2011.08.08

ライブしました&ライブ告知

スピリチュアルラウンジデビューしてきました。
この日はなんだか色々あって、疲れたけど楽しかったです。
つーわけで長くなるので続きは以下。


…の前に、次のライブ告知だけ。
次はとまとです。

2011年8月27日(土)
とまと畑(札幌市中央区南4条東3丁目 ピープルⅢ1)
チャージ:1500円
OPEN:19:00 START:19:30
ACT:
KAZ
Nomoi
みくまり
furacoco
ウォルター・グリズウォルド
たかしなひろゆき


つーわけで、以下8月7日の日記。


その日はリハ前に一時間ほど練習しようということになっており、
ベースを持って家を出て、駅までぶらぶらと歩いていたら
グラサンをかけて腕毛の半端なく濃い(俺が言うんだから相当だと思って下さい)
うさんくさいおっさんに話しかけられました。

「お兄ちゃん、ギターやってんのかい」
「…ベースっすけどね」
「ベースかい!俺、今度和田公園でイベントやろうと思ってんだけどさ」

聞くと、その人は美唄を少しでも活気付けようと
和田公園(美唄の中じゃそこそこ大きい公園)で来年のお盆あたりに
墓参りに行った後何もすることのない農家の人なんかを集めて
イベントをやりたいのだそうな。
しかし「俺プロダクションなんかもやっててさ、スパイダースの
井上堯之なんかとはツーカー(死語)なんだわ」とか
「やっぱお兄ちゃんみたくバンドやってる人なんかはさ、
ただやってるだけじゃなくそれを発表した成果みたいなもんをさ、
欲しいと思うだろ?そういうのを応援したいとも思ってるわけよ」
とか、規模がでかいんだか小さいんだかわからん上に
この田舎町で言われても何の説得力もないことを言ってきて
うさんくささが半端ない。
携帯番号を聞かれそうになったのですがとりあえず
「電車もうすぐ来るんで」とかわし、苗字だけ適当に言っといて去りました。
まあ市役所に「和田公園活性の○○」と言えば分かるらしいんで
ひょっとしたら来年のお盆に美唄でライブやってるかも知れません。

その後札幌に向かい、
髭剃りで唇を剃って血が止まらない亀さんたちと合流して練習。
その後いったん亀さん宅近くに車を置いてタクシーでスピリチュアルへ。

「はいじゃあベースお願いしまーす」とか
「他の音色ありますかー」とか
「コーラスマイクお願いしまーす」とか
そういう普通のリハをやるライブハウスが何とも久しぶりで新鮮。
初めてのスピリチュアルは実にやりやすい感じで、
ベーアンも癖のない感じ(アンペグのトランジスタ)で使いやすく
「今日はいける!」という実感を得たのでした。
その後に待ち受ける事態も知らずに…

リハ終わりが三時半でライブは六時半からなので
天気もいいしビアガーデンで飲んでからライブ行こう!ってことで
大通りのキリンのビアガーデンへと向かいました。
自分が酒に弱いことは重々承知しているので
ライブ前だしできるだけ控えよう、とは思いつつもとりあえず中ジョッキ。
おつまみのスパイシーハーブジンギスカンが超うまかった!
途中で北大水産関係のお知り合いやペチカさんファミリーも合流して
楽しく飲んで食っていたわけですが…

二杯目はガラナにして抑えてはいたつもりだったんですが、
ちょっと吐き気が来まして。
トイレに行こうとしたのですが、その道中がヤバかった。
立ちくらみのような、目の前がチカチカする感じがなかなか収まらない。
「これやべぇんじゃねぇか…?今日ライブなのに…」と思いつつ
トイレの壁に手をついて耐えていたら何とか視界は元に戻ってきたので
個室に入って吐く体勢をとってはみたものの結局吐けず。
足元もなんかびちゃびちゃしていたので嫌だったのですが
何となく便意もあったので軽く大をして、さっと振り向くと


紙がねえ('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)



