2017.01.27

一人旅 番外編 + LIVE告知

あけましておめでとうございます。
今年もナオキノコラムを宜しくお願い致します。
冬が明けたらもう少し更新頻度も上がるかと思います…(笑)

というわけで今回は前回の予告通りキノコ写真コレクション。
何故?ともお思いでしょうが
一人旅の途中もやっぱり自然豊かな中を走ったり歩いたりしていると
ついつい探して撮っちゃうんですよ。
その後帰省した美唄で撮ったキノコも合わせてご覧下さい。


IMG_0079.jpg


いきなりの大物なんですけど、今回の旅一番の驚きでした。
野生のマイタケ…だと思います。
財田のキャンプ場かどっかで見つけたのですが
野生のマイタケなんて超弩級のレア物なのに
こんな大っぴらに人目に触れるとこに生えてていいもんなの?と。
たとえばキャンプで焼こうと思ってたマイタケの胞子が落ちて…とか
そんなに簡単に野生で生えりゃ苦労しねえよと思うのですが
どうなのでしょうね。


IMG_0092.jpg


宿への道すがら、湖畔の森で見つけたハラタケ科(だと思う)の何か。
ツバの剥がれ残りがマント翻してるみたいで可愛らしいと思いません?


IMG_0095.jpg


同じ森で見つけたクロハツかその仲間?
ベニタケ科であることは間違いないかと。


IMG_0089.jpg


これも同じ森。
クサハツか何かかな?


IMG_0163.jpg IMG_0170.jpg IMG_0176.jpg


今回はこの写真が撮れて非常に満足でした。
宿の目の前の湖畔で早朝散歩中に見つけたヤマドリタケ。
光の具合がとても良い。
本気でキノコ撮るなら早朝ということがよく分かりました。
存在感あるフォルムもやっぱりいいですね~。


IMG_0202.jpg


街中にだってキノコはある!
そして撮る!(苦笑)
ということで東室蘭の土手に生えていたキノコ。
傘の裏が針なのでカノシタか何かでしょうかね。


IMG_0245.jpg


帰り道にちょこっと寄ったホロホロ山荘前で見つけたノボリリュウタケ。
変な形ですよね~。
エイリアンか、ホルモンか?みたいな。
こういうのがあるからキノコウォッチングは止められない。


IMG_0206.jpg


河岸を移しましてここからは美唄、
アルテピアッツァ美唄で見つけたもの。
これはササクレヒトヨタケ。
近年はコプリーヌという名前で栽培もされている食用キノコ。
ヒトヨタケはその名の通り一夜で黒く溶けて無くなってしまうという
その寿命の短さから付けられた名前なのですが
そんなもんよく栽培して売ろうと思いましたよね。
同じく食用であるヒトヨタケは酒と一緒に食うと悪酔いするのですが
ササクレヒトヨタケにはその成分がないので売り物になるのだそう。


IMG_0213.jpg


キツネタケかオオキツネタケかどっちか。
ちょっとだけ生えてても気にも留めないやつですが
これだけ生えてると壮観ですよね。


IMG_0214a.jpg


これはよくわかんないです…
こんなのも普段生えてるだけなら大して気にしないのですが
写真に撮ってみると妙に画になるから不思議なもんです。
周りの落ち葉との色味の統一感が良いと思います。


IMG_0215.jpg


アカモミタケか何かかな。
俺じゃなきゃ見逃しちゃうねってとこに生えてました。
草の間からこっそり覗いてる感じが出せたかなと。


IMG_0221.jpg


これも壮観でしたねー、ナラタケ(ボリボリ)の群れ。
奥の方に見える茶色いのも全部そうです。
併設の喫茶店の裏で人が結構多く通るとこに生えてたので
踏まれちゃうんだろうなと思うと残念でした。


というわけで、去年の休みの間に撮ったキノコ特集でした。
またシーズンになったら色々撮りたいですね。


そんで、超久しぶりのライブ告知。
後輩のバンド「みんななかよく」の一日復活ライブに出させて頂きます。

みんななかよくやってるかいvol.3
1/29(日)@161倉庫
北16条東1丁目 西沢水産ビルB1
open18:30 start19:00 1000円
出演:みんななかよく/宵の嗅覚/salt peanuts

宵の嗅覚という即席バンドで出ます。
Vo&Gu:富島純平
Ba:おれ
Dr:阿部佳久
の面子でバンド名から何となく演る曲を察して下さい。
SugiもALBITも持ってくよ!聴きに来てね!


