--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.26

R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス

R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス (カプコンオフィシャルブックス)
(2008/03)
不明

商品詳細を見る

こいつは、はっきり言ってすげえっすよ。

シリーズ統括プロデューサーの稲船敬二氏&漫画界きってのロックマニア・有賀ヒトシ氏の共同監修って時点で半端なものになるはずもなく。
本家&Xシリーズの公式イラスト及び関連イラスト、設定画をほぼ全てって感じの勢いで網羅。(海外版「MEGAMAN」のイラストまであるw)
クリエイターさん達の愛に溢れたコメントも盛りだくさん。稲船さんのゼロ溺愛っぷりは異常w
ファンはもちろん、製作者の方々にもこれだけ愛されているから20年続くシリーズになったのだなぁとしみじみ実感。

個人的には、村田雄介氏(週刊少年ジャンプ連載「アイシールド21」作画担当)の寄稿が嬉しかったです。
彼が子供の頃、ロックマンシリーズ恒例のボスキャラ募集に応募して、「ロックマン4」のダストマン、「ロックマン5」のクリスタルマンという二体のボスキャラで本採用になったという逸話はロックマニアの間では有名な話ではあるんですが、俺の知る限りではその「ダストマンとクリスタルマンを描いた村田氏」=「アイシールド21の村田氏」であるという明確なソースはこれまでなかったのです。しかし今回の寄稿によって、それがまぎれもない事実だということが証明されたわけです。
ボスキャラ募集の歴史の中で、唯一二度のワイリー賞(本採用)を受賞した村田氏は、ライト賞(佳作)すら受賞経験のない俺にとっては神のような存在であり、俺の心から愛したゲームにそういう形で深く関わった人が今人気漫画家として名を成していることがここで事実として証明されたことがとにかく嬉しかったのですよ。

ニコニコ動画の(いい意味でも悪い意味でも)影響もあり、20周年を迎えた今なお盛り上がりを見せるロックマンシリーズ。
この本はそれを総括するに相応しい、まさに集大成。
一般人にはオススメしませんが、マニアなら嫁を質に入れても手に入れろ!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/147-5f8482ee
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。