--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.31

イカ天復活祭

すんげー面白かった!
年末年始の特番では間違いなく一番でしょう。

ブランキーは当時からやっぱり最高に格好良かった。
BEGINはため息が出るほど素晴らしかった。
人間椅子は真の日本のロックだ(今も)。
たまのミュージシャンシップは一緒に見ていた親父も思わず唸るほどだった。
フライングキッズも、マルコシアスバンプも、宮尾すすむと日本の社長もみんな格好良かった。

ていうか、みんなうめえ!超うめえ。アマチュアとか全く関係なし。
立ち位置はイロモノのバンドであっても超本気。
普段ビジュアル系インディーズバンドのへったくそな音とか聴き慣れてしまっている俺だけに、人前できちんとしたクオリティで演奏するということの重要性を今更ながらに気付かされました。当時のバンドは(全てではないにしろ)それを当然にやってたんだなぁ。
原宿や武道館の盛り上がり方にしろ、当時イカ天を取り巻いていたムーブメントのパワーの凄まじさというものを思い知らされました。

最後に三宅裕司も言っていた通り、「またこういう番組を作って欲しい」と思う一方で、結局バンドがメディアに振り回されて食い潰されるだけの結末が待っている気がして、やはり「ああいう時代もあったね」と懐かしむだけに留めるのが一番なのかなと思う俺でありました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/128-e421f516
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。