スポンサーサイト
Posted at 00:18 | キノコ | COM(2) | TB(0) |
2015.09.22

キノコとたわむる


IMG_3253.jpg


秋ですね!
キノコの季節ですね!

つーことで、シルバーウィークの秋晴れのこの日に
幼い頃からキノコ探しに何度も足を運んでいる
野幌森林公園に遊びに行って参りました。


IMG_3259.jpg IMG_3262.jpg IMG_3263.jpg
IMG_3267.jpg IMG_3271.jpg IMG_3279.jpg
IMG_3290.jpg やっぱベニテングタケの存在感は別格ですね~


中でも見つけて嬉しかったのがこれ。


IMG_3274.jpg IMG_3276.jpg


ホシアンズタケ。
個人的には初見で、なかなかレアなキノコです。
これは湿ってるので分かりづらいですが表皮にシワがあって
干しあんずみたく見えるのと、
裏返すと柄の根元に赤い水滴が付いているのが特徴です。


IMG_3249.jpg IMG_3250.jpg
IMG_3252.jpg IMG_3285.jpg


しかしまあ世は今まさにテングタケ祭り。
主にシラカバの生えたちょっと開けたとこにはもうテング、テング、テング。
そいつらを子どもたちが蹴る、蹴る、蹴る(笑)
これらは綺麗なのを選んで撮ってますけど、
現場は死屍累々です(笑)


IMG_3284.jpg


こことかもうとんでもないことに。
これ全部毒キノコなんだぜ…
目が回りますね。


IMG_3283.jpg


こんな光景も見ることができました。
キノコが輪を描いて生えているのがお分かりでしょうか。
これは菌輪と言って、外国ではフェアリーリングと呼ばれたりもします。
菌糸が地中に輪を描いて広がることで生まれるんですね。

そしてやっぱり、キノコは
見て楽しむだけじゃ物足りないですよね。


IMG_3286.jpg IMG_3287.jpg IMG_3288.jpg


タマゴタケに、


IMG_3254.jpg


ヤマドリタケ。


IMG_3291.jpg


さて。


え…ちょ待って…
その真っ赤なヤバそうなやつも食べるの…?


食べますよ?

何言ってんですか?(威圧



タマゴタケはヨーロッパじゃキノコの女王と呼ばれて
日本でもダシキノコとの呼び名もある
とっても美味しいキノコなんですよ。
ヤマドリタケは言わずもがな、ポルチーニと言えば分かる人も多いでしょう。
お味は保証付きってわけですね。
それではレッツクッキン。


IMG_3293.jpg


ニンニク、玉ネギを薄切りにして


IMG_3294.jpg


キノコも切って


IMG_3295.jpg


(予め用意してあった)鶏むね肉を炒めて


IMG_3296.jpg


野菜とキノコを入れて炒めて、塩コショウして


IMG_3297.jpg


牛乳を入れて、沸いたらコンソメを入れて5分ほど煮て
さらに塩コショウで味を整え


IMG_3298.jpg


パスタを絡めて


IMG_3299.jpg


出来上がり。
(実際はこれの倍以上の量があります。作りすぎました…)
レシピはこちらを参考にさせて頂きました。↓
http://cookpad.com/recipe/2490638
美味しく頂きました。

タマゴタケは見分け方を覚えれば絶対に間違えないし
身近にあって収穫量も多くてしかも美味しいので
キノコ狩りのターゲットとしては非常にオススメのキノコですよ。
俺の一番好きなキノコなので
このブログの自己紹介欄のサムネにもしちゃってます。

