--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.29

今度は

「伝染るんです。」が実写化! カブトムシ斎藤役は竹山隆範


………


賛成とか反対とかいう以前に、実写化する理由が何一つ思い当たらないですよね。
アニメDVDの出来がいいだけになおさら。人外キャラ多すぎですし。
わざわざ月額315円払って携帯で見る気はしねえなぁ。
まあ、DVD化されてYouTubeにでも流れたら見るとしますか。


でも、アッキーナのミッチーは悪くないかも。
関連記事
スポンサーサイト
2009.09.23

2巻

届きました。
今回も実にいい出来です。

伝染るんです。第2巻 [DVD]伝染るんです。第2巻 [DVD]
(2009/09/18)
茶風林

商品詳細を見る


アニメの最大の利点はやはり「動くこと」でしょうが、今回はその「動き」が実にいい。
吉田戦車本人も絶賛の、CGによる「20%いい」メカかわうそ達の動きとか、さらにエスカレートするトオル君の奇怪な動きとか、しいたけの子作り中(胞子を柱にこすりつける)の妙に生々しい動きとか、本当に「アニメでこの動きが見られて良かったなぁ」と思わせてくれる出来。

でもそれより何より素晴らしいのが、巻末の小話「しいたけが笑った」でナレーションを勤める能登麻美子さん。究極の癒しボイス!
原作の魅力を5倍くらい膨らませてくれてます。能登かわいいよ能登。
やっぱ能登さんはアニメよりナレーションの人だと思うわけです。

関連記事
2009.09.18

Good Friends,Bad Habits

前回紹介したOwenの新譜「New Leaves」から、「Good Friends,Bad Habits」のPVが公開されていたのでご紹介。



繊細極まるギターのレイヤード、あくまで自然ながらも個性のしっかり出たメロディーライン。
完璧ですな。
ずいぶん前からマイスペには弾き語りバージョンが公開されていて、その時から素晴らしい曲だなぁとは思っていましたが、フルアレンジするとさらにまたぐっと深みが増しますね。
弾き語りのシンプルさもまたいいもんですけども。

んでまたPVがいいですね。
赤と青を強調した画面の美しさ。
出てくる人々みんないい顔してます。
これがマイクの言うところの「悪い癖を持った親友」達なんでしょうか。
赤ちゃんと、それと一緒に出てくる女性は子供と奥さんでしょうね。
幸せそうだなぁ。

「続きを読む」で歌詞が読めます。
続きを読む
関連記事
Posted at 19:09 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2009.09.16

諸々

メガマソがメジャーデビューするそうですな。

http://news.walkerplus.com/2009/0915/15/

ようやくか…といった感じです。
メガマソのリーダー涼平は、もともと彩冷える(読み方は「アヤビエ」)というバンドでリーダーをやっていたんですが、途中で脱退してこのメガマソを結成したわけです。
リーダーにしてメインコンポーザーである涼平を失った彩冷えるですが、それでもめげずに新ギタリストの夢人を入れて堅実に活動を続けた結果、何とメガマソよりも先にメジャーデビューしてしまいました(まあ、涼平の作る個性的な楽曲が無くなって、今じゃ聴く理由が何一つ見つけられない厨御用達バンドに成り下がってしまったわけですが…)。
涼平はとにかく「売れる事に対する欲求」を隠さないタイプで、それだけに昔いたバンドに先を越されてしまったときは相当悔しかっただろうなぁと思っていたのですが、ようやく一つ階段を上がる事が出来てまあ良かったねという感じです。

涼平は、ビジュアル系には珍しくルーツにツェッペリンやらMAGMAやらを持つ結構な音楽マニアで、良いか悪いかは別として他のどのバンドにも似ない個性的な楽曲を作る男です。ギターはド下手クソですがw
慶応卒(…卒業したのか?)のインテリでもあり、哲学的で難解な歌詞も彼らの個性の一つとなってます。最近では平成教育委員会なんかにも出演してたようですね。
音源は彩冷える時代のしか持ってませんが、メジャーデビューシングルはご祝儀に買ってあげようかと思っております。

