--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.20

SIAM SHADE "Still We Go"




再結成、ライブまではまあもう驚きは無くなりましたが
まさか新曲が聴けるとは…
いや、もちろん期待は常にしていましたが、
本当に作ってくれるとは。
感無量でございます。

それにしても、素直に「いい曲」!
ポップメロディー、ハードな疾走サウンドの
まさに正統SIAM SHADE節…と言いたいところなんですけど
個人的には、案外今までに無かったタイプにも思えます。

いわゆる「SIAM SHADEらしさ」みたいなものって
彼らが現役だった頃はあえて意識はしなかったと思うんですよ。
もちろん「自分たちの個性を見出し、それを活かす」という考えはあったにせよ、
当時は常に新しいものを作り、過去の自分を超える!ということが
大前提にあったでしょうから。

それに対して、この新曲はもう12年ぶりということもあり
これまでの自分たちを客観的に見直す時間は十二分に(12年ぶりだけに)
あったでしょうし、その観点から、長らく待ってくれていたファンのために
「SIAM SHADEらしい曲を作ろう」という意識を持って作られた
曲であろうことは想像に難くありません。
ていうか、DAITAもそんな感じのこと言ってたし。



王道ながらもどこか感じられる目新しさは
彼らが彼ららしさを意識して作った、という
解散を経た今だからこそ為せる業によるものなのでしょう。

しかしながらそれが完全な過去の自己模倣に終わるはずもなく
8ビートの中でも入れ方の細かいバスドラや、大陸的に乾いたギターの音色など
解散後の彼らが積み重ねてきた新たな要素は随所に感じられます。
歌詞に関しても、さいたまスーパーアリーナでのMC
(『希望も未来も前にしかない』ね)を入れ込んでみたり、
『今俺達は一つのSIAM SHADE』という驚愕&感涙のフレーズが飛び出したりと
これまでずっと付いてきたファンなら必ずグッと来るものになってます。
「SIAM SHADE」は「密接した影」って意味なんですよ?これ復習ね?
一度はバラバラになった彼らの影が、
時を経てまた一つに密接することができたという
彼らの絆の証なんですよ、この曲は。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム以外のシンセなどの音が一切入っていないのも、
「この5人だけで作った音を聴いて欲しい」という意思表示にも思えます。

一応YouTubeでもフルで観られますけど、
ちゃんと買ってあげて!iTunes Storeでたったの250円だから!
それがきっとこれからの彼らの活動継続に繋がるはず。
聖地・日本武道館での追加公演も決定しましたし、
ライブDVDリリース、そして更にはニューアルバムのリリースと…
続いてくれるといいなぁ…と、願うばかりであります。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/445-860761b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。