--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.31

Burger and Pancake Rana

最近ちょいと疲れが溜まってきているので、
ここはいっちょパワー付けるべし!ってなことで
最近情報を仕入れた円山公園のハンバーガーとパンケーキのお店
Burger and Pancake Ranaにお邪魔してきました。

20110530124747.jpg

円山という土地柄に似合うお洒落な外観。
中も実に小奇麗で、非リア充の俺にはちょいとオーラが強すぎた…
けど、デートなんかには最適だと思います。

ハンバーガーは普通のとチーズバーガーの二種類、
そこからさらにソースをスパイシーとマイルドの二種類から選べます。
俺はチーズのスパイシーをオーダー。
ちなみに、日本人ならパンより米!って人には
ライス付きのバーグディッシュもあるそうな。
焼き加減も選ぶことができるようですが、
基本は「お客様にお出しした時点で火が入るようにしております」という感じで、
多少レア気味にしたとしても「最近騒がれてるような心配はありません」と念を押されました。
やっぱ聞かれるんでしょうね。
恐るべし死のユッケ。

オープンキッチンなので作っているところは逐一見ることができます。
こちとら隠すことなんざぁ何もねえ!どっからでも見やがれ!
という店主の心意気が感じられるようです。
(最近『侍戦隊シンケンジャー』をDVDをレンタルして見ているので
どうもイメージが江戸っ子口調になるのはご勘弁)

20110530125754.jpg

十勝牛100%のパティが売りのこちらのバーガー。
肉!って感じのパンチはそこまで強くないんですが、
厚みがあってボリュームはしっかりあります。
主張が強いのはソース。結構濃いめでスパイシー。
しかし非常にいいバランスで作られていてハンバーガーにぴったり。
全体的にワイルドさより上品に纏め上げた感じのハンバーガー。
非常においしかったんですが、個人的には
もうちょいパティの主張があると嬉しいな。主に香りの面で。

あとやっぱここもJacksonvilleと同じ、細いタイプのカリカリのポテトなんですが…
やっぱこのタイプは苦手。完全に個人的な好みですが。
油が染み込みすぎてきついんすわ。ましてやこの量ですから…
太いのも選べるといいなー。そこまでやるとコストかさみますけど。

20110530132509.jpg

せっかくだからということで注文したパンケーキ(プレーン)。
食べる前に写真撮るのを忘れて途中で撮ったので
イマイチ画的に綺麗でないのはご容赦を…w
銅板のグリルで焼いているせいか、ふわふわで軽くて超おいしいです。
あのバーガーディッシュ食った後に三枚はきついかな…と思いましたが
軽々といけちゃいました。

他の女性客との会話なんかを聞くに
店主の方も非常に人柄のよさそうな方で、
店内も明るくて非常に居心地が良いお店です。
おやつ時にパンケーキだけ食いに来るのもいいのでは?
ストロベリーホイップとチョコバナナホイップなんてのもあるそうですし。
オススメです。


関連記事
スポンサーサイト
Posted at 00:15 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
2011.05.20

ライブやんよ

俺…このライブが終わったら、結婚するんだ…

最近観た「刀語」第四話での虫組の見事な死亡フラグの立てっぷりに
爆笑した俺です。


●2011年5月21日 (土)
場所:161倉庫(札幌市東区北16条東1丁目2-10西沢水産ビル)
時間:19:30
料金:¥800
出演:
19:30 ボシボシ
20:05 まるで斧
20:40 みくまり
21:15 BLACK HAIR
21:50 ピラミッドオペレーション


ついに札幌エジプシャンロックの代表格(そんなジャンルがあるのかは知らないが)
ピラミッドオペレーションとの対バンでございます。
彼らはもうすぐ活動休止期間に入ってしまうそうなので、
まだ観てない、あるいはまた観たいって方はこの機会に是非。
俺らも新曲やってやるです!お楽しみに!!
ちなみにうちのギターの亀氏はボシボシでも弾くのでそちらもご注目。

