--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.17

Lew Ritter (追記あり)


lr01.jpg


今回ご紹介するのは、
Lew Ritterというお店の名前の付いた靴。
特にここについて事前の知識があったわけではないし、
日本で知ってる人もほとんどいないお店でしょう。
普段ならスルーしてしまうような靴なのですが、
それを購入に至ったのには、
俺なりのある確信めいたものがあったからなのです。
続きは以下。

(2014.7.24 レポ追加しました!)



この靴、ebayで買ったのですが
特にメーカーを限定せずに、ただ「9D」だけ検索バーに入れて
ぶわーっと出てきた膨大な数の靴の中から偶然見つけたもの。


lr02.jpg


iPhoneの画面サイズで見たこの地味なサムネに
何故惹かれたのかは今考えるとよく分かりませんが、
単純に薄暗くて詳細を確認したかったのか、
しかしそれでもどうでもいい靴ならスルーしているだろうし
この写真からでもシルエットの良さなど
何かしら察することが出来るものがあったのだろうと思います。

Lew Ritterというお店は、ロサンゼルスはビバリーヒルズにて
1951年に開店したアイビーファッションの洋服店であり、
フランク・シナトラやズービン・メータなどの著名人を
顧客に抱えていたお店であったということです。

んでこれ、同サイズ、同デザインの色違い(黒)が
同じ出品者からもう一つ出ており
拡大するとこんな感じ。


netb09.jpg netb01.jpg


この小さなパーフォレーションの入った
キャップトゥのデザインを見て最初に思ったのは
なおけんたさんの持ってるNettletonに似てるなぁ…」
ということ。
恐らくうちの読者さんなら同じくそう思った方もいるかも知れません。
他のアングルからも見ていきましょう。


netb13.jpg netb02.jpg


うーん、いやしかし、これは…


netb17.jpg netb05.jpg


似てるっていうか、ほとんど同じじゃ…


netb20.jpg netb21.jpg


ファッ!?

このインソック表記は…
このコンビネーションラストの表記が二種類ある感じ…
その他細部に至るまで
Nettletonのそれとほぼ同じではないの!

NettletonのOEM品というのは、それなりにあるっちゃある。
http://www.classicshoesformen.com/shoes/neu-new-nettleton-sears-saddle-oxford-circa-1980-44wide
http://www.classicshoesformen.com/shoes/new-nettleton-wonder-arch-full-brogue-derby-circa-1980445c
http://www.classicshoesformen.com/shoes/new-nettleton-sears-scotch-grain-derby-blucher-circa-1980-44d
http://www.classicshoesformen.com/shoes/new-nettleton-stafford-scotch-grain-derby-circa-1980-46-wide
http://www.classicshoesformen.com/shoes/new-nettleton-sears-all-weather-full-brogue-budapester-44d
…というのは正直この記事を書きながら調べて知ったことであり
これを見つけた時点ではそういう事実は全く聞いたことがなく。
「すげーレアもん見つけたかも知れん…」と大興奮。
まあ、どっちにしろOEM自体そんなに多くはないし
さらにそれがこのパンチドキャップトゥ仕様となれば
その希少性は推して知るべし。
しかもどちらも4,000円前後!!(からのオークションでしたが)
激安!!
こりゃ二足とも落としちまうに越したこたぁねえな!
…と思ったんですが、発送がアメリカ国内オンリー。
セカイモン使えば落とせますけど、確実に関税がかかるし
折角安いもん落とすのにそれはやりたくない。
つーわけで、今回はちょっと英語頑張りました。
交渉開始。

( 俺)<この靴両方共興味あるんすけど
     日本に送ってもらえないすかね?

