2011.03.16

皆様いかがお過ごしでしょうか

俺です。

俺の住む北海道内陸部では地震による直接的な被害は皆無に近く、
発生当時も「あれ?めまいかな?」と思ったくらいでした。
親戚も全員無事でした。

しかしTVなどで被害の大きさを知り、
死者、行方不明者の多さに心を痛め、原発の先行きに不安を感じつつ
なけなしの募金で細々と支援を行っている日々です。

昨日からお店でも節電が始まり、
いつも行く本屋には新刊が届かなくなり、
こうして少しずつ自分の身の周りでも被害を実感することになるのでしょう。

そんな中、「出てるわけねえよなぁ」と思っていた
LUNA SEAのファースト再録盤が普通に出ていたので
こんな時に何ですが、ご紹介させて頂きます。

LUNA SEA【ジャケットC】LUNA SEA【ジャケットC】
(2011/03/16)
LUNA SEA

商品詳細を見る


プロモにはあまり興味がなかったし、
こっちのがジャケがかっこよかったので通常版を購入。

当然ながら、「良くなったな」という点と「昔のが良かったな」って点があります。

前者としては
・演奏、音質のクオリティアップ。
・それに伴い、「LUNA SEAで唯一」と言われながらも今までよく分からなかった
 「FATE」でのツーバスドコドコが聴き取れるようになっていること。
・あの「黒服限定GIG」で聴くことのできた、今の超絶歌唱力と
 当時の初期衝動を併せ持ったRYUICHIの歌唱がパッケージングされていること。
 これはマジ歴代最強クラスです。
・「どうせ今回もないんだろうな」と思っていた「PRECIOUS…」のポリリズムソロが
 うっすらと、しかも微妙に変わった感じはしますが入っていること。
 あるのとないのとじゃやっぱ違うんす。これが今の形ならそれもありかなと。

後者としては
・やはり全体としての「初期衝動で突っ走る」感は
 当時の作品には及びません。まあ当然なんだけど。
・「TIME IS DEAD」のスピード感がなくなっていること。
 二回目以降は慣れましたが、初聴きはけっこうがっかりしました。
 「SHADE」や「CHESS」はそんなに変わらないのにねぇ。

しかし今の実力で改めてこの作品を創るというプロジェクトは
個人的には歓迎でしたし、結果成功していると思います。
あとは早く完全新作が聴きたい。


音楽じゃ腹はふくれないし、キズが治るわけでもありません。
だから被災地のただ中にいる人は音楽より必要なものがあるけれど、
被害の軽い地域にいて、食事も医療もある程度何とかなっている人には
今こそ音楽が必要なんだと思います。

暗いニュースばかり見て、無力感に苛まれて気を滅入らせている人。
音楽を聴きましょう。
いい音楽を聴いて、明日への活力を貰って、
頑張って働いて、日本を元気に回していきましょう。
それは被災地にいない俺たちだからこそできることだから。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/356-8a7716a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する