関連記事
Posted at 00:41 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |
2011.05.13

二郎系ラーメン・その2

現在札幌で流行中の「二郎系」ラーメンを求めて
先月は琴似の「てら」に行ったわけなんですが、
今日はその前回に本当は行きたかった(定休日のため行けなかった)
北大前「山次郎」に行ってまいりました。

Project DIVA Arcadeで軽くミクさんと戯れつつ腹を減らした後、
北大正門前のセブンイレブンの角を東に曲がってきょろきょろ。

20110513141252.jpg

おかしいなぁ…
地図によるとこのあたりのはずなんだけど…

なかなか場所が分からず、この区画をぐるりと一周。
分かりづらいとは聞いてたけど、看板くらい出してるだろうし…
と思って、地図どおりのビルの入り口を覗き込んでみると

20110513141236.jpg

え~!?そこ~!?
開店して間もないはずなのに、客呼ぶ気あんのかよ…w
せめて外に一枚立て看板くらい出しとくとかさぁ。
まあ今の時代、ネットや雑誌で話題になれば客は来るってことなんですかね。

ともあれ入店。
店内は飾り気全くなし。
BGMもなく流れるのはテレビの音だけで、
みんな無言でラーメンに喰らいついているので非常に殺風景。
店員さんの愛想は良かったですけどね。

とりあえずは普通のラーメンをオーダー。
やはりここも麺が太いためかそれなりに時間はかかるらしく、
内田裕也逮捕のニュースを見つつしばらく待っていると
「そちらのお客様いかがいたしますか?」
そう、二郎系定番のトッピングオーダータイム。
前回の「てら」では特に何もしなかったわけですが、
今回はせっかくできるんだから何かマシてみようかと思っておりまして。
選択肢はヤサイ、アブラ、ニンニクの三つ。
ただでさえ麺の多い二郎系で、食べるべき絶対量が増えることは
初回は避けたいのでまずヤサイはパス。
ニンニクもやはり人としてパス。その後色々回りたかったし。
つーわけで「じゃ、アブラマシで」っつって頼んで出てきたのがこちら。

20110513135843.jpg

や め と き ゃ よ か っ た ('A`)

こんなドロリとした脂身がマされてくるとは…
見てるだけで頭痛がしてきました。
が、俺も男!
頼んだもんは食いきるのみ!いざ!

まず、箸で掴んだ麺が重い。
本家「二郎」の麺でも使われている日清製粉の強力粉「オーション」を用いた極太麺は
コシがあるっつーよりひたすらに、硬い。「てら」に輪をかけて硬い。
そしてこれがデフォで450グラムあるってんだから、
そりゃみんな無言になって食いますわな。
スープは二郎系スタンダードのニンニクの効いた濃い醤油味。
ヤサイは茹で野菜なんですが、しんなりはしてなくてシャキシャキ感もあっていい感じ。
ブタはこれも二郎に忠実な、繊維がほぐれるまで煮た豚。
「てら」みたいなチャーシュー感は薄い感じです。

てなわけで完食。
さすがにこれはガツンと来ました。
基本的に、小食な方や女性に普通サイズのラーメンはおすすめしません。
ハーフってのがあるので、450グラムを食いきる自信の無い方はまずそちらから。
ボックス席で食ってた男子のうち一人は大量に残してました。情けねえ奴だ。
味はやはり「二郎系」として二郎に忠実に作ってあるため、
そういう方向性でのバランスは非常に良く取れていたのですが、
前回の「てら」と比較するとこの「山次郎」はより
本家「二郎」にいかに忠実に作るか、ということに重きを置いている印象。
そこにある程度、普通のラーメン屋としてそれまでやってきたノウハウを投入して
ここ北海道でのやや一般向けに作ったのが「てら」という感じでしょうか。
単純にどっちがおいしかったか、と言われると「てら」かな。
チャーシューの味わいとか麺の感じとか。