( 米)<興味持ってもらえたのは有難いけど、今回はちょっと…
     落札されなかったら今度はワールドワイドで出すから
     そん時に落としてくれよ、イエローモンキー

むー。
まあしょうがないか。
この靴、明らかに誰も注目してなくて
このまま行けばまず落札されずに終わるだろうし。
こないだ他の靴買ったばっかだし、ちょっとは間隔空けた方が
懐具合的にも有難いかもな…
とか思っていたら、もう一通メッセージが来まして。

( 米)<やっぱ今からワールドワイドにするわ。
     どうせあと1日で終わっちまうし。
     ついでにこっちのブルックスブラザーズもどうだい?
     興味持ってくれてありがとよ、イエローモンキー

なんだー、話せる奴じゃん。
ちなみにブルックスの方は俺サイズではなかったのでスルー。
んで、改めて商品を見てみると、こないだのBeaconと同じく
Global Shipping Programを用いてワールドワイドに発送可となっており
商品価格が安いせいかImport Chargesは無し。
さて、ここで考えることは
二つ落札したものをまとめて発送できるのか、
仮にそれが可能な場合Import Chargesはどうなるのか。
一足だけなら4,000円くらい(そのまま落とせればの話ですが)ですが
二足合わせると8,000円くらいにはなるので
そうなってくるとImport Chargesがかかって、
個別発送よりかえって高くなってしまう可能性もある。
(色々見た感じ、Import Chargesは商品金額60ドルあたりから
かかってくるようで、それを見越してか59.99ドルから出している
セラーも多く見られます)
というわけで

( 俺)<まとめて発送できる?
     その場合の送料は?Import Chargesはどうなる?

( 米)<ごめんな、セラーやるのが初めてだもんで
     国外に送ったこともなくて、よく分かんねえんだ。
     俺はそれぞれの荷物をebayの施設に送るから
     あとはそっちが上手くやってくれるはずだ。
     というわけでまとめての発送は無理だ。
     それでも良ければ頼むぜ、イエローモンキー

とのこと。
まあいいか。
Import Chargesが不安だし、
関税無ければ両方送料かかっても一足7,000円台だし。安いもんだ。
つーことで、両方に入札、そして落札。
案の定誰とも争うこと無く、スタート価格のまま入手。
茶が39.99ドル+送料33.94ドル、
黒が34.23ドル+送料33.88ドルという内訳。
上々ですな。
んでPayPal経由でお支払い、となったわけですが
ここでトラップに引っかかりそうになりまして…


shiharaimae.jpg


これが支払い前の画面。
一足当たりの送料がちょっと安くなっているのがお分かりでしょうか。
これを同時に決済しようとすると…


kakatta.jpg


おぅい!!ちょっと待てやぁ!!!
恐れていた事態が発生しました。
Import Chargesがかかっちゃってます…。
恐らくはこれもGlobal Shipping Programの一環で、
まとめて会計してしまうと多分ebay施設の方で
ご親切にも一つにまとめて発送してくれるんだと思います。
その結果、単価が高くなってImport Charges発生と。
送料は安くなるけどトータルでは明らかに高くなっちゃいます。
全くいらんことしてくれるもんです。


IMG_1598.jpg IMG_1599.jpg


というわけで、別々にお会計。
送料はそれぞれかかりますがImport Chargesは無し、
こっちのが安く済みます。
皆さんも、Global Shipping Programを用いた出品者から
複数の品物を落札する際にはくれぐれもImport Chargesにご注意下さい。

んで、茶色の方は発送から8日で到着と
GSP経由にしてはなかなかの早さだったのですが
黒の方が何故だか4日もアメリカの発送センターで放置されるという
自由の国っぷりを存分に発揮し、
到着は一週間ズレました。
同時に発送されてるはずなのに何でだろうな。

とりあえず例によって濡れ雑巾で拭いて、リムーバーかけて、デリクリ入れて、
思った以上に使用感は少なかったものの、ちょいちょい色ハゲがあったので
クリーム入れついでに補色をして
いい靴なのでちょっとポリッシュも頑張って。
こんな感じになりました。





ああ^~いい靴なんじゃ^~
と思わずつぶやきたくなる靴。
とにかく細部に渡って作りが丁寧。
なおけんたさんのレポートでも、年代の新しさに似合わぬ
作りの良さが指摘されていましたが、これも同様だと思います。
「人様の名前を借りて出す靴に、恥ずかしい仕事ぁできねぇ」
というNettletonの職人の矜恃が感じられるような…(考え過ぎ)





