2010.05.07

ここ数年、この時期の北海道の桜の木を見ると、「ご苦労さんです」という気分になる。
何か必死に空気読んでタイミングを計ってる気がして。

「自分、もう咲いてもいいっすかね?何かもう四月も終わっちゃったしけどまだ寒いしみたいな、
ていうかもう葉もけっこう出てきちゃうし見栄え的にも微妙みたいなあっまだ早いっすかサーセン」

みたいなことを考えてるような気がして。
でもようやく気温も緩みだし、うちの庭のカタクリも咲きました。
桜もそろそろ気兼ねなく咲ける季節になってくるのかな。
今回はそんな春に相応しい、「出会い」と「新しいスニーカー」の二本立て。


1.

今朝、携帯でmixiをチェックしてみると一件のメッセージが届いていました。
自分が参加しているVan Zandtコミュ(俺の愛用しているベースのメーカー)の人からで。
何でも、その人が最近中古で購入したヴァンのベースが、以前俺がコミュの
「愛機自慢」のコーナーに上げたものと全く同じだとのこと。

しかしその人のベースの型番は「JBV-R2」だという。
JBV-R2といえば現行品と同じ型番。
俺のベースはJBV-60LTD、99年製の50本限定モデル。
その情報だけ見れば、ただの勘違いか?とでも思えるのですが…

そこで俺はmixiのコミュをチェック。
「愛機自慢」に投稿されたその人の書き込みを見てみました。
添付されていた画像がこちら。

821963052_19.jpg

キャンディアップルレッドのマッチングヘッドにべっ甲ピックガード。
確かに俺のと同じですが、それだけなら単にR2のカスタムオーダーである可能性もある。

そこで目に付いたのが「シリアルナンバーは01414」という一文。

思えば俺は自分のベースのシリアルナンバーなんて気にしたこともない。
そこで俺のベースのシリアルナンバーをチェックしてみると…


01413


まさかのお隣!!
つまり、JBV-R2というのは中古店がヴァンのベースだからこの辺だろうと適当に表示した型番であり、
本当の型番はJBV-60LTD、それも全く同仕様で俺のベースの次に制作されたガチの弟機だったわけです!

いやー、これにはちょっと感動した。
自分のベースの兄弟機がどこで誰の手に渡っているのかは以前から気になっていたことなのですが、
まさかこういった形で、自分のと全く同じものを入手した方からメッセージが届くとは。
世界って狭い、というか、世界をここまで狭くしたインターネットというものの力に恐れ入ってしまった。
人生において一番大切な物は、人との繋がり。
インターネットは、うまく利用すればその繋がりが生まれるきっかけを飛躍的に増やしてくれる。
俺のこのしょっぼいブログも、続けていれば何らかの繋がりを生むかも知れない。
この情報化社会において、情報を発信、受信し続ける事の大切さを身をもって実感した出来事でした。

これで俺の愛機の兄弟は、現時点で3体、所在が明らかになっています。
一つは俳優の中村梅雀さんが所有(していたことは確かですが、現在も所有しているかは不明)。
一つはthe武田組の本郷ギャラクシー君が所有。
そしてもう一つは、今回メッセージを下さった方が所有。
残りの兄弟は、あと46体。
俺たちの旅はまだ始まったばかりだ!!
なおき先生の次回作にご期待下さい!!(ジャンプ風)


2.

1が長くなりすぎたんでまあ、ちょろっと。
スニーカーの似合う季節になってきたので、新しいスニーカーを買いました。

20100507212328.jpg

イタリア海軍のスニーカー。
2000年製のデッドストック。
どうも最近大量に出てきたのか、ネット上でもかなり色んなとこで売られており、
札幌でもハイポジやアンプラグドにはいち早く入荷されていました。
んで今回俺がこれを買ったのは、なんとかの有名なセレクトショップ「SHIPS」。
たまたま入ったSHIPSでこれを見つけて、新品ぱかりじゃなくてこんなのも扱ってるんだ!と驚いてしまい、
以前から気になっていたし値段も手頃だったので購入してしまったわけです。

海軍らしいネイビーとホワイトのコンビが爽やかで、ヨーロッパ物らしい細身のシルエットも良し。
こういう軍物スニーカーってデザイン自体が一緒でも個体によって微妙に形が違ったりするんですが、
今回のこれは同じ物の中でもやや先細りで、ある意味イタリアっぽいロングノーズ気味のシルエット。
こういうのも今風でいいかな?と思ったり。
これを履いてちょい悪オタクを目指します。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/298-2397c48c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いい話ですね。
50本が一同に集合したら巨大な龍が現れて...てことはともかく壮観でしょうね。

本郷先生のは弟だったんですか、そうだったんですか。
Posted by あじへい at 2010.05.09 00:47 | 編集
兄か弟かはわからんけど兄弟なのさ。同じ玉光堂に入荷されてたやつね。
3TSはド定番だから真っ先に作るような気がするし、多分お兄ちゃんじゃないかなぁ。
ちなみに俺の中でのイメージはドラゴンボールよりむしろ「どろろ」でした。
Posted by なおき at 2010.05.09 01:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する