、帯付きで千円もしなかったんですが
これマジで大当たりでした。
EW&Fはそこまで聴いたわけでもないんですが、
本家よりハイエナジーな印象でとにかく熱い!暑い!
渡辺直樹のベースがヤバい!!
そして何しろこのレコードめっちゃ音がいい。
うちのクソ安プレイヤーでもはっきり分かる。マジ最高。
前述のSHOGUNメンバーとスペクトラムメンバーの両方が在籍する
AB'SのLPも手に入れていきたいですねー。
シングル「夜明け」はプロモ盤です。


 


ここまでの流れでお察しの方もいらっしゃるかとも思いますが
所謂「和モノ」はディスクガイドなんかも買って色々チェックしてます。
近年流行りなのでなかなかレアなのは見つからないんですが…
青池保子先生の絵が濃すぎる「エロイカより愛をこめて」を
リサイクルショップでDigった時はアガりましたねー。


 


ゆーても海外の作品も買ってます。
優秀録音盤として名高いSTEELY DANの「Gaucho」(国内盤だけど)
ボブ・ジェームスは何か基本らしいので買ってみましたが
ノリが和モノに近い感じで聴きやすくて良いですね。


 
 


近年のもあります。
陰陽座「迦陵頻伽」はバンド初のLPリリースということで
以前から何か音源持っとかんとと思っていたこともあり購入。
(ていうかベスト盤は昔買ったんだけど現在手元に無し)
素晴らしい作品です。当然ながら音質も最高。
Owenの「L'Ami du Peuple」は念願の一枚だったんですが
聴いてみるとあんま音良くなくてガッカリでしたね…。
アメフトの2ndがものすごく音良かっただけに余計。





山下達郎は「MOONGLOW」を入手しました。
次作「RIDE ON TIME」での本格的なブレイク前夜の名盤。
「Funky Flushin'」が聴きたくて買ったのですが
聴いてみたら「Hot Shot」のカッコよさに悶絶。
しかし山下達郎、「CIRCUS TOWN」あたりはちょくちょく見るのですが
DJクラシックになってしまった「SPACY」はマジで見ませんね…


てな感じで、そう高いのは無いですがどんどん増えております(笑)
最近7インチの面白さが分かってきて、着実に沼にハマりつつあります…
春になったら原チャリ買って、色々近隣のショップ巡りなどしたいなーなどと
野望を抱いている今日この頃なのでした。
 
関連記事
Posted at 02:04 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.02

もつ味噌

新年初投稿にして、もう2月になってしまいました(苦笑)
今年もナオキノコラムを宜しくお願い申し上げます。
つーわけで、皆様。

もつ味噌食いましたかー!!!???





山岡家の期間限定メニュー最強との呼び声も高い
至高の逸品、2年ぶり待望の復活。
俺は開始初日に食いに行きました(笑)
TwitterなどSNSでの盛り上がりもかなりのもので、
山岡家ファンがいかにこれを待ち焦がれていたかが伺えます。

俺は基本的に味噌ラーメンって食わないのです。
味噌という調味料が強すぎて、大概の場合
スープの風味が殺されている印象があるからです。
逆に、山岡家くらい強いスープを用いて初めて
味噌ラーメンというものは成立すると言ってもいいと思います。
とは言えそれでも俺は大抵塩か、
気が向いたら醤油を食っているのですが
このもつ味噌に関しては味噌でないといけない。
もつと味噌の相性は言わずもがなですし
(もつ特有の臭みを抑える意味もあり)
しっかりと下処理のされた厚みのある豚もつのパンチに
負けないスープとなると、山岡家が誇る濃厚豚骨に
味噌のパワーをプラスしたマッシブスープでなければ
バランスが取れないわけです。
つまるところ、現状このもつ味噌は
頑固な塩原理主義者の俺が食う唯一の味噌ラーメン。
そりゃもう美味いに決まってるんすよ。

何でももつの恒常的な確保が難しいらしく、
レギュラーメニュー入りは有り得ないのだとか…
期間はひと月ちょっととのことですが、
店によっては早期終了もあり得ます。
食い逃して後悔する前に行っとけ!
俺はあと最低2回は食いたいすねー…(笑)



関連記事
Posted at 22:51 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
2017.12.26

復興

年の瀬ですね。
今年あったことを振り返ると、
相も変わらず大した目覚ましいことは起きない日常でしたが
このブログに関することで一つ、
ごく個人的に印象深いことがあったのでした。
それは少し時間を遡って、
あの東日本大震災の時に起きたことがきっかけでした。

ある大学時代のサークルの先輩の話です。
先輩は当時東京で働いていたのですが、
震災直後の時期、先輩はとにかく怒り狂っていました。
原発事故が起き、
東京にもどれくらいの放射能が降り注いでいるか分からない中
先輩は、自治体や政府の対応があまりにも
杜撰すぎたことが許せなかったようでした。
当時既に子を持つ親になっていた先輩の、
その怒りは当然のものであったと思います。

