2006.04.12

pierrot解散

ですよ、皆さん。

http://www.pierrot-site.com/news/0412.php

一つの大きな流れが途絶えてしまったな、という感じです。
ビジュアル系の動員が軒並み下がっている昨今、pierrotは日武2daysやたまアリ2daysを埋められる強固なファン層に支えられていたバンドで、そういう大黒柱的存在がいなくなってしまうとビジュアル業界全体が勢いを失ってしまうのではないかと思ったりもします。

とにかく彼らは初めから異端でした。大胆な終末思想やアジテーションを盛り込んだ歌詞、シンセギターや奇妙なリズムをふんだんに取り入れた特異なアレンジなど、どれも彼らにしかないものでした。
その特異さゆえ、後にも彼らに似たバンドは今のところ出てきておらず、一見後続への影響は小さいように思われますが、カリスマ的ボーカリストのキリトを中心としたその圧倒的な存在感は確実にビジュアル系の歴史に重要な足跡を刻み込んだと思います。
それぞれのメンバーの行く末はまだ分かりませんが、また何らかの形で我々に衝撃を与えてくれることを願うばかりです。

しかし、少し前にLa'cryma Christiを脱退したKOJIが潤とバンドを始めるとは何たる皮肉…。
http://www.alvino.jp/

ところで、色々書いてきて何ですが、ぶっちゃけ俺pierrotは「PRIVATE ENEMY」より後は聴いてないのです。
しかしそれでも、彼らの最高傑作は彼らがインディーズの頃に残したこれだと信じて疑わない俺です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/19-24f8b699
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する