--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.27

特にどうということもない話

家にあるCDをかたっぱしから(とはいえ、ある程度は吟味しつつ)iPodに入れていくと、そこまで聴き込んでいないCDも中にはあり、それらを全てシャッフルで聴いていると、中には「あれ?これ、何に入ってたっけ」ってのもあったりするのは俺だけでしょうかね。

今日はそんな中で、やたらと心に染みる素晴らしい曲に出会ってちょっと感動してしまいまして。
Skid Row「Subhuman Race」収録の「Breakin' Down」。
俺の部屋のコンポがずいぶん前から壊れてて、壊れたあとで買ったCDなんであまり聴き込んでいなかったものなんですが。
とにかくコード使いと展開の妙というか、切なさ全開のミディアムナンバー。
切なさってもまあ色々あるでしょうが、この曲のそれはまさに往年のアメリカンHRのど真ん中を行く感じ。ベタにハッピーエンドで終わるアメリカ映画のラストに流れるともうたまんなくなるような。モトリーの「Don't Go Away Mad」にも似た感じと申しましょうか。やっぱ俺は基本的にヨーロッパよりアメリカの音楽が好きなんだなぁと実感した次第。
バズ期では最後のオリジナルアルバムなので、彼のエモーショナルな歌唱もまさに円熟の極みを迎えたといった趣で本当に素晴らしいのですよ。


とにかくこの感動を誰かに伝えたかったという、ただそれだけの話。


ビデオ見つけたんで貼っておきます。



Subhuman RaceSubhuman Race
(1995/03/28)
Skid Row

商品詳細を見る


追記:ていうか、実際映画の主題歌だったそうな。「ゴッド・アーミー」とかあんまり聞かない名前の。
どんなラストか知らんけど。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/156-47b7e15e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やー懐かしいね!高校の頃,よく聴きました,この曲。
CD引っ張り出して見ます。ではまた。
Posted by しでも at 2008.05.27 13:22 | 編集
懐かしいっすか。俺は後追いなんで全然リアルタイムなんですよねぇ(何か文章おかしいな)。
つかもうこういうアメリカンハードロックも世間的には古いもんなんだよなぁ。いいもんはいつまでたってもいいと思うんですが。
こないだもMステに全米1位だかのHIPHOPアーティストが来てましたが、何がいいんだかさっぱり分からなかったなぁ…。
Posted by なおき at 2008.05.27 23:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。