--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.29

栄喜Ⅰ ~encouraged~

「誰もソロになった栄喜の歌を聴こうとしなかった。
当然だよね、ハタから見りゃ一発屋バンドの、今じゃ売れない元ボーカルさ。
納得できなかったよ。栄喜の才能は失われたわけじゃなかった。
ただちょっと世渡りがヘタクソだっただけだ。
ワンコーラスでいい、ちゃんと耳を傾けてくれれば、
カッコいいロックをやってるって、誰にでも分かったはずなんだ」

(野中藍さんの声色でお読み下さい)





…いや別に、誰も聴こうとしなかったわけじゃないんですけど
そこは原文リスペクトってことでご理解下さい。
やめて!石とか投げないで!
というわけでフラゲして参りました。
栄喜のニューアルバム「栄喜I ~encouraged~」。

ぶっちゃけかく言う俺も
SIAM解散後の栄喜の作品は買ってないものがほとんどなんです。
他に持ってるのはソロの一作目とデト3くらいで。
SIAM SHADEが好きだった自分にしてみりゃやっぱり
メンバーのソロ作品ってのはどっかピースが足りない気分が否めなかったもんで。

しかし今回は何としても買おうって気分になったのです。
これまで所謂「売れ線」に走ることを良しとせず
ひたすら北へ北へと進んでいた栄喜が、皮肉にも親しき仲間の死をきっかけに
南にいるファンの方へ振り返ってくれたことが嬉しかったし、
何たって先行e.p.の「Start」や今回の「あのゴール成し遂げる所まで」が
彼本来のメロディーメーカーとしての才能を活かしきった
極めて良質な「J-POPとしての」ロックであったことが大きいです。
やっぱり栄喜の声が一番活きるのはこういう路線なんですよね。

メロディーだけでなく、歌詞やアレンジに関しても
とにかく聴く人の背中を全力で押さんとするエネルギーに満ち溢れています。
今の時代だからこそ必要だと栄喜が信じるロック、
それを彼はもしかしたらまたSIAM SHADEでやりたかったのかも知れません。
結果としてそれは叶わなかったわけですが、
それで良かったんだろうとこの作品を聴けば思えます。
不器用で暑苦しく、しかしどこまでも真っ直ぐな
栄喜の人間性が100%詰まった作品。
バンドによる作品ではここまでの純度は望めなかったと思います。
元SIAM SHADEとかそういう肩書き抜きに、
ソロアーティスト栄喜の作品として胸を張ってオススメできる一枚です。



栄喜I~encouraged~栄喜I~encouraged~
(2013/01/30)
栄喜

商品詳細を見る



あと今回、注目したいのがドラム。
全編に渡ってCROSSFAITHというバンドの
Tatsuyaというドラマーが叩いているのですが、
とにかくパワフルかつ正確で粒立ちの良いドラムを聴かせてくれています。
CROSSFAITHも全米ツアー敢行などかなり勢いに乗ってきているようですし、
今後要注目の若手であることは間違いないでしょう。
合わせてチェックしてみて下さい。





関連記事
スポンサーサイト
Posted at 23:41 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2013.01.13

DULUTH PACK

ずっと使っていたフランス軍のリネンのバッグが
流石に使い込みすぎてズタ袋のようになってきていたので、
新しい普段使いのバッグが欲しいと思い立ったわけです。

ミリタリー系のバッグはどうしても無骨だったり小汚くなりがちなので
今回はもうちょっと小奇麗なやつが欲しい。
ナイロン系のバッグは普段の俺の服装に合わないので
今の気分としてはキャンバス地のバッグ、
例えばフィッシングバッグみたいなデザインだと使いやすいであろうと。

そして俺みたくヲタ趣味をこじらせると
何かしら「ウンチクを語れる」アイテムでないと買う気になれない。
最低でも満たしていたいのが「自国で生産を行なっているブランド」。
そしてなおかつお値段はお手頃なところ、
可能ならば20k以内あたりには収めたい…

