2009.12.15

逆有線大賞

年の瀬ですね。
有線大賞の発表ももうすぐとなって参りました。

しかし世間の人にとっての有線がどういうものかは知りませんが、
俺にとっての有線は、8割方毒電波のプログラムを延々ループで流し続ける騒音公害でしかありません。
もちろんチャンネルによって違いはあるのでしょうが、
俺の職場を初めとして多くの販売業の現場で採用されている「A-26」チャンネルは、
スイーツとDQNとゆとりのための選りすぐりの楽曲で構成された、悪魔のチャンネルであると言えます。

そんなA-26をこの一年間聞かされ続けた俺プレゼンツでお送りする、
今年度の「逆」有線大賞TOP5をテーマとして今回の更新と致します。
気になる順位の発表は「続きを読む」から!


☆第5位☆

心の瞳/アンダーグラフ

ぱっと聞きは何となく良い曲?と思わせるメロディーなのですが、よく聞くと歌詞が実に酷い。
最終的に何を言いたいのか分からない抽象的でいじけた内容、
そしてそんなショボい歌詞に見合ってない壮大なアレンジがまたムカつきます。
「駅へと向かう階段ですれ違いざまぶつかる 誰しもが存在を表したくて仕方ない」
んなわけねーだろ!!
大して悩んでもないだろうにウジウジウジウジと、ぶん殴りたくなります。




☆第4位☆

情熱の代償/GIRL NEXT DOOR

そんな理由で捨てられちゃ、彼氏も浮かばれんわなぁ。
エイベックスがこいつらにかけた金で、アフリカの子供達が何人救われるんだろうか。




☆第3位☆

時代/上松秀実

社会派気取った傍観者の言いっぱなしジャーマンソング。
「あなたには何が出来るかな 私はここで歌ってるよ」
じゃねぇよ。お前も何かしろよ。




☆第2位☆

会いにゆきます feat. 竹仲絵里/高野健一

キモい!!!
以上!




☆第1位☆

終わりなき旅 feat. AJ/CLIFF EDGE

スイーツ系似非ラッパーで他にもうんこなのは色々いましたが、
こいつらの圧倒的なうんこぶりの前には霞んでしまったため他はランク外。
韻もろくに踏まない呟き(ラップではなく)、女々しさ極まるリリック、
アラ還の星として注目が集まったAJこと秋元順子とコラボするあざとさなど、全てにおいてワーストクラス!
ろくに売れてもいないくせに新曲が出たら必ず流されるゴリ押し具合も、苛つき度をさらに増してくれます。
あまりにも酷いので「次はどんなに酷いの出してくれるんだろう」と
逆に楽しみになってしまうツンデレ効果も生み出すほどの毒電波具合。実は狙ってる?
と、あらゆる点で2位以下を圧倒的に引き離してのダントツ1位!おめでとうございます!!




というわけで、1位のCLIFF EDGEには彼らのCDを溶かして作ったトロフィーと
オプーナの購入権利書を俺の脳内で授与しておきます。
来年は消えてね!
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/266-875f04e6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
非常に面白かったです。
おれは2位がきつかったですね。
1位はなんというか、歌(?)がマイナス100点ですね。
Posted by zukupiroed at 2009.12.15 22:47 | 編集
なんとCliff EdgeとヒルクライムとRSPが合同ツアーやってるらしいですね。
ある意味、地獄絵図。
Posted by あじへい at 2009.12.15 23:45 | 編集
>ズクピロ
きついだろ~
これがひと月以上ずっと流れてたわけさ…
CLIFF EDGEはまず音楽になってないが故に、何と言ったらいいか迷うよね。
念仏と呼ぶのも念仏に失礼だしねぇ

>あじへい
え…何その神メンツ…
見に来る連中の面が見てみたいもんですな~
あじ氏は今の若者向け音楽事情にも一通りアンテナを張っておるのだねぇ
Posted by なおき at 2009.12.16 21:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する