2007.11.22

HEART OF ROCK

F1000125.jpg

気がつけばもう3日経つんですね。
2007年11月18日、東京九段下、日本武道館にて起こった一夜限りの奇跡。
SIAM SHADE1日復活のその日のことを自分なりにレポートしようかなと思います。
結構長くなると思うので続きは以下で。続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
Posted at 01:28 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2007.11.17

上京

SIAM SHADEライブに向けて上京すべく汽車に揺られております。

暇つぶし用のPSPの充電コードをしっかりと入れ、

肝心の本体を入れ忘れました。

先が思いやられます…('A`)
関連記事
2007.11.13

ロックT

SIAM SHADEの一日復活ライブが刻一刻と近づいてきているわけですが。
せっかくの記念すべきライブ、あまりダサい格好では行きたくない。
つーわけで、やっぱロックバンドのライブならロックTだろう!ってことで、古着屋さんにロックTを探しに行きました。

やっぱロックTってのはその人のスタイルを表すもんだと思っているので、全く聴いたこともないのにデザインがかっこいいとかの理由だけで着るのは個人的には微妙なわけで。
願わくば、俺の愛するMotley CrueあたりのTシャツが欲しい!
…とか思ってはいたんですが、モトリーのいいやつは少ない&クソ高いので断念。

結局、ツェッペリンになりました。
狸小路2丁目のReal Monkeyにてゲット。

F1000113.jpg

ツェッペリンは正直「II」をちょびっとと、「Presence」をCD-Rで持ってるくらいなもんなんですが、まあ聴いたことあるだけ良しとしましょう…w
つーか、聴きます。これを機会に。ポロロッカというやつです。
柄の良さもさることながら、何と言ってもこのグッドコンディション&ナイスサイズ!(ていうか、むしろちょっと小さめなんですが)
古着のロックTってとかくヨレヨレだったりサイズがやたらでかかったりするのが多いんですが、これに関しては実に格好良く着こなせそうな感じです。

んでさらに、このツェッペリンTをSIAM SHADEのライブに着ていくことはそれなりの意味があるのです。
まず一つに、この背面をご覧頂きたい。

F1000114.jpg

この4つのロゴは、ツェッペリンがアルバム「IV」で採用した、それぞれがツェッペリンのメンバーを表すシンボルマークなわけですが、お次に見ていただきたいのがこれ。

F1000115.jpg

これはSIAM SHADEのアルバム「IV」のジャケット左下の部分です。
そうです、SIAM SHADEはツェッペリンにインスパイヤされて、同じアルバムタイトルである「IV」においてツェッペリンのそれに似せたロゴマークを載っけるという小ネタを仕込んでいたわけですねー。
つまりこのTシャツは、SIAM SHADEにも通ずるアイコンを保持していると言ってもあながち間違いではないわけです。

さらに、この絵柄が表すのはかの名曲「天国への階段」。
SIAM SHADEの今回のライブは、彼らの元マネージャーである故・中村新一氏に捧げる追悼ライブであるわけで、新一さんが無事に天国への階段を登っていけるようにとの意味合いも込められているわけです。
はい、こじつけですね。

まあともかく、なかなかにいいもんが買えました。
ライブがますます楽しみになってきましたぜー。
関連記事
2007.11.09

発つ鳥後を濁さず

先日は、池袋パルコからの飛び降り自殺で巻き添えを食らった人が重体。

そして今、俺は人身事故の影響でJR幌向駅にて足止めを食らっております。

世の中、人の迷惑も考えずにポンポン死ぬ輩が多すぎる。

死ぬならせめて、親族以外にはできるだけ迷惑をかけないように死んでいただきたいもんですわ。
関連記事