2012.06.19

ソロモンの鍵2

最近、今更ながらにAVGN(The Angry Video Game Nerdの略。
怒れるゲーヲタという意味)関連の動画にハマっています。

ジェームス・ロルフというアメリカの自主制作映画監督が
昔のクソゲーを遊んでそれがいかにクソであるかを紹介する動画なのですが、
流石自主制作とはいえ映画監督だけあって映像の編集がとても巧みで面白い。
およそ地球上の全てのビデオゲームが揃ってるんじゃないかって位の
コレクション量にも圧倒されます。
そして何と言っても無尽蔵に出てくる罵倒ワードの数々。
Shit、Fuckは当たり前、「Son of Ass」とかのハイブリッドな新造語も多数。
「魚のマスクをかぶって屋根でトーストにウ○コしながら
『I'm Too Sexy』を歌うのと同じだ」とかどういう思考を経て出てくるんでしょうかw

まあ興味がある人はニコニコで「AVGN」タグで漁っていただくとして、
それのおかげで久々に俺の中でレトロゲーム熱が高まってきて
ファミコンのソフトを改めて色々遊んでみたのですが、その中に
自分は大好きなんだけど世間では正当に評価されておらず、
せめてここでだけでもスポットを当ててあげたいと思ったタイトルがありました。
というわけで今回ご紹介するのが「ソロモンの鍵2~クールミン島救出作戦~」。

F1000191a.jpg

これはリアルタイムで遊んでいたわけではありません。
数年前の俺のレトロゲームコレクション全盛期に、地元の中古屋で
数百円で手に入れた時に初めて存在を知りました。
「2出てたの!?」と。

「ソロモンの鍵」は聞いたことがある人も多いでしょう。
アクションパズルの名作として今なお語り継がれる作品です。
にも関わらず続編のこれは非常に知名度が低く、評価も低い。
前者の理由はリリース年がファミコン最末期の1992年だということ、
そして後者の理由は、ゲーム性が「1」と全く異なること。
今作はアクション要素は気持ち程度で、ほぼ純粋なパズルゲームになっているのです。
雰囲気も妙にファンシーで、前作とは似ても似つかない出来。
そのせいで、前作のファンからはそっぽを向かれる羽目に。
このゲーム、確かに正当な続編とは呼べないけれど
パズルゲームとしてはかなり完成度の高い作品なのです。

基本的なルールを説明すると、
主人公ダーナはジャンプができません。
しかし、1段だけの段差なら登ることができます。
そして、1ブロック分の氷を自分の立ち位置の斜め下に作ることができます。
Aボタンで氷を作成、同じ位置でもう一度Aボタンで氷を消すことができます。
この氷をブロックにして、落としたり滑らせたりして敵に当てると倒せます。
ステージ上に配置された敵を全て倒せばクリアー。

ブロックにするというのはどういうことかというと、
ダーナは自分の斜め下にしか氷が出せず、
斜め下が空いている状況、つまり足場の端にいる時にしか氷を作れません。
そしてその足場の横に氷を生成すると、氷は足場にくっついてしまいます。
つまりブロックにするためには、
氷を足場の横に作る→その横にもう一つ分氷を作る
→最初に作った氷を消す→2つ目に作った氷がブロックとして残る
という手順を踏まないといけないわけです。
画像で示すと、

F1000176.jpg 2つ作って

F1000177.jpg 最初のを消す。

という感じ。
めんどいね。
しかしこれが戦略性の基本となってくるのです。

このブロックは、横から押すと滑って、壁にぶつかれば止まり、敵にぶつかると消えます。
つまり、床に1個だけ壁に接していない状態でブロックがある場合、
ブロックに乗ることはできません。(ブロックが2つ並んでいれば乗れる)
また、画像のステージの左下にある炎のブロックの上には氷を作れません。
他にも移動できるパイプとかいろいろ仕掛けがあるのですが、今回は割愛。

以上のことを踏まえた上で、このステージを解いてみよう!

F1000175.jpg

倒すべき敵は右下の1匹だけ。
簡単に見える?
いやいやそれがなかなか…。
解答は続きから!



つまるところ、このステージは最終的にこういう形にしたいわけです。

F1000190a.jpg あとはブロックを蹴って敵に当てるだけ

要はブロックが3つあればいいわけです。
しかし、画像でダーナが立っている位置は平地なので
ここでブロックを作ることはできません。
つまり上のほうで何とかブロックを3つ作る必要があるわけですが、
右上からだと2つしか作れません。
(作れないわけじゃないけど、3つ以上作ると下に降りられない)
じゃああと1つはどうすんの?
というところがこのステージのキモ。
それでは、順を追って解いていきましょう。

まず、中央に氷で床を作る。

F1000179.jpg

右上のゾーンでブロックを1個作り、左に蹴りこむ。

F1000180.jpg

そのブロックの上に乗って、右に氷を1個分作る。

F1000181a.jpg

右に移動し、さっき蹴りこんだ位置の氷を消す。

F1000182a.jpg

そこにもう一度氷を作り、自分の立っているブロックと左の壁をくっつける。

F1000183a.jpg 2つ上の画像と見比べてみよう。壁にくっついてるのが分かるかな?

この作業がこのステージ最大のポイントです。
そしてまた左に移ってさっきいた部分の足場を消し、

F1000184a.jpg

そこから右下に移って最初の床の右半分を消して穴を開ける。

F1000185a.jpg

これで準備完了。
右上からブロックを2つ作って穴に落とし、

F1000186a.jpg

最初の床の残っていた左半分を消す。

F1000187a.jpg

ここでさっき、その上のブロックを壁にくっつけておいた作業が活きてくるわけです。
くっつけておかないと、床を消した瞬間その上のブロックが下に落ちてしまうからです。
んで、くっついてるブロックに乗って右に氷を作り、

F1000188a.jpg

右に移動してくっついてる部分を消し、3つ目のブロックが完成!!

F1000189a.jpg

あとは左から下に降りて、右に順番にブロックを蹴りこむだけです。
どうです?面白そうでしょ?
俺は最初このステージが解けた時、感心してしまいました。
こんな少ないマス目の中で、よくここまで考えて作ってあるなぁと。
この先のステージには、もっと難しいのが山ほどあります。
倉庫番とか好きな人は間違いなくハマると思います。

「ソロモンの鍵」というタイトルにとらわれずに、純粋にゲーム性を見て欲しい。
名作の続編として作られたが故に正当な評価を受けられなかった、時代の徒花。
そんな「ソロモンの鍵2」を、ナオキノコラムは断固支持致します。

ていうか、「1」は難しすぎてほとんど進めなかったんだよね…。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/410-9c35cb53
この記事へのトラックバック
最近、今更ながらにAVGN(The Angry Video Game Nerdの略。怒れるゲーヲタという意味)関連の動画にハマっています。ジェームス・ロルフというアメリカの自主制作映画監督が昔のクソゲーを遊んでそれがいかにクソであるかを紹介する動画なのですが、流石自主制作とはいえ?...
まとめtyaiました【ソロモンの鍵2】 | まとめwoネタ速neo at 2012.06.20 15:20
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する