……
………

とりあえず大臀筋をがっちりと閉めておぱんつに汚物が付かないよう気を配り、
まだフラフラしながら近くのセブンイレブンでティッシュと「いろはす」を購入、
トイレに直帰して尻を拭き、日陰で「いろはす」飲みながら休憩。
何とか体調も回復したので戻ってスピリチュアルへ。
スピリチュアルのトイレで改めてウォシュレットを使ったことは言うまでもありません。

そして何やかやで本番スタート。
161テイストのかなり強いとこやら、
初々しいギターキッズっぷりがたまらないところやら色々あったのですが、
俺らの前の前に出た「YOU SAID SOMETHING」さんが素晴らしかった!
USインディー直系のサウンドとコードワークに鉄琴のコンビネーションがドツボ。
女の子ベーシストの存在感も素晴らしかったです。
白のふわふわした服装にフィエスタレッドのマッチングヘッドのジャガーベース。
あの人は自分の見せ方を相当に熟知してる。
下手側に野郎が大挙していたのも納得です。
CD買っちゃいました。

そんな方々のいい演奏による刺激もあったし、
知り合いも大勢来てくれたし、久々のライブハウスということもあって
この日のモチベーションはかなり高く、
相変わらずちょこちょこミスるクセはなかなか直らないものの、
それをカバーできるくらいのライブはできたんじゃないか?と思いました。
今んとこ現編成ではベストの出来じゃなかろうか。と思ってます。

そんなやる気を支えてくれた一番の要因の一つが、ペチカさんのお母様のパワー!
武田組のTシャツ来て参戦してる時点でその片鱗はうかがい知れようというもの。
出演したどのバンドもノリノリで鑑賞されてて、
終わった後は速攻で話しかけてドリンクおごってあげて。
俺らのアクトは手を振りながら最前で観ていただいて、
終わった後はバンドだけでなくその辺にいる人みんなにドリンクおごってプチ打ち上げ。
本当に楽しい時間を演出していただきました。
あの人は他の人を幸せにする力を持ってます。
ペチカさん、いいお母様をお持ちですね~。

てなわけで、波乱万丈な一日でしたが本当に楽しかった!
この夜を一緒に過ごせた全ての人に感謝を。
どうもありがとうございました!



で、余談。
ビアホールから帰って本番待ちの間に気づいたんですが、


パンツのケツ、裂けてるやん…('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)('A`)


20110808121247.jpg

お分かりいただけるであろうか。
古着のイタリア軍のパンツの、ちょうどア○ルにあたる位置がざっくりと裂けているのである。

このパンツ、ついこないだデッドストックで買ったもので
非常にかっこよくて気に入っているのですが、
どうにも作りが適当なようでケツのサイジングがやたらとタイトで、
縫製もかなり甘い感じなのです。
だから履くたびに不安は感じていたのですが、まさかこんな時に…
なので、あの夜の俺は
「らめぇ…私、こんなバッチ来い状態でステージに立ってベース弾いちゃってるのぉ…」
って感じだったわけです。
このブログまでチェックしていただけている俺ファンにだけ明かされる事実!

…だよね?

だよね?


…バレてなかったことを祈ります。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/376-062d6fa9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「俺、ちょっとトイレ行ってきます」

の間にそこまでのドラマがあったということだけでも驚きなのに、

その場で公表せず、ここに書きこまんがために、じっと耐えていたキミの懐の深さに恐れいった。


・・・実をいうと、俺もスピリチュアルに着いたとき、家でした大がイマイチ拭ききれてなくてア○ルが熱かったんだ。
キミがトイレでケツ処理した後に続き、俺もケツの禍を洗い流していたんだ。

つまりだ、あの時、みくまりの少なくとも半数がケツに問題を抱えていたんだな。


スピリチュアルさんありがとう!!
Posted by かめさわり at 2011.08.08 20:34 | 編集
あえてとか耐えてたとかじゃないんすけどね。
普通にグロッキーだったので…
ていうか特に事情がないならケツはちゃんと拭きましょうよ…

しかしウォシュレットは偉大ですね!
ハリウッドスターも虜にする日本のケツ洗い文化。
こんなケツに爆弾を抱えたバンドマンを受け入れてくれたスピリチュアルさんとウォシュレットさんありがとう!
Posted by なおき at 2011.08.08 21:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する