--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.20

男子フィギュア

高橋大輔、銅メダルおめでとう!!!
織田も小塚も本当によく頑張った!!
感動しましたよ~。

フィギュアの花形はやはり女子なんでしょうが、
競技として見たときに男子のパワフルさというのはやはり女子にはない魅力です。
そして今回の日本代表は三者三様にキャラも立っていて、
応援していて楽しくなるメンツでありました。
今日はオフだったので、朝から生中継で見ておりました。

日本勢ではまず最初に出てきた小塚崇彦。
何たって本番で初の四回転を決める肝っ玉の太さ!
トリプルアクセルでコケはしたものの、他はほぼ完璧にまとめてきたのはお見事。
クールなイメージとは裏腹に、ショートではジミヘン「Bold as Love」、
フリーではギターコンチェルトと、どちらもエレキギターをフィーチャーした
熱量高めの音楽をセレクトしていたのも個人的にはポイント高いです。
こういうとこを個性にしていくといいかも知れませんね。

続いて織田信成。
何というか…三枚目である事を天に定められた男というか…
あのアクシデントまで運命であったかのようにも思えます。どこまでもキメきれない…
しかしそれでもめげずに、最後まで気持ちを繋いで演技を終えたのは感動しました。
チャップリンメドレーは本当に彼らしさの集大成ですね。
次はどんなのを見せてくれるんでしょうか。

そして高橋大輔。
冒頭で四回転失敗…。でもそれ以降は正に圧巻!
欧米人と比べれば体格の差は歴然で、その分プログラムの見栄えという点でハンデはあったはず。
でもそれを堂々たる動きと表情で完全にカバーし、圧倒的な完成度をもって見せつけてくれました。
ミスさえなければ確実に金メダルものの演技でしたよ。惜しかったな~。

しかし、今回は四回転の意義を考えさせられる大会でしたねぇ。
四回転を成功させたプルシェンコと、四回転を回避して全体の完成度を重視したライサチェック。
結局、軍配はライサチェックに上がりました。
プルシェンコの演技には粗さが目立ったとはいえ、勝つためには必ずしも四回転は必要ではないという結果。
しかし解説の本田さんもどっかで言ってましたが、
「四回転をやっていかないと、スポーツとしてのスケートのレベルが下がってしまう」と。
スポーツとして技術面を重視するのか、それとも芸術面を重視するのか。
難しい問題ですなー。

まあ、四回転決めてなおかつ美しくムラ無く終えられれば誰も文句言わないんでしょうがw


ツイットメーカーでゲーム作ってみました。
ロックマン好きな人はやってみよう。
タグ付けなかったのが悔やまれる…

ロックマン武器ったー
http://king-soukutu.com/twit/?n=rockweapon

関連記事
スポンサーサイト
2010.02.08

消失

さて、公開3日目にして既に2回観てしまっているわけですが…w
「涼宮ハルヒの消失」。

もう、ほんっとに最高の出来です。
いつまで経っても出ない「驚愕」、そしてあのエンドレスエイトなどで募った
ハルヒシリーズへのモヤモヤした思いを全て吹き飛ばす会心の一作。

小説や漫画を映像化する上でよくある「得た物はあるけれど、その分失った物も大きい」映像化ではなく、
動きや音が付いた事が完全にプラスとなった─第1期アニメ版ハルヒにも感じたような─
理想的な映像化であると感じました。
シリーズ屈指の人気エピソードであるだけに、京アニの気合いの入れようも相当なものであったろうし、
160分という長尺もそれを表現するには最低限必要であったと思わせるものでした。
シリーズ物のいちエピソード故にある程度の予備知識は必須ですが、
ハルヒシリーズに少しでも触れた人なら絶対観なきゃ損します。

リピーター特典として半券2枚でフィルムブックマークがもらえるらしいので、
27日以降に最低でもあと2回は観るんだろうな…w(詳しくは公式で)


んで、知らないうちに初めて「拍手コメント」というのをもらっていたようなので返信。
こちらのエントリーへのコメント。

>かめさわりさん
>確かに1位は揺るぎないところですが、私的には第5位アンダーグラフに作詞賞をあげたいですな。目に見えるものに惑わされず心で本質を感じよう、伝えようと必死に訴えているのに、最後の最後で「本当に大切なことは声にしよう」とついつい本音を言ってしまい、え?まじ?言っちゃうの?結局伝わってるかどうか心配なんじゃーんwとツッコませてくれたあげく、最後のラララ・・・の虚しさが絶品です。この落としっぷり。残念すぎます。それにしても2位といい3位といい、ひたすら5度攻めのペンタトニックメロディーが流行ってるんですかね。すげー。島村すげー。時代を10年先取りしてんじゃん。とりあえず全員にレッドツェッペリンを聞かせてあげたいです。

流石は軽音出身と思わせる分析眼、流石ですw
アンダーグラフの歌詞の残念っぷりは半端ないですよね~。
「ツバサ」という曲はそこそこ売れたそうですが…覚えてねえな。
今年も引き続きA-26は毒電波を吐き出し続けております。
年末にはまたやろうかな。

関連記事
2010.02.05

マイケルとの向き合い方

について、軽く悩んでいます。

マイケル・ジャクソンが20世紀最高の(おそらく21世紀も)エンターテイナーであることは
周知にして疑う余地のない事実ではあるわけですが、
自分がそれをしっかりと認識したのは、恥ずかしながら彼の死後。
ネットで様々な動画を見てからなわけです。

それまでの自分の「マイケル」への認識といえば、
「行け!稲中卓球部」で「子供にイタズラをする人」としてネタにされていたり、
女性週刊誌の表紙とかで整形問題が取り沙汰されていたり、
つまるところ、スキャンダルに塗れた人間というものでしかなかったわけです。
当時は音楽も邦楽しか聴いていなかったし。

そして、そんな俺のような人は、
多分今「マイケル神」と騒いでいる人たちの中にも数多くいるはずなのです。

あんだけ当時叩いて、バカにしておきながら
たまたまマイケルが死んで映像が数多く出回った今になって
掌を返したように褒めそやす連中が正直白々しく見えてしょうがない。
マイケルが仮に今も生きていて、最後のライブがパッケージングされたとして
それは「THIS IS IT」並に売れただろうか?

正直、今の俺は「THIS IS IT」を見て素直に感動するよりも
彼に詫びたいと思う気持ちが強いです。
「THIS IS IT」がこんだけ売れに売れて、世界中がマイケル全肯定になってる様を
もう彼が見られないのが何とも切ない。
度重なる裁判で無くなった金がこの売り上げで補填されるかもしれないとしても
彼が死んでしまった今となってはそれも叶わない。

彼が生きているうちに、彼の素晴らしさに気付いてあげたかった。

まあもう彼は死んでるんだから、
「THIS IS IT」を買おうが買うまいが、見ようが見まいが
ただレコ社に金が入るか入らないかの違いでしかないわけですが。
つーかこんなことでこんな凡人が悩んでるのがおこがましいって話ですが。
気持ちの問題なのです。
くだらねー悩みですよ。

関連記事
Posted at 22:24 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。