2009.07.12

職人

職人って憧れますよね。
己の技術をひたすらに磨き上げ、大量生産では作り得ない質の高い物をストイックに作り続ける。
俺も何かしらそういう職人の拘りの詰まった物を手元に置いて、一生モノとして使い続けていきたい気持ちがあるわけですが。

うちの職場の新人さんが、靴職人のタマゴみたいな人らしく。
専門学校で学んで、メーカーにも勤めた後、実家に戻って独立へ向けて腕を磨いているところだそうな。
何とも応援したくなる話じゃないですか。
たまたま好きな服屋(Arch)が同じだったりと気が合うところもあり。
一足作って下さいとお願いしてしまいました。
彼の未来に投資してみたいと思ったわけです。
彼が将来、そこそこでも名の売れる職人になったとしたら、何か誇らしい話ですよね。
そうでなくても、やはり顔の見える人に作ってもらうというのは信用がおけますし。

なかなか時間が合わないようで、採寸もいつできるか分からない状況ですが、まあ気長に待とうと思います。
楽しみだなぁ。


最近の愛聴盤。

EingyaEingya
(2008/04/09)
Helios

商品詳細を見る


感情を抑えた優しい音で紡がれる、「静謐」という言葉が似合うような音楽。
なのに、胸を締め付けられるような切なさがある。
ジャケットのイラストそのまんまの世界観です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/232-54c3267f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する