2011.01.26

everset & defspiral coupling tour 2011「Rendez-vous」

eversetとdefspiralのカップリングツアー、札幌公演二日目を観てきました。
初日はその2バンドのみの公演で、個人的にはそっちが観たかったのですが
自分のライブと被ってしまったため断念。
この日は地元の3バンドと対バン形式での公演だったので、
そちらの感想も含めレポなどしてみようかと思います。

ちなみにこの2バンドの共通項は「仮面ライダー」。
現在絶賛放映中の「仮面ライダーオーズ」のOPテーマ「Anything Goes!」は
eversetのtatsuo作曲、演奏はeversetによるもの。
そしてdefspiralは、「仮面ライダー龍騎」の海外版
「Kamen Rider Dragon Knight」を逆輸入した日本版の主題歌
「DIVE INTO THE MIRROR」を歌っていたグループなのです。
まあ単純に仲が良いってのもあるでしょうけど。

しっかし男少なかった…
どっちもそこそこ男受けもしそうな音出してるはずなのに、
俺が確認できた範囲では対バンのメンツを除けば俺の他は
二人くらいしかいなかったんじゃなかろか。
ここまで聴かれてないとは思わなかったんで切なかったっすわ…

とはいえ、やっぱ小さいとこで観るプロのライブってのはいいっすな。
(インディーズなんだけどさ)
ここ数年で観たプロのライブのハコといえば、
日本武道館、札幌厚生年金会館、そして東京ドーム。
そういうとこだとよほど席が良くないと当然メンバーは豆粒なわけで、
メンバーの様子なんかを見ようとすると必然的にモニターを見る事になるわけですが、
モニターばっか見てると何か「ライブに来ている現実」というのがぼやけてきてしまうんです。
ライブビデオ観てる感覚というか。「今本当にそこでメンバー演奏してるの?」っていう。
その点ライブハウスは肉眼でバッチリ見えてライブに参加してる感じが全然違うし、
ちゃんとしたPAがいれば音もぼやけないんで非常にいいのです。

ところで今回、ライブハウスで客の多いライブというのが久々だったので
完全に誤算だったのが服装。
今回はロックのライブってことで、先日買ったライダースを初登板させたのですが
その下にはアンダーシャツ、白シャツ、Vネックセーターを着込んでしまってまして。
他の女の子達が続々と上を脱いでTシャツ姿になる中、
俺は気軽に脱げない服装にしてしまったために終盤までライダース姿。
さすがに暑すぎて最後はライダースだけ脱ぎましたが。
ただでさえ男少ない中で、ライダース着込んでた俺の姿はさぞや異質だったことでしょう…w

さて、前置きが長くなりましたが各バンド別の感想。
「続きを読む」でどうぞ。



・2nd awake

いかにも今風のV系という感じの5人組。
ミリタリールックの衣装と、地方プロレスの悪役レスラーみたいな下手Gが印象的でした。
ノリもいかにもV系で、一人参戦の野郎にはハードルが高すぎました…w
んで、音ですが…同期がデカすぎて何やってんだかさっぱり分かりませんでした。
前述の下手Gの人が弾いたり弾かなかったりするわけですが、
別に弾いてても弾いてなくても出音変わらないっていうw
PAと綿密に打ち合わせとかすればもうちょいすっきりした音になるんでしょうけど。
うっすらと分かる曲の輪郭だけ捕らえてみても、さほど印象的なものではなく
このままじゃちょびっとバンギャ捕まえて終わりかなぁと。
何か一歩抜け出るための工夫が必要と感じました。


・JANE ANDROID LADY

4人組のミクスチャー系バンド。
下手のBの人のシルエットが前バンドのGと似すぎで、
「同一人物?」という疑念が最後まで拭えませんでしたw
こちらは演奏、歌共にかなりしっかりまとまっていて聴き応えがありました。
そして、自分たち目当てでないお客さんもとにかくノセようとする姿勢が印象的でした。
影響を受けたというhideの「ピンクスパイダー」をやったのも、
みんなで盛り上がろうという姿勢の表れであったのでしょう。
こういうバンドには好感が持てるし、場を盛り上げてあげたいと思います。
自分が見に来たバンド以外興味なしってのも分からんでもないんですが、
まずその手をちょっと挙げる、足を一歩前に出すだけで
バンドのモチベーションも上がってより楽しい空間が生まれると思います。
音楽不況が叫ばれる昨今、こういう頑張ってるとこを
草の根規模でも少しずつ応援してってあげることが大事だよなぁと感じました。