タマゴタケを料理しながらふと思いついたんですが
ギブソンのレスポールのカラーのチェリーサンバーストってありますよね。
あのサンバーストの流れを逆にして
中心が赤、周辺が黄色みたいにした
タマゴタケサンバーストなんてあったら最高に俺好みなんですけどね。
技術的に難しいかな。


item_UEG215GCS0725_1.jpg


Posted at 23:29 | キノコ | COM(0) | TB(0) |
2015.08.06

ヤマドリタケモドキ

先日、実家に取りに行くものがありまして一時帰宅していたのですが
ふと散歩に出て、少し山の方のパークゴルフ場の脇に行った時
久しぶりにテンションの上がる光景を目にしました。


IMG_2900.jpg


ヤマドリタケモドキの大群!
キノコ好きの方なら、これを目にした時の興奮度合い、
ご理解いただけるでしょう。





以前「一日一キノコ」をやっていたときに
ヤマドリタケというキノコはご紹介しました。






これはヨーロッパで見られるいわゆる「ポルチーニ」なのですが
今回のヤマドリタケモドキは日本で見られる、
微妙に違うのだけど極めて近い近縁種なのです。
当然ながら優秀な食菌。
いかんせん、このすぐそばがパークゴルフ場併設の簡易トイレだったので
写真を撮るだけに留めておきましたが…(笑)


IMG_2901.jpg


御覧下さい。
威風堂々たるこの佇まい。
CAPRi風)
この充実した量感、キノコとしての存在感が素晴らしいですよね。
こういうのを見つけると本当に嬉しくなります。


IMG_2904.jpg


そして、ヤマドリタケ系は一般にとても大きくなることでも有名。
俺の足(27cmくらい)と比較して見てください。
40cmくらいにもなるそうですよ。
流石にこんだけ大きくなっちゃうと不味そうですが。


俺のいた田舎は
確かに不便ではあるものの、
もう好きとか嫌いとかでは割り切れない愛着があるんですよね。
30年住んだし当然でしょうけど。
そんな田舎から、
どうやら来年の年末にはうちの実家も離れることになり
完全に縁が切れてしまうことになりそうです。
もうこうやってパッと出かけてキノコ探したり
廃墟に遊びに行ったりとか出来なくなると思うと
少し寂しい気持ちもあり。
まあこれも時の流れか。


IMG_2909.jpg


我が愛しきクソ田舎。



Posted at 10:42 | キノコ | COM(0) | TB(0) |
2015.04.27

一日一キノコ 2015年4月第4週(最終週)

タイトルにもある通り、1月末からやってきたこの「一日一キノコ」企画は
今週で一旦区切りとしたいと思います。
まあ大雑把に言ってしまえばネタ切れなのですが、
和名が付いていて、毎日違うキノコを選ぶとなった時に
Flickrにいい写真がない場合が多く、
自分の主目的であった「美しいキノコの写真を紹介すること」との
ズレを感じることが多くなったというのが理由です。
和名付き縛りとか(オニフスベ回は若干例外でしたが)
カブり禁止とかを撤廃して、
ただ美しい写真を選んで載せるだけのコーナーにしようかなとも考えましたが
それもまたつまんないよなぁと感じたので、
いずれ付けなければならない区切りを今回付けることに致しました。
少ないながらに反応があったことは嬉しかったですし、
何より自分がやってて楽しかったです。
森の妖精(ビリー・ヘリントンとかではない)であるキノコの魅力を
この企画で少しでも感じて頂けたならこれ幸い。
引き続き、形は違えどこのブログでキノコの魅力を
不定期にでもお伝えできればなと思っております。
ありがとうございました。

















Posted at 02:51 | キノコ | COM(2) | TB(0) |
2015.04.22

一日一キノコ 2015年4月第3週


















Posted at 02:01 | キノコ | COM(0) | TB(0) |