2016.09.18

一人旅とマイク・キンセラ

レンタカーで一人旅に行くことにしました。
洞爺湖近辺。
宿以外は特に何も決めず、道中の俺の心の琴線に触れる
キワいブツやスポットを探し回る予定です。
台風来んな。

俺がこういう一人でフラッと何かをしたくなる行動原理というのは
多分にノスタルジーが関係しています。
洞爺湖というのも、子供の頃にサンパレスに行った思い出があって
大人になって改めてその思い出を追体験したいという目的があるからです。
なので、特に何も決めずとは言いましたが
サンパレスで温泉に入るってのはマストで予定に入ってます。

で、そんな俺のノスタルジーを盛り上げるために
有効なアイテムがマイク・キンセラの音楽。
別に昔聴いたとかそういうわけじゃなく全然大人になってから知ったものですが
彼の歌声とギター、コードワークは俺の心の奥底を
ガシガシ掘り起こす何かがあるのです。

iPhoneをカーオーディオに繋げて聴ければ楽でいいんですが
恐らくレンタカーにそんな機能は付いていないので
聴きたい音楽はCDに焼いて持っていくことになるのですが、
そんなに何枚も焼けないので今回は
全てマイク・キンセラ縛りで持って行こうと思っています。

俺は前々からマイクの音楽は100万枚売れなきゃおかしいと思っているので
旅ついでに今回の記事でいくつかご紹介したいと思います。

まずは彼のキャリアにおける最重要曲、
American Footballの"Never Meant"。
再結成後のライブ動画でお楽しみ下さい。
途中でスッと入ってくるタンバリン野郎がマジでいい仕事してます。





次はソロになってからの比較的新しい曲ですが
個人的に彼のキャリア屈指の名曲&名アレンジだと思っている"A Fever"。
とにかくもう切なくて格好良くてどうしようもない!
何でこんなに変拍子を自然に聴かせられるんだろう…。
一年前に友人の石井くんに「多分石井くんこれ好きだと思う」って聴かせて
それから石井くんがマジで一年中聴いてる曲です。





最後は遂に来月発売となる再結成アメフトの新譜から二曲、
"I've Been So Lost For So Long"と"Give Me The Gun"。
前者は比較的昔のスタイルを踏襲した感じで
後者はそれにマイクのソロキャリアで身に付けた感覚をより多めに混ぜた、
という印象があります。
個人的には後者がかなり好きですね。
忙しなくビートを刻むドラムに乗る非常にシンプルなギターとヴィブラフォン。
シカゴ音響派の2016年スタイルって感じがします。
もうちょっと早くリリースしてくれたなら旅のお供にできたのに…







磨き上げられた音色のギターと、枯れた歌声と。
共に旅に出てまいります。
行ってきます。



関連記事
スポンサーサイト
Posted at 02:07 | 音楽一般 | COM(2) | TB(0) |