--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.20

男子フィギュア

高橋大輔、銅メダルおめでとう!!!
織田も小塚も本当によく頑張った!!
感動しましたよ~。

フィギュアの花形はやはり女子なんでしょうが、
競技として見たときに男子のパワフルさというのはやはり女子にはない魅力です。
そして今回の日本代表は三者三様にキャラも立っていて、
応援していて楽しくなるメンツでありました。
今日はオフだったので、朝から生中継で見ておりました。

日本勢ではまず最初に出てきた小塚崇彦。
何たって本番で初の四回転を決める肝っ玉の太さ!
トリプルアクセルでコケはしたものの、他はほぼ完璧にまとめてきたのはお見事。
クールなイメージとは裏腹に、ショートではジミヘン「Bold as Love」、
フリーではギターコンチェルトと、どちらもエレキギターをフィーチャーした
熱量高めの音楽をセレクトしていたのも個人的にはポイント高いです。
こういうとこを個性にしていくといいかも知れませんね。

続いて織田信成。
何というか…三枚目である事を天に定められた男というか…
あのアクシデントまで運命であったかのようにも思えます。どこまでもキメきれない…
しかしそれでもめげずに、最後まで気持ちを繋いで演技を終えたのは感動しました。
チャップリンメドレーは本当に彼らしさの集大成ですね。
次はどんなのを見せてくれるんでしょうか。

そして高橋大輔。
冒頭で四回転失敗…。でもそれ以降は正に圧巻!
欧米人と比べれば体格の差は歴然で、その分プログラムの見栄えという点でハンデはあったはず。
でもそれを堂々たる動きと表情で完全にカバーし、圧倒的な完成度をもって見せつけてくれました。
ミスさえなければ確実に金メダルものの演技でしたよ。惜しかったな~。

しかし、今回は四回転の意義を考えさせられる大会でしたねぇ。
四回転を成功させたプルシェンコと、四回転を回避して全体の完成度を重視したライサチェック。
結局、軍配はライサチェックに上がりました。
プルシェンコの演技には粗さが目立ったとはいえ、勝つためには必ずしも四回転は必要ではないという結果。
しかし解説の本田さんもどっかで言ってましたが、
「四回転をやっていかないと、スポーツとしてのスケートのレベルが下がってしまう」と。
スポーツとして技術面を重視するのか、それとも芸術面を重視するのか。
難しい問題ですなー。

まあ、四回転決めてなおかつ美しくムラ無く終えられれば誰も文句言わないんでしょうがw


ツイットメーカーでゲーム作ってみました。
ロックマン好きな人はやってみよう。
タグ付けなかったのが悔やまれる…

ロックマン武器ったー
http://king-soukutu.com/twit/?n=rockweapon
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/279-52081b7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。