--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.08.08

万年筆

1733.jpg


万年筆を買いました。

いきなりですが、続きは以下。



きっかけらしいきっかけは特に無いというか、
以前から積もり積もってきた思いというか。
段々自分が、字を書くことが苦手になってきた感じがしていたのです。
普段文字を自分の意志で送り出す手段はPCかスマホばかりになり、
紙の上に字を書こうとした時のペンを持ち滑らせる手が
年々ぎこちなくなっていく感覚があり。
このままじゃ人としていかんと思い始めて。

また、自分の悪筆にもいい加減嫌気が差していたというのも大きいです。
俺の母親は昔習字の先生をやっていて
自分も不真面目ながら習っていて、基礎は出来ているはずなのに
いつからか変な癖がついて見苦しい字しか書けなくなっていて。
何つーか、お手本のような綺麗な字でなくてもいいんですよ。
いっぱしの大人って「自分フォント」を持っているもんだと思うんです。
自分なりに整っていて、仮に綺麗でなくても何故か読みやすい、みたいな。
そこへ持ってきて俺の字は、一本芯が通っていないというか
手癖はあるんだけどそれが洗練されていないというか。
そんなわけで、そろそろ「自分フォント」を作り上げたいと思ったわけです。

ある日、自分が字を書く上で何を負担に感じているかと考えた時に
「筆圧が邪魔だ」と思い立ったんです。
文字を書く上で、
①ペンを紙に押し付け
②文字の形に滑らせる
この2つの動作のうち、①に注ぐ意識を軽減することができれば
②の方にその分注ぐことができ、綺麗な字が書けるのではないか。
と考え、筆圧がほとんど要らない筆記用具が俺には必要だと気付いたわけです。
となると、ここはザ・大人のアイテムたる万年筆に
そろそろ手を出す時がやって来たのではないかと。
そう考え、一路丸善へ。

最初はある程度ちゃんとしたのを買おうかなと考え
1万ちょっとくらい持っては行ったんですが
いざショーケースの中を覗いてみると…

「オオゥ…トゥーエクスペンシブ…」

別に1万ちょっとでも買えるのはあるんですが
ちょっと格好良いのとか考えるともう3万とか5万とか。
こんな世界だとは知らんかったぜ…
と思った時に、目についたのが
ショーケースの上に裸でディスプレイされている何種類かのペン。

少し前に、子供用の万年筆として開発された
PILOT社の「kakuno(カクノ)」がヒットしたのは俺も知っていて、
そのような初心者向けの安価な万年筆が
結構色々な会社から出ているということが分かりました。
試し書きもしてみると、意外とどれもそんなに安っぽくなく。
まあ一本目だし、こんくらいので十分かな…
とは思ったんですけどね。
しかし、安いのってどうしてもルックスがファニーになりがち。
対象年齢も低いだろうし、製造費的にも高級な仕様にはなかなかできないから
そっち方面に行っちゃうんでしょうけど、
いい大人の俺が使うにはちょっとユルすぎる。
なかなかうまくは行かないもんだ…と思っていた時
ふと目に止まったペンが、今回俺が購入したブツです。


IMG_1730.jpg


プラチナ社の「Plaisir(プレジール)」。
アルミの軸にパール塗装を施した高級感あるルックス。
遠目で見れば高価格帯のものと何ら遜色ありません。
これで何とお値段1,000円(税抜)。
頑張ってるなぁ、メイドインジャパン。

カラーは現在全10色出ているのですが
俺が選んだのは恐らく最も人気が無いであろうグリーン。
地味だし野暮ったいのは分かっちゃいるんです。
しかしながら、実は緑は昔から俺のアイデンティティカラー。
キノコを愛し、山を愛する俺にとって緑は最も心安らげる色。
心を落ち着け、紙とペンに真剣に向き合うためには
このカラーを選ぶことが重要だったわけです。

ペン先はこんな感じ。


IMG_1731.jpg


さりげにボディと同色コーディネイトなのがシャレオツでしょう。
ベーシスト的に言うならマッチングヘッド!
サイズは細字タイプ(0.3mm)。
万年筆の線って表記より太い印象なので、
日常の筆記用にはこれくらいで丁度いいと思います。


IMG_1729.jpg


素材はステンレスで、高級万年筆の14金のような柔軟性はありませんが
それもまた個性。
いずれ金製のものを買った時も、書き味で使い分けもできますし。
太さが均一な分、日常の気軽な筆記には向いているとも言えます。

初めて手に入れた万年筆ですが、
このストレスの無い書き味はクセになりますね。
日常的に使うことが一番のケアだという話ですし
定期的に文字を書いて、自分フォントを練り上げていきたいと思います。

最後に、今更ながら知った有名な動画をご紹介。
こんなんできたら楽しくて仕方ないでしょうね。
ナミキファルコンというのはPILOT社の
ELABO(エラボー)」という商品の輸出仕様のものだそうです。
ペン先は流石にカスタムしてあるみたいですけど。








プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 細字 グリーン PGB1000#41-2プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 細字 グリーン PGB1000#41-2
()
プラチナ万年筆

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/476-e6e7d28b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お久し振りです。

万年筆良いですね。私もいつかは!と思いながら価格の高さに
中々手が出ませんでしたが、¥1000となるとボールペン感覚で買えそうです。そして緑色・・・私も一番好きな色です(^^)アメブロの緑色位が一番好きな色ですが、ダークグリーンも落ち着いた雰囲気で好んでいます。

それにしても最近色々と購入意欲が高まっていて^^;
・財布(4月に購入済み)
・鞄(レザー)
・万年筆
・アンティーク家具
アンティーク家具なんかは置く場所もないのに、いずれ欲しいなと思っています。(チェスターフィールドソファなんかは憧れです)多分一度買い始めたら止まらなくなりそうで怖いですが・・・。
Posted by tomojin329 at 2014.08.08 22:44 | 編集
>tomojin329さん
コメントありがとうございます。
これ、かなりおすすめです。
ちなみに、ペン先は同じでさらに安い「プレピー」ってやつは何と200円で買えます(笑)
http://www.platinum-pen.co.jp/fountain_preppy.html
これでなくとも、結構各社低価格帯でもいいものをしのぎを削って作っているようなので、一度試し書きにでも行かれるといいと思います。
まあ、tomojinさんくらいなら最初にドカンといいやつ買った方がいいかも知れませんけども…(笑)

家具はヤバイですねー。
俺は部屋づくりの才がまるで無いのでその辺は未開拓ですが…
いいカバンは俺もいずれ欲しいです…。
Posted by なおき at 2014.08.08 23:44 | 編集
そこまではお金が(笑)
実家暮らしで、貯金以外を全て靴に注ぎ込んでいる状態ですから(;´・ω・)
¥1000以下はかなり魅力的です。

部屋作りは自分も全くです。
今日某巨大ホームセンターに行ってアンティーク(復刻も取扱いあり)SHOPでグリーンのチェスターフィールドソファがあって値段見たら¥400,000で即撤退でした(;_;)

鞄(レザー)、日本だとHERZとか有名ですが高いですし・・・。自分はゆっくり探そうかなと思ってます。
Posted by tomojin329 at 2014.08.09 00:11 | 編集
こんにちは。

万年筆、僕も昨年買いました。年賀状とか招待状の返事とか、ボールペンだと味気ないな~と思ったのがきっかけですが、下手なりに味のある(と思っている)字が書けてお気に入りです。長く使えますしね。

字、上手じゃないですか!書道の基礎があるとやはり違いますね。僕も自分フォント無くて困っています。毎回書く字が違うという、、、筆跡鑑定されるようなことになった時は得かも 笑

たまたま僕のもプラチナです。いろいろな文具店やホームセンターとコラボしたり、地域の山や特色のある色のオリジナルインクを発売したりと頑張っていて応援したくなるメーカーです。

最後の動画、驚愕ですね!ペン先の動画、新たな暇つぶしになりそうです。紹介ありがとうございます!
Posted by marumono at 2014.08.09 21:42 | 編集
>marumonoさん
コメントありがとうございます。
プラチナ買われたんですね。俺も今回の出会いに感謝して、次に高級なのを買うときもプラチナにしてみようかとか考えております。
しかしながらインクはやはりこの動画で使われてるこれに惹かれてしまいますねー。
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/ink/iroshizuku/
これ使いたいがためにコンバーター買おうかと思案中です。

字はまあ、丁寧に書けばこれくらいにはなるんです。
ささ~っと書いた時に目も当てられない感じになってしまうのが悩みで、そこをもっと書き込んで慣らしていきたいなぁと思っております。
Posted by なおき at 2014.08.09 23:36 | 編集
私、ませたガキだったんでしょうね、小6から中学にかけて安物の万年筆を何本か所有していました。同じクラスの友人が、「俺の親父は小説を書いている。おれも小説家になる」と言いながら万年筆を愛用していたのに影響されました。大した字も書けないくせに、これを持っていると大人の気分になれたというか、周囲に見栄を張っていたんでしょうね。

それ以降は面倒臭くなってボールペンでした。
万年筆の存在を忘れておりました(笑)。
でも50になって(いやあと1か月先ですが)、こちらの記事を見て万年筆いいなあと思いはじめました。
今度文具屋に行ってみます。
(すぐ人に影響されるのがいけない・・・)
Posted by なおけんた at 2014.08.14 18:23 | 編集
>なおけんたさん
コメントありがとうございます。
確かに普通の感覚だとちょっとませた感じはあるかも知れませんけど、こういう書きやすい筆記具で書くのって中学生くらいになったら教えてもいいんじゃないかと思いますけどね。メンテナンスが難しい点はあるでしょうけど。
何かいい万年筆買われたらブログで紹介して頂きたいです。これからの参考にもさせて頂きたいですし。
Posted by なおき at 2014.08.15 19:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。