--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.27

古靴小ネタ その6 ~皆さんシカトっすか?超ロイヤル…編~

俺、しばらく様子見てたんですけど
これが古靴ブロガーさんの中で話題になってない理由が分からない。
皆さん気付いてないだけなのか、
気付いてるけど大して重要性を感じていないのか?

何がって、
SUPER8SHOESさんに入荷してるこれですよ。

http://ameblo.jp/super8shoes/entry-11954052749.html
http://www.t-8intl.com/dress/dress1522.html

だってあーた、


d1522-001.jpg


ここからの


d1522-009.jpg


こう来て


d1522-011.jpg


これモンの


d1522-015.jpg


これモンですよ!?

うちに来て下さるFlorsheim好きの方々なら
この4枚の写真が表す意味がお分かりでしょう。
明らかに初期ロイヤルインペリアル、
うちでいうところの超ロイヤル様の一員だと思われます。
しかもこれまでコン様やStratford、プレーントゥのやつや
先日なおけんたさんが落札した激レアフルブローグなんかもありますが
このストラップブーツ仕様は個人的には初見です。
ソールは多分セメントだと思うので
今の目線で見れば若干安っぽい感はありますけど
それでもアッパーの革質、ステッチの仕上げなんかは相当なもんに見えます。
入荷からもう一週間以上経ちますけど動きなし。
インソール入れれば履けるかなって感じなので
正直かなりウズウズしてます。
2万切ってるのって結構お買い得だと思いますよ~。
早いとこ誰か買って、俺のこのウズウズを止めて下さい(笑)


おまけ。
ケンジのヒールとトゥをリペアしました。


IMG_2085.jpg


こういう本格的なリペアって実は初なんです。
やっぱヴィンテージ靴のヒールリペアはキャッツポウに限りますな!
すげー歩きやすくなりました。
これでタイル床もエスカレーターの乗り口も怖くない!



関連記事
スポンサーサイト
2014.11.24

エドモンズ


うぅぅぅぅぅぅぅ

わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ






エドモンドにやられた…
ではなくて
エドモンズにやられた!

禁を破ってしまいました…
しかも東京行き前にして…
つーわけで今回はこのブログ初登場となる
あのメーカーのブツをご紹介致します。
続きは以下。

続きを読む
関連記事
2014.11.18

アニキを本気でメンテしてみた

弟の結婚式も近づいてきたのでシリーズ第二弾というか
当日履く予定のアニキをそろそろスタンバっておく時期なのですが、
丁度先日カメラも買ったことだし
アニキをうpした時の写真がどうもショボくて後悔が残っていたので、
これを機にガッツリ気合入れてメンテをして
それを綺麗な写真に収めよう、ということでやってみました。

まずはアニキには施していなかったグリセリン保湿をし、
どっかで見た手法を参考に乳化性クリームをしっかりと入れ
(指に巻いた布をちょっと水で濡らし、ごく少量のクリームを
毛穴に押し込むようなイメージで薄くのばしていく)、
トゥは自分なりに頑張ってワックスでハイシャインを施し、
それを自然光の元で撮影。
こんな感じになりました。
(サイズちょっとデカいです、ご注意)


DSCN0083.jpg

DSCN0067.jpg


なーんかヘッタクソだなぁ、と思いつつも
これが今の私の精一杯(ガハラさん風)

ハイシャインって以前よりは上手くなったとは思うのですが
それでもまだ難しいですねー。
今回はかなりの数の層を重ねたのですが
なかなかツルツルピカピカな感じにはなってくれません。
毛穴が意外と潰れないんですよね。
もっとごそっと塗った方がいいのかな?
それもなかなか怖くて出来ないのですが…。
匠の方、アドバイスお願い致します。


関連記事
2014.11.15

ライブ告知

盟友うたうたい幸井藤子のバックでベースを弾きます。
ピアノボーカル、ギター、ベースと相変わらずドラムレスな編成ですが
週末の夜を音楽と共に過ごされたい方、如何でしょうか。
蝦夷松の吟遊詩人・牧貴之さんも出ますよ。


11/21(金)
Cafe Mellow
札幌市白石区南郷通1丁目北2−32
011-827-0114

【出演】
・牧 貴之
・と び
・調整中
・コイズミサトシ
・幸井 藤子(ピアノ弾き語り)
・加藤 州秀

OPEN 19:00/START 19:30
チャージ1500円 1D+おつまみ付
CLOSE 23:00



関連記事
Posted at 22:20 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |
2014.11.12

デジカメ

弟の結婚式も近づいてきたし、
自分のカメラというのを持っていなかったので
デジカメを購入しました。


IMG_2030.jpg


NikonのCOOLPIX P340。
カメラのことは全然詳しくないし用語もよく分からんのですが
電子ズームは5倍と物足りないものの、
広角幅とレンズが明るいということでこれに決定。
競合機種であるCanonのPowerShot S120が評判良かったんですが
この何の飾り気もない無骨極まるデザインが気に入ってしまいまして。
後はニッコールレンズってのが有名であることと
御嶽山噴火で破損したカメラを無償で直したという
Nikonの心意気も汲んで…みたいな。

