--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.08

ビバ物欲

つーわけで。
結局これをポチってしまったのである。

CP9Pro+_top.jpg

http://fx.maxon.co.jp/effects_9/CP9Pro+.html

MAXON CP9Pro+。
いやークレジットって怖いね。簡単に分割とかできちゃうからマジ怖いね。

ようつべで試奏動画とかは見ましたが、結局実際に試奏はせずのぶっつけ買いです。
俺の周りじゃどこにも置いてなくてね…。
まあ、好みの差の大きい歪みとかと違って、コンプなら質のいいもの買えばあとは使いこなすだけだろうと。
定番のもの、人気のものと買うべき候補はいくつかあったわけですが。
EBSのマルチコンプは何かド定番すぎてみんな使ってるイメージあってイヤだし。
APHEXのパンチファクトリーってのも某水力バンドのN川くんが使ってたからかぶるし。
エレハモのブラックフィンガーってのも興味あったけど高すぎるし。
ということで

・周りに使ってる人がいない
・安心と信頼のMAXON製、MADE IN JAPAN故のコストパフォーマンス
・ネットでの評判もいい
・つまみ3つで何か細かく設定できそう
・トゥルーバイパス

とか何かそういう理由でこれに決めたわけです。

しかし、未だに俺コンプというものがどういうものかよくわかっていない。
音を圧縮するものだというくらいの認識はあるのだけれど、
それを実際の現場でどう活用していくのかというのがどうも曖昧。
「スラッパーのエチケット」くらいの知識しかないのです。
ダイナコンプとかでよく言われる「パコパコ感」というのもよくわからん。何それ、いやらしいの?
圧縮って点では歪みと近い物があるんだろうし、
そこがクリーンブースターとしての用法とかにも繋がっていくんでしょうけれども。
詳しい方教えて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/291-508b7cfb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。