こうして今の札幌の「二郎系」二軒を味わったわけですが、
まあ札幌には俺たちの山岡家があるわけで、
そうそう中毒になって通いつめるほどではないかな~って感じです。
(山岡家にも通いつめてるわけではないですが)
何でも「シャカリキ」という店はこの二郎系ブームに乗っかって
それまでのメニューを全部廃止して二郎系一本にしちゃったそうなんですが、
このブーム、札幌ではいつまで続くかなぁ。
仮にこれが受けなくなったとき、そういう店はどうするんだろ。
この「山次郎」もメニューは基本二種類(汁なしの和え麺ってのがある)だし。
ここでいかに固定客を掴めるか、今がまさに正念場ですな。

関連記事
Posted at 22:44 | 食べ物 | COM(2) | TB(0) |
2011.05.09

俺流リペア

今日ご紹介するのはこちらの品。

20110509203830.jpg

MADE IN TUNISIAのLEVI'S 551コーデ。
サイズはジャスト、ユーロ物ならではのコットン100%の風合いも良し。
んで、900円。
激安です。
何故か?っつーと…

20110509203901.jpg

フロントのトップボタンが取れてしまってるんですな。
まあ、ジャストサイズなんでベルトで締めればほとんど問題はないっちゃない。
つーかユーロリーバイスのコーデが3ケタなら買わない理由がないだろ!
とはいえ、それでもやっぱりちょっと心もとない。
よろしい、ならばリペアだ。自分で。

大昔に買って、履かずに長いこと眠っていた505のトップボタン部分を
周りの生地ごと切り取る。
(この505も黒カンヌキで結構古いものだったりするんですが)

20110509205803.jpg

こいつを開いた穴の裏からはめこみ、縫い付けて固定する。
すると、こんな感じになりました。

20110509213503.jpg

裏から見るとこんな感じ。

20110509213516.jpg

ミシンとか出すのもめんどいし、
使ったところで上手くできる保証もないので漢の手縫い!
見ての通りの不っ細工なリペアでございます。
ボタンの色も変わっちゃったし。
でもこんなとこ誰もじっくり見ないのでこれでいいのだ。

やす~く買って自分で手を加えて、ってのも古着の醍醐味。
そうすることでいっそう愛着も湧くってもんですよね。

今回のこのパンツを提供してくれたのは、
最近すっかり常連になってしまったジャンブルストアー狸小路店。
これからも掘り出し物頼みますよ!

関連記事
2011.05.02

DREAM THEATERの新ドラマー

ex-EXTREME,Steve Vaiのマイク・マンジーニに決定したようですね。
何でも一分間のヒット数でギネス記録も持っているとか。
バークリーの講師もしているそうで、音楽的素養も文句なしですね。

んで、その卍さんも含めた7人の超人ドラマーを集めた
オーディションの様子が動画三部作で公開されているんですが、
こいつが滅法面白いのです。
結果を知ってから観ると、明らかに最初から卍推しの編集に微妙な感じも受けますが、
各ドラマーの個性的なスタイル、オーディション現場のヒリヒリするような緊張感など
見所満載の約一時間となっております。

まずこの現場であんだけノリノリで叩ける卍さんのアイアンハートぶりがうける。
ダンスオブエタニティのイントロでスティック回しながらどや顔キメるに至っては…w
ラブタソから合格通知貰ったときの喜びようが本当に感動的。よかったねぇ。
そしてミスっちゃったアキレスさんが可哀想でね…(ノД`)
本当はもの凄い人なはずなのに。

当然全編英語で字幕も付いてませんが、何となく雰囲気は伝わるでしょう。
是非一度ご覧あれ。

Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 1

Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 2

Dream Theater - The Spirit Carries On Episode 3

関連記事
Posted at 00:01 | 音楽一般 | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。