一応買う前に雑誌を見てはみたんですが
「スマホのカメラの高性能化が進む中で
コンデジの存在意義は薄れつつあり…」
とか書いてあって、コンデジ買う気まんまんだった俺は
ちょっと躊躇してしまったのですが。
それでもまあやっぱりズーム機能なんかは
未だにカメラに一日の長がありますし
スマホじゃ撮るのに気合入んないんすよね、やっぱ。
ちゃんとした写真はカメラで撮らないと。

で、今日は休みだったのですが
今日が雪が降る前の最後の穏やかな日であるということで
カメラ持って、地元のクソ田舎を彷徨って
自己満写真を色々撮ってきました。
よろしければ御覧下さい。
(Flickr使うの初めてなんで見れないとかあったら教えて下さい)

https://www.flickr.com/photos/127569704@N05/sets/72157646923645204/

カメラに装備されてるフィルターをちょっと使った
あざとい写真も数点入ってます。
あと、とある写真にぼんやり俺が写り込んじゃってます。
さあどこでしょう?


関連記事
2014.11.07

スープカリー イエロー


IMG_2018.jpg


所謂「名物」と呼ばれるものには、
地元民も好んで食べるものと、観光客しか食べないようなものと
二種類に分かれるかと思いますが、札幌におけるスープカレーは
そのうちの前者に入るかと思われます。
その例に漏れず、俺も外食する時はその選択肢の多くにおいて
スープカレーを選ぶ人間なのですが、
保守的な人間である俺は毎回あちこち店を変えるよりは
確実に満足できる店にひたすら通い続けるタイプです。
俺にとって、その「確実に満足できる店」にあたるのが
今回ご紹介する「スープカリー イエロー」です。
続きは以下。


続きを読む
関連記事
Posted at 02:59 | 食べ物 | COM(0) | TB(0) |
2014.11.05

ベネチアンクリーム

こんなこと言うと古靴好きの方々に殴られそうですが、
自分は古靴好きではあるのですが、生来のものぐさが災いし
実のところシューケアに関しては決して好きな方ではありません。
なので、ケアへの低いテンションを実行に至るレベルまで持っていくために
新たなケアグッズを購入して無理矢理上げるという手段を
たまに取ったりします。
そんな感じで今回入手したのがこちら。


IMG_1992.jpg


ベネチアンクリィーーーーム。
SUPER8SHOESさんに再入荷との情報があったのでポチりました。

一般の方はまず目にすることはないであろう
ちょっとマニアックなこちらの商品、
Aldenを始めとする多数の有名メーカーの製品に用いられている
コードバンを生産している皮革メーカー・ホーウィン社の社長が
コードバンケアに推奨しているクリームということで
愛好家の間ではそれなりの知名度のあるグッズです。
今回はこいつを用いて、我が家の唯一のコードバン靴である
ケンゾウ君をケアしてみようという企画です。


IMG_1996.jpg


ケア前。
ゆーても履いた後に毎回ブラッシングはしているので
そんなに汚くなってるわけでもないのですが、
それ以外は今年一年ほとんど何もしていないので
(ホーウィンのコードバンは鞣しの段階でオイルをガッツリ入れているので
そんなに神経質にケアする必要はないという話もありますが)
そろそろやっとくかという感じでスタンバイOK。
クリームの蓋オープン。


IMG_1998.jpg


これは振り混ぜた段階で
瓶の口に膜のようにクリームが張っている状態で、
実際はこんなにピッチピチに入っているわけではないのですが
質感は半固形部分と油分がゆるく混ざっている感じで
バーニャカウダソースのようなイメージ。
(バーニャカウダなんて食ったことないですが)
こいつを布に取って塗りこみ
ブラシで馴染ませた後しばらく置いて乾拭き。
出来上がりがこちら。


IMG_1999.jpg


…うん、まあ、元々大して汚れてもなかったんで
変化は分かりづらいのですが
全体につるりと上品なツヤが出ているかと思います。

個人的に感じたことは、
このクリームがコードバンケアに良いという理由は
良いツヤが出るとか成分がコードバンに良いというよりも
ただ単に塗りやすい、という点が大きいような気がしてます。
コードバンという素材は傷が付きやすく
固い豚毛ブラシとかでガシガシやるとまずかったりするのですが、
そこにおいてこのベネチアンクリームの適度な流動性と油分が
塗り広げやすく馴染ませやすい。
一般的な乳化性クリームより柔らかいし、
モウブレイのクリームナチュラーレみたいにすぐ乾いてしまうこともない。
ガシガシ擦らなくても馴染んでくれるので非常に使いやすい。
というところがいいんじゃないかな、と個人的には思ってます。
モウブレイのアニリンカーフクリームって使ったことないんですけど
あれと似たような感じなのかなぁ。
まあ、現状コードバンケアに不足を感じていない人は
あえて買うほどのもんでもないとは思います。
瓶がかっこいいのでシューケア用具入れにハクは付きます。
そのへん求めて買うのもアリ…か?


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。