という条件を掲げてあちこち探しまわってはみたのですが、
やっぱ自国生産のブランドは高い。
他にも実用性や何かの面で折り合いのつくものがなかなか見つからず、
目ぼしいショップはあらかた回ってしまった後で、
札幌じゃ古株のアメカジショップ「コニーアイランドストア」に
まだ行ってなかったことに気付き、覗いてみると
い~い感じのが見つかったんですよ。


IMG_0065.jpg

IMG_0067.jpg

IMG_0069.jpg


DULUTH PACKというブランド。
アメリカはミネソタ州で1882年に創業、
以来一貫してキャンバス地とハンドクラフトにこだわって
同じ場所で生産を続けているそうです。
ひとつの商品につき一人の職人が全責任を負って製作を行い、
ご覧のとおり、製作者のサインまでちゃんと入っているんです。
俺のはアンナさんという方が作ってくれたらしい。
サンキューアンナさん。

厚手のキャンバス地にレザーをリベットで打ち込んだ堅牢な作り。
使えば使うほど味が出そうな、まさに思い描いた通りの品。
容量やポケットの数も必要十分で実用性もバッチリ。
そしてそんな品が、18kを切るお値段で買えてしまうとは…
探せばあるもんなんですねぇ。

この手のキャンバスバッグってちゃんとしたのは高いのが多い中、
クオリティと安さを両立している点でこのブランドはマジでオススメします。
ネットでも結構取り扱い多いので、気になったら是非。
ステマしときます。

関連記事
2013.01.02

あけましておめでとうございます

最近めっきり更新頻度が落ちているわけですが
それはひとえにVitaのトトリのアトリエをやり込んでいるからで、
それが一段落したらまた色々とやっていきたいと思っている次第ですので
今年もナオキノコラムとなおきをどうぞお引き立ての程よろしくお願いいたします。
さて、新春恒例初売りの話題。

このブログ読者には毎度お馴染みであろう古着屋さんのハイポジ
今年も新年のセールを行なっておりまして
2日に早速覗いて参りました。
そこで見つけてきたのがこれ。


IMG_0056.jpg


以前も記事にしたことのあるフランス軍のM-47パンツなのですが、
分かる人ならこれを見れば違いが分かるかと思います。


IMG_0058.jpg


以前に記事にしたものはトップボタンが1つでしたが、これは2つ。
いわゆる「前期型」というやつなのです。

M-47パンツは大きく前期と後期に分けることができ、
上記のトップボタンの数の他、生地やシルエットに違いがあります。
大雑把に言うなら、前期型のがゴワッとして太い。


IMG_0057.jpg


ほぼ長方形のサイドビュー。
マジ太い、ガチで太い。
けど野暮ったくないのがM-47が数あるミリタリーアイテムの中でも
傑作と呼ばれる所以。
ここまで太くない後期型の方がデイリーユースとしては使いやすいんですが、
前期型も一本は持っておきたいというのが長年の思いでした。
縫製も実に丁寧で、ボタンの雰囲気も良し。
マルタンマルジェラがファッションショーでM-47を裏返して
モデルに穿かせた逸話は有名ですが、
これはフランス軍モノの仕事の丁寧さを見せる狙いがあったんだそうな。


IMG_0059.jpg


そして以前も話題にしたサイズ。
31サイズがなかなか出ないって話をしたかと思いますが、
それでも後期型に関してはある程度出てくるんです。
しかし、前期型となるとほんっとーーーーに出ない。
大体23とかその辺。
M-47のサイズ表記は以前書いた通りで、
23だとただでさえ太いのがさらにサイズで太くなって
とても俺みたいのが着られるシロモノじゃなくなるわけなんです。
前期型が欲しいなぁとは思いつつも、これまでずっとサイズで諦めてきた。
それだけに今回の出会いは本当に嬉しかった!
しかもこれ、デッドストック。
となると、これがどれだけ貴重な一本か分かって頂けるでしょうか?
さながらスイーツ向けラッパーのごとく、出会えたキセキに感謝したくなる
そんな一本なのです。
まずは洗いをかけて軽く縮ませて、
そこからガンガン履きこんで風合いを出していこうと思います。
ちなみに俺、M-47パンツはこれで4本目です。
流石にもういらねえな。

今年も古着に関しては幸先の良いスタートが切れました。
これからどんな出会いがあるかな~。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。