・Buzzdrop

女の子ボーカルとDJ入りの5人組。
ボーカルの子は絶対領域のまぶしい可愛い子ちゃん(死語)だったんですが…
ホント、それだけでした…
歌があまりにも下手すぎた。発声が全くなってません。
あと、リズム隊がしっかりしてただけにギターのお粗末感も気になった…
音作りに迫力がないし、バッキングとソロで音を変えてた様子もないし。
気になるところが多すぎて曲もよく覚えてません。
唯一覚えているのはeverset狂のベースの方がいて、
「MUSICライダー」にインスパイアされて作った曲をやっていたことくらい。


・defspiral

ここから劇的に音が良くなった!
コロニーってあんま音いい印象ないんですが「ハコ変わった!?」と思うくらい。
これが専属PAの力か…(憶測ですが)
そして流石の安定感、貫禄のステージング。
TRANSTIC NERVE→the Underneath→defspiralと、
メンバーに多少の変動はありつつも10年以上積み重ねてきた
そのキャリアは伊達じゃないと感じました。
正直曲はほぼ知らない状態だったのですが、それでもガッツリ引き込まれました。
何たってVoのTAKAの歌唱力が圧倒的!
華もあるし、hideのミュージカルで主役張るだけはありますなぁ。
個人的にはもうちょいひねりのある音が好きなんですが、
何か機会があったら是非もう一度観てみたいバンドでした。




・everset

そしてトリのエバセ。
冗談抜きで本っ当に楽しかった!
一人参戦とか関係なしに大盛り上がりしてしまったw
このバンドに関してはCDだけ聴いてたんじゃ真価は分からない。
イキの良いステージング、悶絶モノの演奏力、客とステージの一体感。
ライブバンドってのはこういうののことを言うんだなぁと。
「ビリビリサマビー。」で、極寒の札幌が真夏になった!
みんなあまりに楽しかったのか、アンコール終わって
アンプの電源落ちてもアンコールが鳴り止まない!
お前ら、その元気もうちょい最初の方から出しとけよw
最後に挨拶に出てきた剛も本当に嬉しそうで、こちらも感無量でした。
このツアー、そして3月のON AIR EAST公演をもって
一年間程度のライブ活動休止期間に入ってしまう彼らですが、
是非とも早いとこ前線に舞い戻って、北海道にも来ていただきたい。
絶対行くよ。みんな行こうよ。
また男3人とかやだよw




・おまけ

eversetを語ったついでに、こっちも紹介しときます。
eversetと同じMASSIVE ROCK RECORDS所属のバンド「BULL ZEICHEN 88」。
ex.SIAM SHADEの淳士がT.M.Revolutionのサポート時に意気投合した
ベーシストIKUOと組んで始めた超バカテクバンドです。
リズム隊がチートすぎてうけるw



関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/350-3c9a77ad
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
初コメです
最近自分はガルネリウスが気に入ってます
ボーカル含め日本最高峰だと思います
ナオキさん的にはどうでしょう?
最後に






角田信朗(歌手の)最高!!!!!
Posted by ジャントニオ猪場 at 2011.01.27 05:54 | 編集
え○どう○○○○さん初めまして!
小野正利のGALNERYUSへの加入は大正解だったと思います。
もういいおっさんでしょうがそこまで老けてもないし、何たって歌唱力は圧倒的ですもんね。
ていうかそのHN何のゲームでしたっけ。SFCだった気はするのですが。

てなわけでこれからもよろしくねぃ
Posted by なおき at 2011.01.27 08:42 | 編集
お疲れ様です
このHNはFMWのプロレスゲームの最後のボスの名前です
某大御所を混ぜた名前でかなりの衝撃を受けました
小野さんは最高に上手いしルックスもいい!!
先月ヨウツベでのライブ映像に感動しガルネリDVD買っちゃいました
だけど髪の事は触れるなよ 絶対だぞ
ズラが不自然すぎるとか言うなよ絶対だぞ
















といいつつも今日も通勤時に角田信朗を聞いてしまいましたwww
Posted by ジャントニオ猪馬 at 2011.01.27 18:50 | 編集
あれヅラなん?
まあ年の割に多い&生え際見えない感じはするけど、
あんま分からん俺のような人間もいるんでいいんじゃね?

通勤時のBGMは大事だなー
俺はその日のテンションによりメタルだったりアニソンだったりするよ
Posted by なおき at 2011.01.27 21:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する