2015.01.27

G.A.P

と言っても、ファッションブランドのアレではありません。


f0abd37d.jpg


当然コレでもありません。
果たしてその正体は?
続きは以下。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
Posted at 23:31 | 音楽一般 | COM(3) | TB(0) |
2015.01.09

BABYMETAL その2

俺のTwitter見てくれてる人はもういい加減おめえうぜえよって感じでしょうが
BABYMETAL熱が最近さらに悪化しつつあります。

今年は年明け早々に去年行われた武道館2daysのDVD/Blu-ray、
ライブアルバムが同時発売。
(ライブアルバムのマスタリングは何とあのTED JENSEN!)


LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [Blu-ray]LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [Blu-ray]
(2015/01/07)
BABYMETAL

商品詳細を見る

LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [DVD]LIVE AT BUDOKAN~ RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE ~ [DVD]
(2015/01/07)
BABYMETAL

商品詳細を見る

LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~(初回生産盤)LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~(初回生産盤)
(2015/01/07)
BABYMETAL

商品詳細を見る


ライブアルバムの初回盤には、
ワールドツアー追加公演のロンドンはO2アカデミーで行われたライブにて
初披露となった新曲「Road of Resistance」のダウンロードコードが付属。
(ギターにはDragonForceのハーマン・リとサム・トットマンが参加!)





そして明日、10日には遂にチケット秒殺となった
さいたまスーパーアリーナ公演「新春キツネ祭り」が開催。
久しぶりの大規模な国内公演だけに新規展開の発表も必至であり
怒涛の攻勢にモッシュッシュメイトは嬉しい悲鳴を上げております。

そんなわけで、主にTwitterで日々キモい思いの丈を綴っている俺ですが
彼女らの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいと最近つとに思っているのです。
ここ周辺では幸子やかやしまさん辺りは多少反応はしてくれるのですが
もっともっとその輪を太く広げていきたい。

と考えた時に。
昨年末にかのNHKが投下した
素晴らしいティーヴィープログラムがあるわけなんですよ。
BABYMETAL現象 ~世界が熱狂する理由~」と題された番組なのですが、
これ、現在の彼女らをプレゼンするにはもってこいの内容なのです。
NHKって時々本気出すとすごいの作るんですよ。
やっぱり伊達に国営放送名乗ってない。
これまで奴らの横暴に受信料支払い拒否を貫いてきたメタラーであっても
渋谷の方角に向かって土下座ヘドバンを禁じ得ない素晴らしさ。

とにかく。
騙されたと思って。
これ、見てみてつかあさい。
これでハマれなかったらもう御縁が無かったってことで。
是非ハマって一緒にモッシュッシュしましょうぜぇ。



BABYMETAL現象 NHK 2014/12/21 投稿者 kizackree



関連記事
Posted at 22:20 | 音楽一般 | COM(4) | TB(0) |
2015.01.03

キノコの本の話(追記あり)

あけましておめでとうございます。
本年もナオキノコラムを何卒宜しくお願い致します。

さて、新年一発目の記事ですが。
昨年末は友人の幸子経由で色々な人に紹介される機会があったのですが
その際、幸子が必ずと言っていいほど俺のことを
「キノコ博士」
として紹介するのです。
実際のところ自分には博士と呼べるほど詳細な知識はないし
キノコにさして興味のない人に自分を
「この人めっちゃキノコ詳しいんだよ!」と紹介されて
「わー、すごーい(お、おう…別に大して興味ないけど…)」という
微妙な空気になるのがとても申し訳なかったりするのですが、
やはり一般の人にとって「キノコが好き」ということは
割と奇異に映るようです。
(「食べること」なら普通なのでしょうけど、
「佇まいが好き」というと例外なく怪訝な顔をされます)

自分は人生の早いうちにリア充の道を踏み外してしまったせいで
そういう「特殊な趣味を持つ自分」をキャラクターとして
差別化することでアイデンティティを保ってきた面があり、
そこにはプライドと自己嫌悪が同居する複雑な状況なのですが
そういうことが重なったせいで改めて
自分とキノコの関わりというものについて考えるようになりました。
今回はそういう自分を醸成する上で大きな役割を果たしたであろう
「キノコの本」のお話。
続きは以下。


続きを読む
関連記事
Posted at 01:10 | キノコ | COM(4) | TB(0) |