2012.06.28

ViViD『INFINITY』

おいらが現在注目しているギタリスト零乃くん所属のViViD。
シングル5枚も出してからようやっとのメジャー初アルバム。
色んな意味で「初々しい」一枚になっております。


INFINITY(初回生産限定盤)(DVD付)INFINITY(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/06/27)
ViViD

商品詳細を見る



アレンジャーが付きつつも若干無駄に思えるアレンジが多いあたりに
自分たちの主張とアレンジャーの主張の衝突の結果の
半端な落とし所が見えたり。

メジャー一発目にしてインスト入れてキッズを虜にしちまおうぜ!
と意気込んで曲作りに挑んだものの
本当はSIAMやSTEVE VAI系の技巧派ナンバーにしたいんだけど
このバンドでやる意味も他メンバーの技量もあまりないので
微妙なところに落ち着いちゃった零乃くんの苦悩が見えたり。

この、もどかしくも微笑ましい「若気至ってます」感。
いいよいいよ、色々試して成長するといいよ。

とはいえ現状だと色々足りないのも確か。
まずは演奏力、特にリズム隊の弱さ。
ドラムは小技はちょいちょいできるけど基本的なビートが弱いし、
ベースは粒が揃わないしヨレ感もあり。
インストの「explosion」聴いてると顕著にそれが感じられます。
ただの8ビートが気持ち良くない。
SIAM SHADEの「Triptych」って何て気持ちいい8ビートなんだろう!
って改めて思いました。

あとは作曲面。
自分たちの音楽を「ミクスチャーロック」と呼ぶ彼らですが
ちょろんとラップ入れただけでミクスチャーでございっていうのそろそろ止めません?
ミクスチャーってジャンルがそもそもよく分からない俺ですが、
ミックスするからには元ネタが色々ないといけないし、
それをやるには彼らの引き出しが少なすぎる気がします。
相変わらず個性が弱いように思えるのはその辺が原因かも。
各人が持ちネタを増やして、それをミックスする段階で起きた化学反応を
これから先の彼らの個性にしていくべきじゃないかなぁ。
彼らってフレッシュでイケメンで、会社から求められる役割は
「分かりやすく売れる曲」を出すことだろうし
そんな中で個性を出していくのは至難の業なんでしょうけどね。

とまあ、色々文句ばっか書きましたが
何だかんだで期待してるんですよ。
いいもんもいっぱい持ってるの分かるし。
多分次のアルバムも買います。
戦隊やライダーの役者の成長を一年間で楽しむみたいに。
長く付き合って行きたいバンドなのです。


関連記事
スポンサーサイト
2012.06.26

遠藤一馬のニューアルバムのジャケットがひどすぎる件

「どうしてこうなった」という言葉がここまで似合う事例も珍しい。

http://blog.livedoor.jp/kazuma_endou/archives/51336459.html

ジャケットデザインにおける様々な工程での、
選択肢の全てにおいて最悪のものを選んで作った感じ。
金がないとか手間を惜しんだとかではなく
ひどくしようと努力しないとこうはならないんじゃないでしょうか?
ギャグにしちゃ寒すぎるし、マジならもっとタチが悪い。
フォトショ購入初日とかでももうちょいマシに出来ますよ。

冗談抜きで俺が見てきた中で最悪のジャケットじゃないか?
ゴアグラインドバンドの死体ジャケの方がまだとんがってるだけマシ。

正直腹立たしいです。
仮にも元SIAM SHADEのボーカリスト/ギタリストの看板背負ってる男が
こんなもんマーケットに並べる気でいることが…。
内容がいくら良くたって聴く気0を通り越してマイナスにさせられますわ。
近年の彼のジャケにはセンスと予算の無さがありありと滲み出てきてましたが
まさかここまで来るとは…はぁ。

ちなみに前作はこれ(タイトルもひどい)

愛しちょる愛しちょる
(2009/04/22)
遠藤一馬

商品詳細を見る



関連記事
Posted at 22:08 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2012.06.19

ソロモンの鍵2

最近、今更ながらにAVGN(The Angry Video Game Nerdの略。
怒れるゲーヲタという意味)関連の動画にハマっています。

ジェームス・ロルフというアメリカの自主制作映画監督が
昔のクソゲーを遊んでそれがいかにクソであるかを紹介する動画なのですが、
流石自主制作とはいえ映画監督だけあって映像の編集がとても巧みで面白い。
およそ地球上の全てのビデオゲームが揃ってるんじゃないかって位の
コレクション量にも圧倒されます。
そして何と言っても無尽蔵に出てくる罵倒ワードの数々。
Shit、Fuckは当たり前、「Son of Ass」とかのハイブリッドな新造語も多数。
「魚のマスクをかぶって屋根でトーストにウ○コしながら
『I'm Too Sexy』を歌うのと同じだ」とかどういう思考を経て出てくるんでしょうかw