先輩は当時、その思いをmixiで綴っていたのですが
当時先輩の書いたある言葉が胸に突き刺さったことを
鮮明に覚えています。

「日本がこんな大変なことになっているのに、
昨日何買っただの何を観に行っただの
どうでもいいことを書いてる奴は考えを改めた方がいい(要約)」

先輩がここで指していたものが
俺のブログであったかどうかは定かではありません。
しかし、俺もそれなりに震災に心を痛めていたとはいえ
北海道の内陸でほぼ何の実害もなかった地に過ごし、
特に守るものもなく、
また、元々時事に疎い上に
辛いことから目を逸らしがちな性分の俺が
当時ブログに綴っていたのは、多分
「どうでもいいこと」であったと思います。

俺は当時このブログをmixiと連携させて
身内に更新情報が伝わるようにしていましたが、
その後連携を切りました。

元々どうでもいいことを書くための
ブログとして始めたものであるし、
そのスタンスを変えるつもりはない。
(生き方は変えるべきだよなぁと常々思ってはおりますが)
しかし、そんなものが誰かの目に入ることで
嫌な思いをさせる可能性があるなら
それは本意ではないですし、少し距離を置いた方が良い。
そうして俺はmixiからだんだん離れていきました。
先輩とも何か距離を感じているうちに、先輩は
東京の仕事を辞めて沖縄に引っ越してしまい、
その後会うことはついぞ無くなってしまったのでした。

そして時は流れ今年。
大学の後輩バンドの再結成イベントに呼ばれ、
昔の仲間と集まって練習をしていた日のこと。
ライブで一緒に演奏する友人から、
「先輩が帰省するらしいので
ちょっと囲もうと思ってるから、お前も来ないか」
と持ちかけられたのでした。

俺が感じていたわだかまりを
その友人に話したことはなかったので
その時俺は自分の思いを伝えて、
「だから、会いづらい」という話をしました。
その場ではその友人は「そうか」と、
納得してくれたようにも見えました。

しかし、後日。
仕事終わりに、その友人から電話が掛かってきました。

「今、先輩と飲んでるから。
会いづらいとか、そんなことどうでもいいからとにかく来い」

と言われました。

どうしていいのか、よく分かりませんでした。
でも、このままじゃいけないというのは
自分が一番よく分かっていました。
意を決して「分かった」と返事をし、店に向かうと
果たしてそこには随分とご無沙汰をしてしまった先輩がおり。
「久しぶり」と握手を求められ、
手を握り返しはしたものの、
その店では結局先輩とは何一つ話をすることが出来ませんでした。

迷いを抱えたまま、みんなは「二軒目に行こう」という話になり、その移動中。
先輩が後ろからガバッと抱きついてきて。
丁重にお詫びの言葉を述べて下さったのでした。

「本当に申し訳なかった」
「謝ってもらうようなことじゃないですから」
そんなやり取りをしながら、
俺はずっと泣きそうでした。

誰が悪いわけでもない、
ただ何となく離れてしまっただけ。
でも、それ故に修復し難い関係。
俺は弱くて、自分から踏み出すことはできなかったと思います。
そこを踏み越えて、一気に飛び込んできてくれた先輩。
何て強くてでっけー人なんだろうなぁと。
そして、自分と同じような思いを先輩も抱えていて、
こんなしょうもない人間とまたやり直したいと
思っていてくれたことが本当に嬉しくて。

「和解」って言葉は相応しくないのかな、と思います。
あえて言うなら「復興」じゃないですかね?
東北から少し離れた、自分なりの。
それが成されただけでも、いい年だったんじゃないかなと。
そういう思いを、今改めて噛み締めております。

横関さん、とんぺー。
本当にありがとうございました。
良いお年を。
来年もよろしくお願いします。
関連記事
2017.12.11

酔九屋

俺は北24条駅から北西方向に行った所に住んでいるのですが
基本的にはそこから地下鉄の駅方向に向かうことしかないため
引っ越してから結構な期間、自宅の西側というのは未開拓だったのですね。
ある日の休み、そちら側にどんなものがあるのかとふと気になり
フラフラ散歩していた時に、気になるお店を見つけたのでした。


18673119_1916114095273259_2576021849935004095_o.jpg facebookより拝借


まず、昭和感ある角の丸い長方形の大きな窓の
特徴的な物件に惹かれたってのが一つ。
そして、この日は定休日だったのですが
ここ、休みの日はこのようにメニューの書かれた黒板を
窓のところに出しているのですね。
内容を見ると、一筋縄ではいかないようなメニューが散見され
なかなかコダワリ派の店主が営んでいるというのが感じ取れました。

俺は何度も申し上げている通りの下戸で、
それ故に酒を飲めること、酒と料理を楽しめることに
強い憧れを抱いています。
「通いの酒場を持つ」というのもまたその一つ。
自宅から徒歩5分程度のこの店が
自分の好みに合った素敵なお店であり
大人の男として相応しい「通いの酒場」になるならば…
と考え、意を決して暖簾をくぐり(暖簾ないけど)、
果たしてそこは、俺の想像を超える最高のお店であったのでした。

