--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.16

諸々

メガマソがメジャーデビューするそうですな。

http://news.walkerplus.com/2009/0915/15/

ようやくか…といった感じです。
メガマソのリーダー涼平は、もともと彩冷える(読み方は「アヤビエ」)というバンドでリーダーをやっていたんですが、途中で脱退してこのメガマソを結成したわけです。
リーダーにしてメインコンポーザーである涼平を失った彩冷えるですが、それでもめげずに新ギタリストの夢人を入れて堅実に活動を続けた結果、何とメガマソよりも先にメジャーデビューしてしまいました(まあ、涼平の作る個性的な楽曲が無くなって、今じゃ聴く理由が何一つ見つけられない厨御用達バンドに成り下がってしまったわけですが…)。
涼平はとにかく「売れる事に対する欲求」を隠さないタイプで、それだけに昔いたバンドに先を越されてしまったときは相当悔しかっただろうなぁと思っていたのですが、ようやく一つ階段を上がる事が出来てまあ良かったねという感じです。

涼平は、ビジュアル系には珍しくルーツにツェッペリンやらMAGMAやらを持つ結構な音楽マニアで、良いか悪いかは別として他のどのバンドにも似ない個性的な楽曲を作る男です。ギターはド下手クソですがw
慶応卒(…卒業したのか?)のインテリでもあり、哲学的で難解な歌詞も彼らの個性の一つとなってます。最近では平成教育委員会なんかにも出演してたようですね。
音源は彩冷える時代のしか持ってませんが、メジャーデビューシングルはご祝儀に買ってあげようかと思っております。

しかし、今更やたら涼平が可愛いとニュースで騒がれておりますが…何だかなぁ。
今時もっと美人さんの女形バンドマンなんて腐るほどいるし。
でもまあ、「星降町にて」の涼平は可愛かった。
というわけでそちらのPVをご紹介。




・期待を裏切らない名盤です。

ニュー・リーヴスニュー・リーヴス
(2009/09/16)
オーウェン

商品詳細を見る


http://www.myspace.com/mybandowen

前作から3年の間にマイクもパパさんになり、その歌声とメロディーはさらに優しさと暖かみを増しています。
しかしそれに乗せられる歌詞は、実に辛辣で心の傷をえぐるようなものが多いのが印象的。
思うに、彼もこれまでの人生で様々な経験をして、人生は綺麗事だけじゃ回らないことを人一倍分かっているのでしょう。
だから彼の音楽は強い。柔らかい表皮の中に、強靱な芯を持った音楽。
「極めてオーガニックな音が、力の抜けたレイドバックの結果としてではなく、その1つ1つの音の向こう側から職人気質の極みのようなミュージシャンシップの産物としての凛とした響きをも同時に持っている」というのはライナーノーツからの抜粋ですが、まさにその通りで、一見全くもってリラックスして鳴らされているようなその音が、その実一つたりとも無駄のない鉄壁のアレンジでもって配置されていることがよく分かります。
ポストロックとかインディーロックとか狭い枠組みでなく、純粋に素晴らしい音楽を奏でるシンガーソングライターとして評価をしてもらいたい。
100万枚くらい売れてもおかしくない音楽だと思うんですけどねぇ。どうなんでしょう。

・携帯が4代替わる間ず~っと替えずに共に過ごしてきたストラップ(初代に付いてきたもの)がいい加減ボロボロになってきたので、新調しようと思い買ったストラップが、そのモノから買った店から全く親父のものと一緒だったということに後から気付きました。
何てこった…orz
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/247-5690fe6e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。