2014.12.29

ツイードジャケット

大人の男なら持ってないといけないものの一つ、
それがツイードのジャケット。

なのですが、普段そういう格好をする機会もないもので
興味はありつつもこれまで所有してこなかった俺ですが、
年末にとあるパーティーに出席することになったので
この機会にと一着購入しようということに。
しかしながら新品はなかなかパッとは手を出しづらいお値段なので
俺らしく古着屋で探すことに致しました。

季節は冬まっただ中、当然ツイードジャケットの需要も高まるこの時期、
良い物はすぐ売れてしまうようでなかなか選択肢も少ない中
4プラ4F「4ave apartment shoppe」にて選んできたのがこちら。


IMG_2171.jpg


白と黒のヘリンボーン、2つボタン。
程よく味の出たくるみボタンがいい感じ。


IMG_2173.jpg


アメリカ製ですが、生地はハリスツイード。
今更ハリスツイードに関して解説なんぞしないので
各自おググり下さい。


IMG_2174.jpg


ブランド名もショップ名もなんも無し。
これは違いますよね?多分…

モノ自体は良いものです。これで一万切ります。お買い得!
しかし。
古着でジャケットを買うことの難しさ、知ってる人は知ってるでしょう。
ジャケットというのは時代性がモロに出るアイテム。
肩幅、肩パッドの入り方、胴回り、着丈、袖周りなどなど…
素材や作りが良くても、形がダサくて着られない。
そういうもんがほとんどなのです。

このジャケットに関しても、譲れない点はきっちりチェックして買いました。
肩幅はジャストだし、パッドもそんなに分厚くない。
肩のシルエットも良し。胴回りのシェイプ具合も丁度良い。
袖丈も問題なし。
ですが、やはり…
上の写真見て分かる方はお分かりの通り、着丈が随分長いです。
あと、二の腕のあたりも若干野暮ったいのでシェイプしたい。
よろしい、ならばお直しだ。

以前は古着をお直しってのは抵抗があったんですよ。
それも含めて愛してこそだろ!みたいな。
しかし改めて考えてみれば、ヴィンテージの洋服だって
作られた当時はその時代の最先端の流行に乗せて作られたもの。
洋服は時代の流行に合わせて着るのが自然な行為である。
と考えれば、最近は前ほどお直しに抵抗は無くなっている俺です。
ミリタリーの実物を着るかレプリカを着るかってのはまた別の話ですが…
ともあれ今回は、値段、アクセス、HPの雰囲気など勘案してこちらに依頼。

洋服直しのメジャー
http://www.0704.jp/

着丈を5cm、二の腕周りを1cmほど詰めてもらって
出来上がったのがこちら。


IMG_2172.jpg


ぐっと今っぽくなりましたね。
いかにも詰めたって不自然さもそんなに無いはず。
肩の辺りに小穴があって、それもカケツギしてもらったので
結局お直し代がジャケット代より高くなりましたが…(苦笑)
まあそれでも新品買うよりずっと安いしね。
これでずっと着られます。

つーことで普段しないパーティコーデなぞしたもんで
折角なのでこれも普段しない自画撮りなんかしちゃいました。
ナルっぽくて恥ずかしいからやらないのよ、あんまり。


IMG_2152.jpg


シャツ:ザムラーシャツ
ネクタイ:ブルックスブラザーズ メーカーズ 黒タグ
ベスト:フランス軍 ウールベスト ネイビー(レアですよこれは)
チーフ:ヤフオクで買ったよく分からない日本製のやつ
パンツ:ユナイテッドアローズ グリーンレーベル コットンパンツ(セール品)
シューズ(写ってないけど):パラブーツ
おぼうし:ハンナハッツ グレーネップ

とまあ、格好はキマったんですけど
パーティで演奏したベースがグッダグダだったので
何かホロ苦いパーティになってしまいました…
とほほ。

恐らくこれが今年最後の記事でしょうかね。
皆様、良いお年をお迎えください。
来年もナオキノコラムを宜しくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト