--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.20

SIAM SHADE "Still We Go"




再結成、ライブまではまあもう驚きは無くなりましたが
まさか新曲が聴けるとは…
いや、もちろん期待は常にしていましたが、
本当に作ってくれるとは。
感無量でございます。

それにしても、素直に「いい曲」!
ポップメロディー、ハードな疾走サウンドの
まさに正統SIAM SHADE節…と言いたいところなんですけど
個人的には、案外今までに無かったタイプにも思えます。

いわゆる「SIAM SHADEらしさ」みたいなものって
彼らが現役だった頃はあえて意識はしなかったと思うんですよ。
もちろん「自分たちの個性を見出し、それを活かす」という考えはあったにせよ、
当時は常に新しいものを作り、過去の自分を超える!ということが
大前提にあったでしょうから。

それに対して、この新曲はもう12年ぶりということもあり
これまでの自分たちを客観的に見直す時間は十二分に(12年ぶりだけに)
あったでしょうし、その観点から、長らく待ってくれていたファンのために
「SIAM SHADEらしい曲を作ろう」という意識を持って作られた
曲であろうことは想像に難くありません。
ていうか、DAITAもそんな感じのこと言ってたし。



王道ながらもどこか感じられる目新しさは
彼らが彼ららしさを意識して作った、という
解散を経た今だからこそ為せる業によるものなのでしょう。

しかしながらそれが完全な過去の自己模倣に終わるはずもなく
8ビートの中でも入れ方の細かいバスドラや、大陸的に乾いたギターの音色など
解散後の彼らが積み重ねてきた新たな要素は随所に感じられます。
歌詞に関しても、さいたまスーパーアリーナでのMC
(『希望も未来も前にしかない』ね)を入れ込んでみたり、
『今俺達は一つのSIAM SHADE』という驚愕&感涙のフレーズが飛び出したりと
これまでずっと付いてきたファンなら必ずグッと来るものになってます。
「SIAM SHADE」は「密接した影」って意味なんですよ?これ復習ね?
一度はバラバラになった彼らの影が、
時を経てまた一つに密接することができたという
彼らの絆の証なんですよ、この曲は。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム以外のシンセなどの音が一切入っていないのも、
「この5人だけで作った音を聴いて欲しい」という意思表示にも思えます。

一応YouTubeでもフルで観られますけど、
ちゃんと買ってあげて!iTunes Storeでたったの250円だから!
それがきっとこれからの彼らの活動継続に繋がるはず。
聖地・日本武道館での追加公演も決定しましたし、
ライブDVDリリース、そして更にはニューアルバムのリリースと…
続いてくれるといいなぁ…と、願うばかりであります。



関連記事
スポンサーサイト
Posted at 19:54 | 音楽一般 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.14

おフランスの青モグラさん


IMG_0811a.jpg


フランス古着の定番といえば、
人によってM-47パンツであったりバスクシャツであったり
ブラックシャンブレーのアトリエコートであったりと様々でしょうが、
これを挙げる人はかなり多いんじゃないでしょうか。
続きは以下。


続きを読む
関連記事
2013.09.12

Florsheim Imperial スーパースペシャル


P1010015.jpg


さて、本日も至極のスペシャルをご紹介。

アメリカ靴史上にその名を燦然と輝かせる

名門中の名門“Florsheim”。

さらにその中の上級ライン“Imperial”。

その発足は57年頃と言われていますが、

現在市場に出回るのは殆どが70年代以降のモノ。

そんな“Imperial”の、僅少な“60年代”。

さらに・・・奇跡の“デッドストック”。

しかもその仕様たるや・・・。

垂涎。

驚愕。

悶絶。

“黒の内羽根パンチドキャップトゥ”が入荷です。


(今回のナオキノコラムは
京都の古着屋さん「CAPRi」のブログ風でお送りしているため
ドヤ顔表現が頻発することをご了承、ご容赦下さい)



続きは・・・以下。

続きを読む
関連記事
2013.09.07

DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS-

http://avex.jp/deadendtribute/


DEAD END Tribute(仮)DEAD END Tribute(仮)
(2013/09/04)
V.A.

商品詳細を見る


既に各方面で話題騒然のこのトリビュートアルバム、
90年代V系を愛した人間なら買わないことは到底許されない参加メンツで
当然ながら俺もフラゲ日にゲット致しました。
いやはや、すんばらしい出来で感激の極みでございます。

肝心のDEAD END本体に関しては過去の記事で触れているとおり
復活後の2009年頃にリマスター盤が出たタイミングで
「DEAD LINE」を購入して聴いたのが最初で、
「Ghost of Romance」もレンタルして聴きました。
縁あってライブに足を運んだ経験もあるとはいえ、
まああまりガチなファンとは言いがたい感じですが、
現代に連なるV系のスタイルに与えたその絶大な影響力には
飽くなきリスペクトを禁じ得ません。
音楽も単純にかっこいいしね。
今回は前述の二枚に加え、「Shambara」「Zero」の二枚も
レンタルして聴いた上でトリビュートの鑑賞に臨みました。
というわけで、各曲の参加メンバーを改めて掲載しつつ
俺なりに軽く全曲レビューをしてみたいと思います。
続きは以下。