しかし、今更やたら涼平が可愛いとニュースで騒がれておりますが…何だかなぁ。
今時もっと美人さんの女形バンドマンなんて腐るほどいるし。
でもまあ、「星降町にて」の涼平は可愛かった。
というわけでそちらのPVをご紹介。




・期待を裏切らない名盤です。

ニュー・リーヴスニュー・リーヴス
(2009/09/16)
オーウェン

商品詳細を見る


http://www.myspace.com/mybandowen

前作から3年の間にマイクもパパさんになり、その歌声とメロディーはさらに優しさと暖かみを増しています。
しかしそれに乗せられる歌詞は、実に辛辣で心の傷をえぐるようなものが多いのが印象的。
思うに、彼もこれまでの人生で様々な経験をして、人生は綺麗事だけじゃ回らないことを人一倍分かっているのでしょう。
だから彼の音楽は強い。柔らかい表皮の中に、強靱な芯を持った音楽。
「極めてオーガニックな音が、力の抜けたレイドバックの結果としてではなく、その1つ1つの音の向こう側から職人気質の極みのようなミュージシャンシップの産物としての凛とした響きをも同時に持っている」というのはライナーノーツからの抜粋ですが、まさにその通りで、一見全くもってリラックスして鳴らされているようなその音が、その実一つたりとも無駄のない鉄壁のアレンジでもって配置されていることがよく分かります。
ポストロックとかインディーロックとか狭い枠組みでなく、純粋に素晴らしい音楽を奏でるシンガーソングライターとして評価をしてもらいたい。
100万枚くらい売れてもおかしくない音楽だと思うんですけどねぇ。どうなんでしょう。

・携帯が4代替わる間ず~っと替えずに共に過ごしてきたストラップ(初代に付いてきたもの)がいい加減ボロボロになってきたので、新調しようと思い買ったストラップが、そのモノから買った店から全く親父のものと一緒だったということに後から気付きました。
何てこった…orz
関連記事
2009.09.13

Jacksonville

はんばーがーを喰ひたしと思へども
はんばーがーりさはあまりに遠し

ってな時に、辛うじて駅前からチャリで行ける場所(北24条)にあり
最近お気に入りのハンバーガー屋さんが、Jacksonvilleであります。

http://www.jvburger.com/

リサのハンバーガーが、素朴でストレートな美味しさだとするならば
Jacksonvilleのハンバーガーは、ちょっと贅沢で手の込んだ美味しさという感じです。

まずパティが実に肉々しい。
挽肉ではなく、包丁で粗く刻んだ肉をまとめているそうで、「肉喰ってるぜ感」が半端ないです。
ボリュームも十分。一度ダブルにしてみましたが、ここのパティは一枚で十分ですw
ちょっとカレーっぽい風味の(クミンか何か?)スパイスは好みが分かれるかも知れませんが、その香りがここのハンバーガーの個性になってます。

そしてそれを挟むバンズも実に上質。
風味豊かな生地に、ちょっと堅めの表面が良いアクセント。
バンズって本当に重要で、肉がちゃんとしてればしてる程、バンズもちゃんとしてないと全体としてバランスの悪いハンバーガーになってしまう。
ここのバンズは、パワフル極まりないパティをしっかり受け止めてます。

基本となる具材は他にレタスとトマトとローストしたオニオン。
パンチのあるパティを程よくさっぱりと食べさせてくれる好サポーターです。

メニューが一種類しかないリサと違って、ここはチーズやらベーコンやらアボガドやら季節のメニューやら色々あって楽しめます。チーズもチェダー+ゴーダとダブルチェダーが選べたりと面白い。
ケチャップとマスタードが自己責任ってのも、ケチャップ使わない俺には実に合ってます。
味付けがしっかりなされてるので、使わなくても十分美味しく頂けます。