まあ興味がある人はニコニコで「AVGN」タグで漁っていただくとして、
それのおかげで久々に俺の中でレトロゲーム熱が高まってきて
ファミコンのソフトを改めて色々遊んでみたのですが、その中に
自分は大好きなんだけど世間では正当に評価されておらず、
せめてここでだけでもスポットを当ててあげたいと思ったタイトルがありました。
というわけで今回ご紹介するのが「ソロモンの鍵2~クールミン島救出作戦~」。

F1000191a.jpg

これはリアルタイムで遊んでいたわけではありません。
数年前の俺のレトロゲームコレクション全盛期に、地元の中古屋で
数百円で手に入れた時に初めて存在を知りました。
「2出てたの!?」と。

「ソロモンの鍵」は聞いたことがある人も多いでしょう。
アクションパズルの名作として今なお語り継がれる作品です。
にも関わらず続編のこれは非常に知名度が低く、評価も低い。
前者の理由はリリース年がファミコン最末期の1992年だということ、
そして後者の理由は、ゲーム性が「1」と全く異なること。
今作はアクション要素は気持ち程度で、ほぼ純粋なパズルゲームになっているのです。
雰囲気も妙にファンシーで、前作とは似ても似つかない出来。
そのせいで、前作のファンからはそっぽを向かれる羽目に。
このゲーム、確かに正当な続編とは呼べないけれど
パズルゲームとしてはかなり完成度の高い作品なのです。

基本的なルールを説明すると、
主人公ダーナはジャンプができません。
しかし、1段だけの段差なら登ることができます。
そして、1ブロック分の氷を自分の立ち位置の斜め下に作ることができます。
Aボタンで氷を作成、同じ位置でもう一度Aボタンで氷を消すことができます。
この氷をブロックにして、落としたり滑らせたりして敵に当てると倒せます。
ステージ上に配置された敵を全て倒せばクリアー。

ブロックにするというのはどういうことかというと、
ダーナは自分の斜め下にしか氷が出せず、
斜め下が空いている状況、つまり足場の端にいる時にしか氷を作れません。
そしてその足場の横に氷を生成すると、氷は足場にくっついてしまいます。
つまりブロックにするためには、
氷を足場の横に作る→その横にもう一つ分氷を作る
→最初に作った氷を消す→2つ目に作った氷がブロックとして残る
という手順を踏まないといけないわけです。
画像で示すと、

F1000176.jpg 2つ作って

F1000177.jpg 最初のを消す。

という感じ。
めんどいね。
しかしこれが戦略性の基本となってくるのです。

このブロックは、横から押すと滑って、壁にぶつかれば止まり、敵にぶつかると消えます。
つまり、床に1個だけ壁に接していない状態でブロックがある場合、
ブロックに乗ることはできません。(ブロックが2つ並んでいれば乗れる)
また、画像のステージの左下にある炎のブロックの上には氷を作れません。
他にも移動できるパイプとかいろいろ仕掛けがあるのですが、今回は割愛。

以上のことを踏まえた上で、このステージを解いてみよう!

F1000175.jpg

倒すべき敵は右下の1匹だけ。
簡単に見える?
いやいやそれがなかなか…。
解答は続きから!


続きを読む
関連記事
2012.06.17

廃墟趣味とは

俺が中学の時、同級生にお寺の息子がいました。
バスケ部でクラスの人気者で、俺とは縁遠い位置にいた男でした。
やんちゃで遊び人なキャラの男だったので、あれが将来坊さんになるとは
どうにも想像が付かなかったのですが、彼も今では子供もでき、
立派に坊さんをやっているようです。

そんな彼のお寺兼実家、当時は超山奥にあったのですが、
現在は麓の国道近くに新しく建てたブルジョア極まりないお寺に移転して
営業を続けています。


話は変わってこの俺、
知っての通り廃墟鑑賞が趣味の一つだったりするんですが、
ある日とある廃墟探索サイトを見ていたら




前述の彼の昔のお寺兼実家が
廃墟として紹介されていた。





……


いやー、これはちょっと凹みました…。
何つーか、
「お前の趣味ってそういうことなんだぜ」って言われた感じ。
結局建造物ってのは、主を失った瞬間死ぬんですな。
その死体が弔われず葬られずに置き去りにされたもの、それが廃墟。
そんな死体を有難がって、すげーかっけーこえー言って楽しむのが
俺らみたいな人間の趣味。
ゲス野郎っすよ。


やめねえけどな!!w


ていうか、昔の家放置だったんだ、っていう驚きがまず。
恐らく山奥すぎて重機とか入れられなくて壊せなかったんでしょうな。
プライバシーとか諸々保護のため詳細は書きません。
興味があったら探してみて下さい。


関連記事
Posted at 22:04 | サブカル | COM(0) | TB(1) |