--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.22

ナイショの話(ClariS)

「偽物語」のアニメも遂に始まり、
その話の進まなさっぷりが一部で話題だったりもしますが
(もともと原作が2話、しかも薄めの内容でそれで1クール持たせなきゃ
いけないわけだからしょうがないっちゃしょうがない)
EDテーマのClariS「ナイショの話」がなんかいい。

ナイショの話(アニメ盤)ナイショの話(アニメ盤)
(2012/02/01)
ClariS

商品詳細を見る


あえてアニメ盤を選んだのは
ジャケットの火憐ちゃんと月火ちゃんが何とも可愛いからですが、
こちらの作曲者は前作EDでもおなじみSupercellのryo氏。

ryo氏の代表曲っていうとまあ出世作の「メルト」か
メジャーデビュー曲(前作ED)の「君の知らない物語」あたりだったりするんでしょうが、
俺はその辺の作品はあまりピンとこなかったりしてたのです。
「メルト」はミクさんに無理させすぎな高音が気になったり
(メルト並かそれ以上の音程でも自然に聞こえる曲もあったりするので
その辺はryo氏の調教能力不足にあるのでしょうが)
「君の知らない物語」から「さよならメモリーズ」の二作は
あまりにメルトと似通った曲構成に正直早くも
「これが限界か?」とか思ったりしてしまいました。

(さよならメモリーズってすっげーあざとい曲で
これでもかこれでもかと泣きのコードとメロと詩のコンボなんですが
多分初めてこれでスパセルに出会ってたらハマってた可能性はあります。
しかしあまりにも曲構成が過去の作品と一緒だったがために
枯渇してきた能力を演出で補って仕上げた感じがしてしまったんですな)

多分アルバムではもっと色々な作風を見せているのでしょうが
世に出て聴かれやすいシングルに似たような作品を出しすぎたのは
個人的には失敗だった気がしてます。

しかし、「初音ミク-Project DIVA-」シリーズに提供した作品あたりから
ピアノ感弱めのギターロックだったり、打ち込み多用のデジロックだったり
多彩な色が見えてきて、伊達にボカロPいちの出世頭じゃないなというふうに
認識が変わって来ました。
そして今回の「ナイショの話」。

D→A→E→F#mというド定番のコード進行を、
ワーミー(多分)を効かせたシングルコイル(多分)のリフで新鮮な響きに仕立てている。
メロディーの乗せ方も非常に分かりやすくて、
メジャーの荒波をひとつ乗り越えてぐっとレベルアップした
ryo氏の能力が存分に発揮された佳曲だと思います。

アニメ「ギルティクラウン」でも重要な役割を担い、
まだまだ勢いの衰える様子はないSupercell。
そしてデビューから絶えず覇権アニメのタイアップをもらって
この流れがいつまで続くのか、流れが途切れた時どうなるのか
予断を許さないClariS。
どちらも目が離せませんな。

偽物語(上) (講談社BOX)偽物語(上) (講談社BOX)
(2008/09/02)
西尾 維新

商品詳細を見る

偽物語(下) (講談社BOX)偽物語(下) (講談社BOX)
(2009/06/11)
西尾 維新

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/394-85dd5c7f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。