ボリューム感のあるラウンドトゥ。
野暮ったいってわけじゃないですが、愛嬌のある感じが
アレンあたりにも通じるアメリカの香り。





印象的なのはヒールの作りの良さ。
ケン様ほどじゃないですがなかなか大きな芯が入り
履き口が崩れる気配は一切無し。ホールド感も極めて良好。
(この辺は、前オーナーがちゃんとツリーを入れて保管したり
靴べらを使ったりということをきちんと守っていたであろうことが
大きいとも思いますが)
ていうか、ラスト全体が俺の足に合っててなまら履き心地良いです。
これ、同じラストで9Dのやつ何足でも欲しいなー。





このソールもいいです。
出し縫いもしっかり細かいし、メチャクチャ硬い革が使われていて
この靴の位の高さを物語っています。





革質については、正直そんなに期待してなかったっちゃ語弊がありますが
写真から見て、所謂「古い革」じゃないだろうな、というのは
何となく予想はしていて、実際そんな感じ。
キメが細かくて良質の革ではあるんですが、
古い革特有の透明感とかシワの味わいみたいなものはあまり無いです。
まあ、この辺は時代と共に淘汰されてしまったであろうものなので
仕方ないんですけどね。
ステッチも昔のアメ靴みたく病的に細かいわけではなく
(Nettletonはお初なので、他のもこんな感じなのかは知りませんが)
全体的に、所謂「現代の高級靴」って印象です。

続いて黒の方参りましょう。


1656.jpg


黒の方はそれなりに使用感があり、
打痕や引っかき傷もちょいちょいあります。
履き口も若干開いてる感じ。


1657.jpg


しかし、革質はこっちのが好みかも。
皺の入り方が割りと「古い革」っぽい感じ。
クリームの乗りも非常に良く、
一応トゥには俺のヘッタクソなポリッシュが施されているんですが
乳化性しか入れてないヴァンプ部がそこと区別が付かないくらい
ギラギラに輝いているのがお分かりでしょうか。
ライナー表記は「HEEL」のタイプなんですが
意外とこっちの方が古かったりするのかなぁ。


1658.jpg


ソールは先端が結構減ってます。
ヒールも結構片減りしているし
早いとこリペアに持ってった方が良さそう。


1659.jpg


残念なのがこのインソック。
あまり綺麗な写真じゃないので色はモノクロにしときますが
見ての通り、横にズレちゃってるんですな。片足だけだけど。
リペアのついでに直してもらえるだろうか…

当時のNettletonのラインナップはよく知りませんけど
これ(と同型の本家の方)、結構上位モデルだったんじゃないかなと。
年代は多分新し目で、全体のクオリティは確実に下がってきてる中で
それでも高級靴メーカーとしての意地を見せて
気合入れて作ってたラインって香りがかなりします。
なおけんたさんのみたくカスタムグレードが存在していたり、
見かける数が非常に少ないのもそのせいじゃないかと。
しかし、そんなのが7,000円台で買えちゃうってんだから。
もし今これが新品で並んでたらその10倍はしますよ。
有難い話ですよ、全く。

というわけで、今回はNettletonメイドのLew Ritterのご紹介でした。
しかし、今回痛感したのは人の縁といいますか、
ここに集う古靴好きの皆様方との繋がりの有難さ。
もし俺に事前になおけんたさん始め他の方々に提供された知識がなければ
これがNettletonだなんて全く気付けなかったでしょうし、
こんな希少かつお買い得な靴を手に入れる機会を逃してしまっていたでしょう。
皆様が俺を育てて下さったお陰で、この子らは日本に来てくれました。
ありがとうございます。
これからも、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。


…と、俺はこれがNettleton製であるとほぼ確信しているのですが、
今更違うよなんてことないっすよね。
ね。


関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/470-5cb36a47
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
驚きました。
間違いないでしょう。
このデザイン,このソール,私のNettletonと同じじゃないですか!
「あんた,こんな所にもおったんかい」的な,古い友人に意外なところで出会ったような感覚でしょうか。