それが、北29条西11丁目にある「酔九屋(つくもや)」さん。


20246442_1950149865203015_7760057462172918706_n.jpg facebookより拝借


店主のヤスさんはまだ30そこそこの若さ。
朝から市場で仕入れをし、仕込みをし、17時半から25時までお店を開けて
それ以外の時間も走り、ピアノを習い、山菜を採り、狩猟免許を取って狩りをし…
と、生きるエネルギーと時間を一切無駄にしない人。
俺もちょっとは見習わないとな…

レギュラーメニューはこんな感じ。


16640703_1868210970063572_3014816013514777473_n.jpg 16684065_1868210966730239_5120520261830097158_n.jpg facebookより拝借


これに、先程の写真の黒板のように
その日その日の仕入れで変わるメニューが加わります。
よく聞くフレーズで「何食ってもうまい」ってのがありますけど
ここのお店はまさにそれ。百発百中。
まあ何を置いても食っておかねばならないのは看板メニューの刺盛り。


IMG_8533.jpg


ヤスさんの心意気で500円で供されるこの刺盛り。
刺身に対する褒め言葉といえば
思考停止で「新鮮」と言っときゃいいような感じありますけど、
ここの刺身を食うと、新鮮さなんてのは
うまい刺身における前提の一つでしかないのだと分かります。
シメ方、シメてからお店に出すまでの熟成、昆布締めなどの仕事…
そういう手間を経て、刺身はただ切っただけの魚から、料理になる。
そんなことが実感できる刺身。

他のメニューの素晴らしさも言わずもがな。


IMG_8538.jpg IMG_8537.jpg IMG_8536.jpg

IMG_8535.jpg IMG_8534.jpg IMG_8546.jpg

IMG_8544.jpg IMG_8543.jpg IMG_8542.jpg

IMG_8541.jpg IMG_8540.jpg IMG_8547.jpg

IMG_8545.jpg IMG_8548.jpg


体裁としては和食屋っぽいこの店ですが、
メニューにはいい意味でこだわりがない。
その日仕入れた材料、今ある材料で
最も適した組み合わせと調理法を考えた結果の数々。
こだわっているのは、旨さと安さ。
揚げ油は全部ヤスさんが自分で豚の脂から取る自家製ラードだし、
九州出身の誇りの詰まった豚骨スープも三日かけて取ってるし、
シャンディガフのジンジャーシロップも梅サワーの梅も自分とこで処理したもの。
そんだけ手間がかかってるのに、驚くほど安い。
どんだけ頑張ってこれをこの値段で提供してるのかと思います。

そして、酔九屋の料理がうまい一番の理由は
ヤスさん自身が自分の料理が大好きすぎるとこだと思います。
ヤスさんの仕事ぶりを見ていると
「うまいっす」と言えば「うまいっすよね~」と心からの返事が返ってくるし
出来上がった料理を見て「うまそ~」って独り言言ってるし
作ってる途中でめっちゃちょいちょい食ってます(笑)
自分が間違いなく好きでうまいと思うものを作るから
出来上がったものに迷いがない。
それって一番大事なことだよな~。


22528709_1985529901665011_4179471633473902075_o.jpg facebookより拝借


俺は弱いのでなかなか手は出せませんが
当然ながら酒のセレクトも間違いないやつだと思われます。
銘柄の知名度に左右されない、ヤスさん自身の舌で選んだ酒ばかり。
俺が飲むのはレギュラーメニューからのビールやサワーなんですが、
これもめっちゃうまいんすよ。
最初に伺ってまず口にしたのがビールでしたが、
その時点で「ここは違う」と思いましたもんね。
温度管理や注ぎ方の丁寧さなのだろうな~。
あとオススメは生キウイサワー。なまらうまい。すぐ品切れになるけど。


正直、広めたくないな~って思いはあるんです。
今でさえ予約でいっぱいって日も結構あるし
完全ワンオペなので提供は正直遅いです(苦笑)
とはいえ、周辺のどの駅からも遠い奇跡的立地なので
流行るったって限度はあるだろうし、
何よりこんなにいい店、せめて俺のブログ見てる人にだけでも行ってもらいたい!
ということで、紹介に踏み切ったわけです。
食べログの点数は3.06。レビュー数は3つ。(2017年12月現在)
そんなWeb上のデータだけでは分からない魅力がここにはある。
札幌来たなら、すすきのでも二条市場でもなく北29条にタクシー飛ばして来い!
と言いたい。絶対損はしないから。

観光客向けではない場所に、こんなにいい店があるんだな~と思うと同時に
きっとこういう店は色んな所にあるんだろうなと思っています。
貴方の住んでる住宅街にひっそり佇む、
ガイドブックにも載ってない小さなお店が
実はとんでもない名店である、という確率。
決して低くはないと思いますよ。


関連記事
Posted at 00:48 | 食べ物 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。