続きを読む
関連記事
2013.09.01

パスタさとう

南部家の結婚式は掛け値無しに素晴らしかった。
改めておめでとうございます。
末永くお幸せに。

というわけで
練習練習練習ライブ結婚式ライブのハードな一週間が終わり、
昼まで寝て(正確にはニチアサ観て二度寝した)起きた日曜日。

今週頑張ったしどっか昼飯食いに行こうかなと思い立つも遠出する気力も無く、
地元でどっかいいとこあったかな…ないよなぁ…と考えていた時に
思い出したのです、「パスタさとう」のことを。


IMG_0773.jpg


超ご近所。
87年開店ということで相当古い記憶のうちに存在しており
友人の家に遊びに行く時なんかに目の前を通ることは数多くあっても
あまりにも地味なうえに何となく入りづらい雰囲気があって
もう長いこと自分の食べ物屋リストからは除外されていたお店です。

しかしここ、時折思い出したようにググってみたりすると
意外なほど色々なレビューがあるのです。
素材にとことん拘った個性的なパスタを出すお店として
全道から人が集まる知る人ぞ知る存在だそうな。

観光客が通ることはまずないような地味な住宅街の中に位置し
一見さんはお断り以前に知ることもないであろうこのお店が
30年近くも続いているのにはそれなりの理由があるのだろう。
俺もずっとこの街に住み着いてきた住人として
そんなお店に行ったことがないってのはプライドが許さん!
というわけで、サンダル履いてトコトコ歩いて行って参りました。


IMG_0777.jpg


このエントランスにハードルの高さを感じるのは俺だけではないはず。
まず、普通の住宅のドアだし。
そしてこの能書きの多さね。
注文も多いし、さぞやめんどくさい店主なのかなぁとお思いでしょうが
話好きなだけでそんなに変な人じゃありません。
写真撮影も快くOKしてもらえたし。
深く話しこんだらどうなるかは知りませんけども。


IMG_0776.jpg


メニューは黒板。
何も言わなくてもオススメを教えてくれます。
今時期はトマトが非常に良く
(美味しんぼでも紹介された緑健農法で栽培されたトマトらしい)
それを使った冷たいパスタに力を入れているということで
「冷たい具たくさん完熟トマト合え」をチョイス。
「少々お時間かかりますから」と言われた割りには
そこまで待った実感もなく、パスタ到着。


IMG_0774.jpg


でかい器にとにかく沢山の野菜。
その色の鮮やかさに思わずアガる!
つーことで早速実食。


……
うーむ。

しみじみと、うまい。

とにかく野菜が素晴らしい。
「いただきます、とは命をいただくことだ」とはよく言ったもの。
新鮮な野菜の生命力が身体の中に流れこんでくる感じ。

俺の乏しい知識で確認できた範囲では
トマト、レタス、なす、きゅうり(緑、黄色はズッキーニ?)、ピーマン、
長芋、かぶ、らっきょう、オリーブ、いんげん、花豆、
その他よく分からない葉物などが使われていて
フレッシュなもの、マリネされたもの、火の通ったものと
それぞれに適した下ごしらえがなされています。
モノによっては水色とかよく分からない色が付いてるものもありw
肉好きの俺としては野菜ばっかで満足できるのかと不安でしたが
香り豊かなオリーブオイルのコクもあってしっかり満足できました。
「薄味かも知れませんので塩を使って下さい」と言われ
実際ネットのレビューでもそういう声は多かったのですが
俺はこんなもんでいいと思います。風味が活きる。

そば粉を配合して、マシンを使わず手で切っているという生パスタも
独特の風味があって、モチモチでとてもうまいです。
そういやこの店の周りの畑ってそば作ってんだよな。
ひょっとしたらこの辺のものかも?


IMG_0775.jpg


スープとおまけのワンプレート。
(スープは一口飲んじゃったので見た目微妙なのはお許し下さい)
スープはみょうがとしょうがとよく分からない海藻が入っていて妙に和風。
ワンプレートはほおずき、木苺、グースベリー、ミニトマト。
ほおずきって意外と美味しいんすね。

「この街の基準だと高いと言われる」と言ってましたが
誠実に作ってるのが分かるので高いとは思いませんでした。
あったかいパスタもうまいであろうことを確信したので
秋くらいにまた行ってみたいと思います。

小さな個人経営のお店であり、
3名以上で行ってもパスタは2種類しか頼めないので
大人数で押しかけるのはおすすめしません。
技巧の限りを尽くした、みたいな派手なものが出るわけでもないので
札幌とかからわざわざ来るほどかと言われると微妙なとこですが
近くを通った際とかに寄ってみる価値は十分にあります。
不定休なので、電話確認をお忘れなく。


パスタさとう 美唄本店(支店はたぶん無い)
〒072-0004 北海道美唄市東3条北2丁目1−7
0126-64-2737



関連記事
Posted at 23:09 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。