古靴のネットワークで共有している情報をもとに,このような事実が判明するのはとても面白いです。
私も今回の記事で,e-bayの支払いの注意点を知ることができましたし…。
こういうネットワークは大切にしていきたいですね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by なおけんた at 2014.07.17 16:46 | 編集
こんにちは。
よく発見されましたねえ(^_^) さすがでございます。

nettleton は当時としても高級靴なので、なおきさんおっしゃる「現代の高級靴」という感想に私も同意いたします。

こういう老舗ショップやデパートの別注品、けっこうお宝ありますよね。ビバリーヒルズのなんちゃらとか。

ベイのGSP、ジャマですよね(´Д` )

どっか安い転送業者ないですかね。









Posted by europeanblend at 2014.07.17 17:16 | 編集
>なおけんたさん
お友達を連れてきましたよー(笑)
自分もびっくりでした。
なおけんたさんのを知らなければまず買わなかったでしょうし、つくづく有難さが身に沁みます。
Nettletonはまだまだ知らないことだらけなので、何かまた面白い話題があれば記事にして頂けると幸いです。

>europeanblendさん
ありがとうございます。
本当にいわゆる高級靴という作りをしていて、履き心地も素晴らしく、もっと古いモデルにも興味が湧いてきましたね。アルゴンキン欲しい…(笑)
別注品、しばらく色々気にする日々になるかもです。メジャーなメーカーの名前じゃないところにお宝が潜んでる感じがたまらないですね。まあ、掘り出すには相応の知識がないと無理なのですが…(笑)
GSPはまあ安い靴買う分にはこれ以上かからないって安心感はあるんですが、60ドル超えると途端に高くなるのが…
多分向こうの人にしてみりゃ使いやすいシステムなのでしょうね。
Posted by なおき at 2014.07.17 23:07 | 編集
同じ靴を色違いで入手とは・・・
しかもこの値段、言う事なしですね♪

>別注品、しばらく色々気にする日々になるかもです。

確かにあまり聞いた事が無いからと馬鹿にしない方がいいですね。良さそうな雰囲気の靴を見かけたらまず色々と見てみるのは大事ですね。先入観に捉われずに初心に帰りながらお互いに古靴探索していきましょう(@_@)
Posted by tomojin329 at 2014.07.17 23:29 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014.07.17 23:37 | 編集
>tomojin329さん
運が良かったですよ。
同じ出品者から出ているもので同一サイズってのは結構ありますが、こんだけ安くて良いものというのはなかなか…
別注品、tomojin329さんくらいの眼力があれば凄いの掘り出せそうですね。
俺はオタクなのでまずは先入観を捨てるところから頑張らないと…(笑)
Posted by なおき at 2014.07.18 00:46 | 編集
なおきさん。こんにちは。

数ある中から何故これに目を惹かれたのか説明が難しいってありますよね。やはり数多くの古靴をみている為に感が働くんでしょうね。自分もやっと自分の直感を信じることが出来てきました(笑)過去は、今考えれば本当に金の無駄遣いだったなと思えるものばかり買って得意になってましたね^^;やはり古靴ブロガーの皆様とお知り合いになり、色々な知識を得る事が出来たのが大きいです。なおきさん始め、諸先輩方、これからも宜しくお願いします。って肝心のなおきさんの靴へのコメントが無いじゃ無いか(笑)そこはもう言葉に出来ないくらい良いです^_^でもステッチの細かさとか、出し縫いの丁寧さとか何故、こんな事が出来る素晴らしい技術や職人を現代は無くしてしまったのか本当に残念ですね。しかしそれによって私達は現代において、探し当てる楽しみを得てもいますが。

