2006.08.08

一期一会

akan.jpg
阿寒湖

家族で富良野、帯広、屈斜路湖、サロマ湖と、北海道を横断する勢いで旅行してきました。一泊二日。無茶です。
まあその旅路はどうでもいいんですが、旅のお供といえばやはり音楽ですよね。まあ色々聴きながら行ったんですが、改めていいアルバムだなぁと思ったのがスピッツのトリビュートアルバム「一期一会」。
収録曲を自分なりにレビューしてみました。

1. スピカ (椎名林檎)
 林檎らしいアレンジ。ただ、コード進行の変更は功を奏しているとは言い難い気がする。
 俺が原曲を好きすぎるゆえかなぁ。
2. ロビンソン (羅針盤)
 原曲の良さを生かそうとした結果、原曲のパワーに負けてしまったという印象。
 歌の拙さもマイナス。
3. 楓 (松任谷由実)
 別格。極上の演奏と納得のアレンジで、完全に松任谷由実の曲になってしまっている。
4. 青い車 (ゲントウキ)
 リズムの取り方を大胆に変え、彼ららしさを出すことには成功しているものの、
 メロディーが慌ただしくなって原曲の良さが死んでしまった印象。
 このバックのアレンジなら普通に別のメロディーを乗せた方がいい。
5. 冷たい頬 (中村一義)
 良作。原曲の良さ、中村一義らしさ、両方が生きている。
6. 空も飛べるはず (ぱぱぼっくす)
 なんつーか、普通。原曲のイントロのフレーズとかが強烈すぎるからかなぁ。
 何故か寂しくなってしまう雰囲気は好みが分かれるところ。
7. 夢追い虫 (セロファン)
 王道のスピッツ節で彼ら独特の青臭さというかクセのある原曲を、
 独特の歌声と洗練されたアレンジですっきり軽く仕上げている。上手い。
8. 田舎の生活 (LOST IN TIME)
 かっこいい。妙にエモっぽい感じが、原曲より好きという人もいるかも。
9. うめぼし (奥田民生)
 選曲勝ち。あのぶっきらぼうな歌い方で「うめぼしたべたぁ~い」って歌われたら
 そりゃハマるに決まってます。いなたいロック感が普通にかっこいい。
10. 猫になりたい (つじあやの)
 選曲勝ちその2。ズルい。萌えソング。
11. チェリー (POLYSICS)
 「あの『チェリー』をキングクリムゾンにしちまったぜハッハー」という話題作りのためのみの
 アレンジという印象。ポリシックスはあまり聴かないので分からないけど、
 もっと彼らなりの調理の仕方があったんでないの?
12. Y (GOING UNDER GROUND)
 これも良作。彼らの持ち前のセンチメンタリズムが原曲にぴったり。
13. 夏の魔物 (小島麻由美)
 うまく調理してます。ガラリと雰囲気を変えつつも原曲の良さが死んでいない。
 彼女らしいアレンジ。

まあ見てのとおり、個人的に不満が残る曲も結構多いのですが、それも含めてトータルで、メロディーを最低限残すというだけの条件で既存の曲を大勢でアレンジすると、こんなに多様な音楽が生まれるんだというオムニバスアルバムの楽しさを存分に味あわせてくれるアルバムだと思うのです。とにかく多彩。オムニバスってそんなに沢山聴いたわけではないですが、これはかなり完成度の高いアルバムだと思うなぁ。
しかもドライブ中ってディスクチェンジも面倒ですから、一枚で様々なアーティストの曲が聴けるオムニバスってのはそういう点でも非常におあつらえ向きな気がします。
とにかく、旅のお供に「一期一会」。レコメンします。


ついでに、これも旅の途中で聴いて改めてかっこいいと思ったアルバム。
いっくんもオススメ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/33-43c53e56
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する