2008.09.17

TVチャンピオンが

終わるんだってさ。

http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/

個人的にとても好きな番組だったので残念です。
競技内容に疑問を感じることもありましたが、純粋にすげえ人間同士を競わせるという単純明快なコンセプトはやはり魅力的でした。
「和菓子職人選手権」とか「寿司職人選手権」とか「手先が器用選手権」とか「プロモデラー選手権」とか…好きな競技が色々ありました。
さかなクンの出てた「魚通選手権」なんかも多分第一回から見てたような。

そしてTVチャンピオンといえばやはり大食い。
色んなスターが出ましたねぇ。女王赤坂、ホットドッグの小林君、ギャル曽根、ジャイアント白田…。
一時期フードバトルとかいう変なブームができて死人が出たりとかの逆風もありましたが、そういうのを乗り越えて未だ定期的にどこかで行われている大食い。江戸時代とかからそういう文化はあったみたいですし、何か人間の根源に訴えかけるものがあるんでしょうね。

インターネットの普及とか諸要素でテレビも大変な時代ですが、できるだけ面白い番組は続けていって欲しいものです。
「なんでも鑑定団」だけは続けて下さいな、テレ東さん。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/177-dd8d3079
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あー、残念っすねぇ。

大食いに関しては、
確かT○Sがあからさまに食べ物をお粗末にする感じのフードファイトを始めたのが原因で、
TVチャンピオンに関しては、
「ご当地の美味しいものをお腹いっぱい食べる」
のコンセプトを崩してなかった気がします。
最近はわからんですけども。
Posted by いまい at 2008.09.17 01:06 | 編集
確かにTBSのはそんな感じだったかもなぁ。
ご当地の美味しいものといって強く覚えているのは、お茶漬け対決で出てきた北海道の鮭とイクラのお茶漬けですな。
本来お茶漬けが嫌いらしいギャル曽根が「超美味しい~」ってガツガツ食ってたのが印象的でした。食べてみたいな。
Posted by なおき at 2008.09.17 22:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する