--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.14

Wiiマリオ

妹に頼まれて、Wiiのマリオを買ってきたんですけども。

ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wiiニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


んー。
マリオって、こんなかったるいゲームでしたっけ?
まだ1面の途中ですけど。

何つーか、慣性が強すぎるというか。
加速も減速も遅くてアクションの爽快感がすげー低い。
んでまた、操作がムダにいっぱいあんのね。
最後にやったマリオがSFCの「ワールド」なんで、今はこれが普通なのかもしれませんが。
こんなにいらんでしょ。
もともと踏んで倒すゲームに、何でヒップドロップとかあるの?

あとこの、「だってWiiだから」っていう「Wiiリモコンに使われてる感」ね。
そんな無理してWiiリモコン振るアクションとか入れなくていいんだって。
普通のカメの甲羅とかは今まで通りB押して近づけば持ち上げられるのに、
凍らせた敵はリモコン振らないと持てないとかどういうこと?
分ける意味が全く分からない。

とまあ、こういうのはおっさんの意見ではあるんでしょうが、
麻雀で地方役が増えすぎるとゲーム性が下がるのと一緒で、
アクションゲームに必要な要素って実はそんなに多くないのですよ。
「移動」と「攻撃」。
初代マリオは「移動」が「攻撃」も兼ねてたから本当シンプルの極みだったわけですね。
でもそれが面白かった。自分がどんどん上手くなっていく実感があった。
できることが増えすぎると、結局ステージの作りが「それをするため」のものになってしまって
進み方における選択肢がどんどん減っていくんですよね。

こういうのをやってると、稲船さんがロックマン9や10を作ったときの
「とにかくシンプルで面白いものを」って思想が今の時代いかに貴重かが分かります。
ハードが高性能になってやれることが増えるといろいろやってみたくなるもんだけど、
それにゲーム性が振り回されるようじゃ本末転倒なわけです。
まあ、マリオってのは2Dアクション、そして任天堂ハードを代表する作品だから、
何かしら変わり続けていかなければならないってのはあるんでしょうけどね。

とまあ、俺のWiiマリオのファーストインプレッションはあんまいいもんではありませんでした。
これからやってって慣れていくうちに変わっていくかも知れませんけれど。

明日辺りコンプ届くかな。
楽しみだな~。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/292-50b03189
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。