ebayで取引出来るよう本格的に英語を勉強してみようかと考えてます。中学生レベルから脱出しないと(笑)
Posted by tomo at 2014.07.18 07:49 | 編集
>tomoさん
ありがとうございます。
俺も勉強って感覚ではないですが、色々見てきたので割と目は肥えてきた実感はあります。古着屋に並んでる靴も革の表情で大体足切りできるようになってきましたし(笑)
今でも大金積めば手の込んだものは買えるのかも知れませんけど、これくらいの値段となるとね。個人的にはやっぱり、過去のある時期からなくなってしまったカーフの質感が惜しいです。リペア屋さんが言うには鞣しにおける環境問題なんかもあるとかで、金出しても今では手に入らないものもあるんですよね。
英文は「ebay 英文」とかで検索すると色々出てきますよ。最近は何か同じ日本人から買うのがシャクになってきて(笑)末期ですね。
Posted by なおき at 2014.07.18 08:34 | 編集
先日おっしゃっていた靴はこれでしたか。ブランド名で検索していたら絶対見つけられなかったでしょうし、すごい発見ですねー。

実は僕もこの前eBayで直接取引デビューをしました!11日に発送してもらって届くのが今月末だそうで、けっこう時間かかりますが届いたらまたご紹介したいと思います。
欲しい靴に限って、「USA ONLY」だったりするんですが交渉すれば意外とどうにかなるんですかね?いつもONLYの表記を見て諦めてたので少し交渉してみようかと思います笑
Posted by かやしま at 2014.07.19 11:49 | 編集
>かやしまさん
ありがとうございます。
これはラッキーでしたねー。まあこんなケースそうそうないでしょうが、ヒマならサイズだけで探すのも面白いと思います(笑)
直接取引デビューおめでとうございます!ちなみに、30日着って書いてあるのはあんま当てになりませんよ。むしろもっと早く着くはずです。追跡を見てみれば大体分かるかも。
交渉が通じるかは相手次第でしょうね。今回はこの靴が目立たなくて落札されなさそうだったことと、相手がいい奴だったってのがあるでしょうねー。
Posted by なおき at 2014.07.19 13:21 | 編集
こんにちは

ショップ名のって、出品者がわかってて書いてくれてないとなかなかいいのはみつからないですよね。
ヤフオクでもそうですがその隙をねらうのがまた醍醐味ですね。
ハイクオリティNettleton、それも同時に2足!
お得ですね。
ebayは(僕等からすると)お宝がヤフオクの比じゃないので、飽きないですが根気も要りますね。まして9Dの出品量は相当、、、
僕は6.5~8くらいでまだ少ないですのでサイズだけで探すのやってみようと思います!

古靴探してるだけでも英語少し勉強になりますねー。ebay直接はまだなんですがEtsyで直接やってみました。結構何とかなるものですね。
Posted by marumono at 2014.07.19 15:04 | 編集
>marumonoさん
そうですねー、結局実際は名前よりも眼力勝負ですよね。いい靴はサムネの時点でオーラがあるので。
現状、何だかんだでまだ高い金出せばいい靴買えるのは分かってるんですよ。俺的には今回のように、安い値段で掘り出しもん探すのが楽しいですね。ebayは流石本家アメリカだけあって母数がダンチなので探しがいがあります。
Etsy使われたんですね!俺もあそこいっぺん使ってみたいんですよ。ebayほど数はないけど結構いいもん転がってますよねー。
しかしあれ、未だに何て読むか分からないんですが…(笑)エツィー?エトシー?
Posted by なおき at 2014.07.19 22:01 | 編集
安くお宝を探すのって楽しいですよね。これから新たにお宝(靴)の絶対量は増えないわけで。どれだけマイサイズを確保するか。あとで後悔するのかな。でもそれが趣味ですね。

Etsyはエトシーだと思ってたんですが、エッツィみたいです 笑
ebayと同じく住所とかも登録しちゃってできますので、簡単でした。交渉が必要な時だけやっぱり英語ですね。
ハワイからシューツリー買ったんですけど、あっちが日本語でメッセージくれたのでこちらも日本語で返したら全部???????で表示されたみたいです 笑
ソート機能とかカテゴリ分けが甘いんで、検索が結構難しいっす。安いお宝転がってますよ!

Posted by marumono at 2014.07.19 23:42 | 編集
>marumonoさん
なるほど、ebayと大して変わらないわけですね。
そのうちいいものあったら試してみます。
Posted by なおき at 2014.07.20 19:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。