--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.03

ビジュアル系話諸々

珠(完全初回限定盤)(DVD付)珠(完全初回限定盤)(DVD付)
(2009/04/01)
Kagrra

商品詳細を見る

傑作です。
とにかく「ジャパネスク」かつ「ロック」なアルバム。
骨太かつ雅なKagrra,サウンドがお腹いっぱい楽しめます!

やっぱり箏弾けるメンバーがいるってのは強いなぁと。
ただの装飾でなく、意識的にもはやギターとほぼ並列で鳴らされる箏の響きは、今のKagrra,の最大の武器の一つでしょう。
邦楽界全体で見ても非常に個性的なバンドだと思うなぁ。

んでねぇ、リードトラックの「桜月夜」がまたね…
こういう言い方は嫌いなんですが、ホント「泣ける」。付属のPVも合わせて見ると尚更。
亡き父を想う娘…って世界観なんですが、そういうの抜きにしてもメロディーやアレンジだけで、その優しく切ない響きに涙腺崩壊ですよ。
ギターソロ最後の感情のこもりっぷりはマジヤバい!



あと、今更ながらに知ったんですが、
週刊少年ジャンプ「ぬらりひょんの孫」の作者の椎橋寛さんが昔からのKagrra,ファンなんだそうです。
一志と交流の深い「新耳袋」シリーズでおなじみの木原浩勝さんを通して繋がりができたようで、電話で話したりもしたそうです。
個人的に単行本も買ってる作品なので、この繋がりは嬉しいなぁ。
こうなったらアニメ化まで頑張ってもらって、何としても主題歌にはKagrra,を…。
いやマジで、実現しそうな話ではありますよね。


んで。
cali≠gari復活ですよマジで。期間限定らしいけど。
音楽性はどんなんになるのかなぁ。
個人的には、彼らは元々青のバンドだったところに、石井秀二という強烈な個性が入ってきて、青がそれを変に尊重し過ぎちゃった結果、イニシアチブが取れなくなって解散って印象が強いので、今回は青に頑張って欲しいかなぁ。カリガリで好きなのってやっぱ青の曲だし。
とは言ってもやっぱり「7」「8」あたりの延長になるんでしょうけどね。
とりあえずはアルバムです。
高ぇ!
でも絶対買う!

cali≠gariの世界(初回限定盤)(DVD付)cali≠gariの世界(初回限定盤)(DVD付)
(2009/05/20)
cali gari

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/215-6dcbdc47
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。