お店も綺麗で、マスターも明るくて好印象。
もっともっと流行って欲しいお店なんですよね~。


ただ、不満が一つ…
一緒に付いてくるポテトがイマイチなんすよ。
ただでさえ細く切ったポテトを結構しっかり目に揚げてあるもんだから、油っぽくてどうもダメです。
ハンバーガーがなまじよく出来てるだけに、ここだけが残念で仕方ない…。
これをなくせとは言わないから、太切りでホクホクしたポテトも選べるといいんですけどね。
今度言ったら勇気を出して言ってみようかな…。

あと、リサのハンバーガーにあったような、焼き上げた牛肉の野趣溢れる香りはここのにはないですね。
良くも悪しくもお上品。使ってる肉の種類とか部位にもよるんでしょうが。
「ハンバーガーは牛肉の香りを楽しむもの」とはハンバーガーリサの店主の山田さんの弁ですが、本当にその通りだと思います。あれがあれば本当に最高なのに。
そういう、香り立つパティを喰わせてくれる店は今んとこ北海道ではリサとニセコハンバーガーインの二軒しか巡り会っていません。
どっか近くで、そういうお店はないもんかなぁ…。
関連記事
Posted at 22:47 | 食べ物 | COM(2) | TB(1) |
2009.09.11

一家に一箱

親父に頼まれて買ってきましたよ。


ザ・ビートルズ・ボックスザ・ビートルズ・ボックス
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


まあこれは、現代の古典となりうる一品ですからな~。
広辞苑と並べて置いといていい代物だと思います。

実際の所、ある程度聴き込んだアルバムは「リボルバー」くらいなんですが、
これを機会に、全品がっつり聴き込んでみようかなと思います。
関連記事
Posted at 22:55 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2009.09.03

復活しまくりマクリスティ

http://www.lacrymachristi.jp/

今度はラクリマですよ。
とりあえず10月24日、25日に幕張メッセで行われるV-ROCK FESTIVAL '09での出演が決定しているようです。
この復活がイベント限定のものなのか、それともパーマネントなものなのかはまだ定かではないようですが…

何だろう…
本当に大好きなバンドだったので、再結成は嬉しいはずなんですが…
正直、あんまり期待が持てずにいる自分がいます。

ラクリマのキャリアハイは間違いなく、メジャー1stアルバム「Sculpture Of Time」リリース時だったと思います(3rd「Magic Theater」派も多いとは思いますが、マニアックさでは確かに3rdが勝るものの、アルバムをトータルで見たときの世界観の一貫性、完成度という点で個人的にはやはり1st最強説を強く推したい俺です)。
ビジュアル系の歴史に燦然と輝く奇跡的な名盤で、修学旅行中の京都のCD屋で購入してからしばらくはずっとそれしか聴いていなかった記憶があります。

メジャー1stにして最高傑作を作り上げてしまい、その後は妙にポップになったり、TAKAが歌うには若干違和感の拭えないハードロック路線に行ってみたりという歩みを見てきただけに、今更KOJIが戻ってきたところで、あの頃の輝きはもう戻ってこないと思うのですよ。

とは言っても、新譜が出たら買っちゃうんだろうなぁ。
杉イノ以来の最強ツインギターコンビの演奏がまた聴けるってだけで買う価値はある。
てなわけで、もうあちこちで散々言ってますが、ラクリマ最強の名曲をご紹介。
これを聴かずに死ねるか!




Sculpture of TimeSculpture of Time
(1997/11/12)
La’cryma Christi

商品詳細を見る



関連記事
2009.09.01

B'z in 軍艦島

B’z、長崎「軍艦島」で大規模な音楽ビデオ撮影

ですってよ、奥さん。

B'z聴いてたのは高校までだったけど、これは久々にDVD付きシングルでも買ってしまいたくなりますなぁ。

MY LONELY TOWN(初回限定盤)(DVD付)MY LONELY TOWN(初回限定盤)(DVD付)
(2009/10/14)
B´z

商品詳細を見る

関連記事
Posted at 22:09 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。