--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.10

トーラスさんにメル凸ってみた

前回の記事で書いた出会いの後、
「俺のベースの素性についてもっと詳しく知りたい!!」
という思いを抑えることが出来ず、

「シリアルとかカラバリとか北海道への入荷本数とか、とにかく詳しく教えて!!」

的な内容のメールを、Van製品を取り扱っているトーラスコーポレーションに送りつけてしまいました。

翌日、速攻でメールが返ってまいりました。
すんげー詳細に丁寧に書いて下さって、ガチで感激しております。

以下、メールの内容を抜粋して、「JBV-60LTD」の素性を明らかにしていきたいと思います。


まず

・生産本数は50本ではなく、30本である

勘違いしてましたね…
そう言われると確かに玉光堂のPOPにはそう書いてあったような気もしてきました。
どこで記憶がすり替わったんだろう…


・スペックは
Body : Alder 2Piece (導電塗料なし)
Neck : Maple / Rose 20F 180R
Bridge : Iron Spiral Saddle (鉄製の特別なブリッジ)
Finish : All Nitrocellulose Lacquer

玉光堂のPOPには指板がブラジリアンローズウッド(ハカランダ)って書いてあって、
多分実際そうだと信じているのですが、ふつーに「ローズ」で片付けられてしまいました。
ちょっと残念。
あのブリッジって特別なやつだったんだ…。サドルとか速攻で換えてしまったけど、
もうちょいあのままでやっててもよかったかもなぁ…
ちなみに当時の税込定価は27万3千円。
俺が買ったときは21万くらいだったはず。
俺が買ったのが2001年か2002年だから、二年前後は売れ残ってたわけだね…


・カラバリは
3tone Sunburst
3tone Sunburst (Non-Pickguaed) ←JBV-60FL LTD(フレットレス)
Black (Matching Head)
Ice Blue (Matching Head)
Candy Apple Red (Matching Head)
カラーごとの本数内訳は
3TSが12本
3TSのフレットレスが8本
CARが4本
BLKが3本
IBMが3本
合計30本である

フレットレスもあったんですなー。
ていうかアイスブルーメタリックのマッチングヘッドとかめっさ欲しいんですけど。
どっかの中古屋で見つけたら速攻ローン組んじゃうなー。


・シリアルナンバーは連番ではなく飛び飛びである
シリアルNo.1413は誕生日 1999/7/14
シリアルNo.1414も誕生日 1999/7/14の同日制作である

まさか誕生日まで教えてくれるとは!!
そして、かの兄弟ベースは誕生日も同じの双子ちゃんだったんですなー。
ていうか、CARは4本だから四つ子の可能性もありか。


・北海道に出荷されたのは3TSとCAR各1本の合計2本である

この2本を俺と本郷くんとで買ってしまったわけですな。
まさかの軽音買い占め。
ていうか軽音地味にVanユーザー多いんすよね。
我らが偉大なる大先輩しでも氏(もらいもんらしいけど)、俺、高橋兄、本郷。
それ以降の後輩にもいたら面白いな。
ちなみに1414は東京のお店に出荷されたもんだそうです。


とまあ、こんな感じ。
素性が明らかになって感激すると共に、我がベースへの愛着がより一層強まりました。
知りたいことは聞いてみるもんですね!
これからもずっと愛用していきますよ~。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/299-0f737bb5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
へえぇそこまで教えてくれるんだな。
意外と自分の楽器の素性って知らないもんだよね。
自分と同年同月同日生まれのギターを手にしてみたいもんだ。

買い占めはまじでウケたw

Posted by カメタス at 2010.05.11 10:00 | 編集
同じ誕生日のギターとかいいすよねぇ。
しかし81年製のFenderとかちょっと微妙だよな…
やっぱ俺世代はジャパンビンテージ、Navigatorあたりのジャズベとかいいなぁ。
Posted by なおき at 2010.05.11 15:29 | 編集
軽音買占め!

>シリアルNo.1414も誕生日 1999/7/14の同日制作である

もう10年物になっちまったんですねえ・・・。
Posted by shk at 2010.05.11 22:35 | 編集
時の経つのは早いもんさねー。
俺のもあと何十年か経ったらビンテージと呼ばれるようになるんだろうか?

余談だけども、今玉光堂にフィエスタレッドのマッチングヘッドでレリック加工された「JBV-RS2」っていう限定モデルが置いてあって、すんげーかっこいいんだけどそれ多分2007年製とかなんだよね…
Van Zandtって一般人にはあんま人気無いんだろうな…
Posted by なおき at 2010.05.12 01:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。