2008.12.22

Design Interior Collection

i1.jpg
リートフェルド「RED/BLUE」

i2.jpg
コルビュジェ「LC-2」

i3.jpg
パントン「Panton Chair」




4.jpg
全部ミニチュア。(ゲバラはサイズ比較用)



レアック・ジャパンってとこから出てる、Design Interior Collectionというやつの中のDesigners Chairというシリーズのものなんですが、これに今ハマっておるのですよ。
ラインナップはどれもミッドセンチュリーの名作椅子ばかり。
本物には手が届かなくとも、これなら気楽に集められます。
んで、これがまた意外としっかり作られてるんですよ。木やレザー、プラスチック素材の表面処理に至るまでしっかりその素材感を再現してます。
そのカラフルな可愛らしさも相まって、実に蒐集欲をそそってくれる一品なのです。

5.jpg
ねんどろさん達にもいい感じにフィット。

現在Vol.5までリリースされているようで、ヴィレッジヴァンガードとかで売ってます。
インテリア小物としてはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適だと思います。オススメ。

ただ、今回写真で紹介したシリーズはVol.1の限定カラーバージョンで、今となってはかなり入手困難な代物かもしれません。あしからず。

Design Interior Collection DESIGNERS CHAIR VOL.1 BOXDesign Interior Collection DESIGNERS CHAIR VOL.1 BOX
()
不明

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
Posted at 21:59 | フィギュア | COM(0) | TB(0) |
2008.12.19

オベッカ

先日のコピーライブで撮影した、オベッカのライブ映像の上映会をやりました。
いやはや、我ながらに素晴らしい。
スジヲさん良い仕事しすぎです。

んで、その映像がついにYoutubeを介して全世界に発信されました。
いい年こいて大人になりきれない大人どもが繰り広げる、本気の悪ふざけをお楽しみ下さい。









関連記事
Posted at 21:30 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2008.12.15

篤姫

終わっちゃいましたねぇ。

いやー、面白かった!
普段ろくにドラマなど見ない俺ですが、これだけは毎週日曜日、家族で鍋を囲みながら鑑賞というのが定番になっておりました。
大河ドラマというと、俺の固定観念では国盗りがどうの合戦がどうのというような要素が強いイメージがあったわけですが、今作は女性を主人公に置き、繊細な人間ドラマが展開されていたのが引き込まれる要因だったのかも知れません。
その分、スイーツ大河などと揶揄される一面もあったようですが、それならば俺はスイーツで結構!w
面白いもんは面白いんです。

とにかく今作は魅力的な登場人物が数多く出てきました。
そんなわけで、俺の『篤姫』好きなキャラベスト3。

一位:徳川家定(堺雅人)
我らが上様。
スイーツと言われても仕方ありませんが、俺は上様と篤姫の閨シーンが一番好きだった!w
それ故に、上様が亡くなったあとはつまんなくなっちまうんじゃねえかなぁとちょっと危惧していたわけですが、その後もしっかり面白くて一安心でした。
堺さんは本当にいい俳優ですよね。

二位:滝山(稲森いずみ)
幕末のキャリアウーマン、滝山。
とにかく芯があって格好良く、そして美しかったです。
稲森さんの威厳のある演技も時代劇にぴったりでしたね。
史実じゃ大奥が終わる頃には還暦過ぎてたらしいですが…そこはまあ、それとしてねw

三位:天璋院篤姫(宮崎あおい)
ようやく篤姫ですw
とはいえ、上の二人が特に大好きってだけで、篤姫も本当に素晴らしかったと思います。
とにかく宮崎さんの演技力が圧倒的でした。物語も後半になる辺りで、時々挿入される初期の映像とかを見るともう演技が全然違うんですね。リアルでは一年も経っていないのに、本当に数十年の時を生きていたかのような錯覚を覚えるほど。凄い女優が現れたもんだ。


「大河ドラマって意外と面白いんだなぁ」ということを、今更ながらに気づかせてくれた作品だったと思います。
来年は「天地人」。主役は直江兼続。主演は妻夫木聡。
再び戦路線な匂いがしますが、どうなるもんでしょうかね。
関連記事
2008.12.11

相も変わらず

ロックマン9やり込み中。
エンドレスステージの殺る気まんまんっぷりが俺のドM魂に火を点けます。

さて、そんな俺が最近、毎週更新を楽しみにしているのがこの動画シリーズ。
現在part.7まで公開されてます。
ただのプレイ実況動画とは一線を画す、ストーリー捏造動画。
あなたもきっとブルースが好きになる!


関連記事
2008.12.03

追悼

沢田泰司在籍時代のLOUDNESSの映像作品二点が、いつの間にかDVD化されていました。
ビデオでも結構探していたブツだったので嬉しいです。
渋公でのライブ映像は何点かネット動画で見ていたので、とりあえずPV以外は見たことのないこちらを購入しました。

BLACK WIDOW -ONCE AND FOR ALL- [DVD]BLACK WIDOW -ONCE AND FOR ALL- [DVD]
(2008/09/24)
LOUDNESS

商品詳細を見る

給料入ったらもう一つの方も買おうと思ってます。

それにしても比類無きライブパフォーマンス。
山田雅樹も高崎晃も沢田泰司もみんな凄いんですが、そんなバンドの屋台骨だったのはやはりあの人。
パワー、スピード、グルーブを最高水準で兼ね備えた日本屈指のロックドラマー。

樋口宗孝さん。

心からご冥福をお祈りします。
関連記事
Posted at 22:43 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |