--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.30

映画を二本

こないだの休みに、映画館で一本、DVDで一本映画を観ました。

まずは現在大ヒット上映中の大泉洋主演「探偵はBARにいる」。
単純にもうよく知ってるとこがバンバン出てくるので、
「あ~これも出るんか。嬉しいなぁ」という思いが先行しがちになって
その時点でフラットに見えてはいない気がしますが、
恐らくそれ抜きにしてもなかなか面白い作品だったと思います。
こういうハードボイルド探偵ものはあまり観たことがないので、
結局探偵が事件を丸く収めることができず、依頼人が勝手にカタつけて死んで
やるせない感じで終了というのは「これでいいのかね」という感じもありましたが、
大泉洋と松田龍平のコンビの活躍が何とも痛快で最後まで楽しめました。
舞台上がりらしくややオーバーな大泉の演技と、
棒読みスレスレまで感情を抑えた松田の演技の対比が面白かった。
いい雰囲気役者ですね、松田龍平。
「俺ぁラムだな」あたりの掛け合いとか、
「一人しか居ない友人、無くしたくねぇや」の絶妙な温度とか。
んで流石は札幌舞台の大泉洋主演、平日昼でも相当人入ってましたね。
俺の次の回はさらに凄い人だったし。
血とかおっぱいとか大丈夫な人ならいっぺん観といても損はないかと。

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)
(1996/01/01)
東 直己

商品詳細を見る



お次はBlood Thirsty Butchersのドキュメンタリー「KOCORONO」。
ブッチャーズといえば言わずと知れた北海道のレジェンド。
その圧倒的な個性で国内外問わず絶大なリスペクトを集めるロックバンド。

…ですが、感情論一切抜きにして彼らを表すならば「売れない中年バンド」。

とあるタワレコでのインストアライブ。
ボーカルギターの吉村秀樹と、ギターの田淵ひさ子。
彼らはバンドメンバーであると同時に夫婦であり、子供もいる。
インストアライブの終わった彼らは子供を連れて、
AKBが文字通りヘビーローテーションのタワレコを後にする。
打ち上げの席でマネージャーの口から語られるのは、シビアなお金の話。
そんなシーンからこの映画は始まる。

コアな音楽ファンの間の名声だけじゃバンドは食っていけない。
それでも好きな音楽は変えられない。
自分達の信じるものを貫いて、あわよくばそれで売れたい。
吉村氏の焦燥と苛立ち、我儘、他メンバーとの温度差。
衝突、妥協、諦念、でも切れない、切ることはありえない絆。
現実は厳しい、けれどそれでもやるしかない。生きていくしかない。
そんな感じのドキュメンタリーです。

彼らはびっくりするくらい普通の人間の集まり。
でもステージで音を出すとやっぱり凄い。
音楽じゃ世界は変わらないどころか、生活すら変えることは難しいけれど、
それでもやっぱり音楽っていいもんなんだ。
そう感じました。
伝説のバンドの伝説の生き様、みたいなもんが観たい人はやめときましょう。
ライブやインタビューのアウトテイクなんかも一杯あって
なかなかお得な一枚かと。

kocorono [DVD]kocorono [DVD]
(2011/06/15)
bloodthirsty butchers、吉村秀樹 他

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/381-123df26e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お久しぶりです

2本目の映画は何ていうアンヴィルですか?

最後に最近死ぬ程笑った動画です

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8653155

http://www.youtube.com/watch?v=UpNQhzBac8A
Posted by 猪場 at 2011.10.03 17:26 | 編集
おひさです。
ANVIL観てないんではっきりとは言えんけど、あれとはまた違うんじゃねぇかな。
ブッチャーズは確かに売れてるとは言いがたいけど、一定の支持は常に受け続けてるバンドだし、フェスなんかでも常連だしね。

キモヲタの口調ってなんでこう芝居がかってるんだろうなw
神無月は似てるのと捨てネタの差が激しいね。
Posted by なおき at 2011.10.05 23:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。