--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.06

こんぷちゃん

実験的に、以前買ったMAXONのコンプを全編かけっぱで録音した練習音源を聴いてみました。

…やべえ。すげえ上手く聞こえる。

当たり前だけど粒が揃う。
弦ごとの音のバラつきも簡単に解消できてしまう。
それに、音作りがすげーやりやすいのです。
これまで何となくボワボワと散漫な音だなーと感じつつ、特に解決策も分からず放置してきた、そのむずかゆさが一気に解消された感じというか。
ピックのアタック感を全面に押し出したいとかそういうのには向かないと思いますが、丸めの音で存在感を出したいときには非常に便利かと。

しかしなー。これは麻薬だ。
コンプは下手くそをごまかすもん、という固定観念から抜け出し、音作りに積極的に活用してみたいとは常々思いつつも、これをずっとやってると自分の欠点がどんどん分からなくなりそうで怖い。
しかし出音がよくなるならそれでいいのか?
うーんしかし…(無限ループ)



まあ、ライブやってみてだな。
男は度胸、何でもやってみるものさ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/312-23fd425f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。