--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.01

あけまして

おめでとうございます!
年末は武田組の滝川ライブに拉致され、素晴らしいものを見ることができました。エースケさん、あんたすげえよ!
そんでもって大晦日。
今年半分くらいはPRIDE地上波が見られなくて涙を飲んでいた我が家の男衆ですが、大晦日くらいは「男祭り」見なくてどうする!ってことで、DMM.comでもってネット生中継を購入、「紅白歌合戦」の流れるテレビの上にノートパソコンを設置して、年越しそばをすすりながらPRIDE観戦しておりました。
つーわけで試合レビューいくぜ!見られなくて悔しい人はこっから見なくてもいいですよ。うへへへへ。
ていうか見たい人は、DMM行ってダウンロード版を購入しましょう。今月末まで買えます。
第一試合:田村潔司○vsミノワマン●

とりあえず、ここへ来てリングネームを変える美濃輪のアホっぷりに感動。清々しさすら覚えますね。
試合は田村の膝がレバーあたりにモロに入って完全なKO勝ち。やはり経験の差という感じでしょうか。そこ以外には見所は特になし。

第二試合:青木真也○vsヨアキム・ハンセン●

青木ツヨスwwwwwあのヨアキムをあんなにあっさりと!!
ていうかこの時は動画の状態が最悪でフィニッシュシーンはうまく見られなかったのですが。江頭タイツとバカサバイバーでイロモノの印象が正直あったのですが、こりゃぁ本物だ。五味の新たなる強敵出現ですよ。大金星。
ヨアキムは髪が生えて、いつもの宇宙人感がちょっと薄れた感じで、ひょっとしたら敗戦の理由はその辺にあるわけないですね。すいません。

第三試合:郷野聡寛○vs近藤有己●
どちらにもあまり思い入れがないのでよく見てませんでした。判定だったみたいだし印象ないです。
あ、あった。リトル清原。

第四試合:マウリシオ・ショーグン○vs中村和裕●
結果として中村は負けました(判定)が、俺は中村の頑張りを讃えたい!!
その驚異的なまでの華の無さもあってか、やたら試合に関しては塩評が目立つ中村ですが、今回はとにかく攻める攻める。ショーグンも本調子ではなかったように見えましたが、結果として見事に実力がかみ合ったいい試合でした。中村は株を上げましたね。

第五試合:ギルバート・メレンデス○vs川尻達也●
壮絶な打ち合い!かなり迫力の一戦でした。
今回の大会はそういうのが多いんですが、まさに実力伯仲といった感じで、判定でもいい試合でした。DYNAMITEにも見習って欲しいすよ。
メレンデスはライト級の新たな強豪ですね。五味も対戦を希望しているようだし、近いうちにタイトルマッチが実現しそうです。

第六試合:藤田和之○vsエルダリ・クルタニーゼ●
レスリングのメダリストとはいえ総合素人のクルタニーゼが藤田に勝てるはずもなく、一方的に終了。見所なし。

第七試合:五味隆典○vs石田光洋●
スカ勝ちの五味が帰ってきた!やった~!
予告通り、石田に何もさせずに終了。鬼神の如き強さとはこのことですよ。つーかまあ、石田くんにはまだ早かったね。アウレリオに勝ったとはいえ、まだまだPRIDEじゃ新人。これからです。

第八試合:ジェームズ・トンプソン○vs吉田秀彦●
今回は「まさか」があるな、と思って見てました。んで、「まさか」が起きました。前回の無差別級GPでの藤田戦で見せた進化はまだ続いていたんですね。これでもう、ゴング&ダッシュだけのイロモノとは呼ばせない、新たなるヘビー級の有力ファイターが出てきたってわけです。
吉田は壁に当たりましたね。これまで結構印象に残る試合はあったものの、実際は体重の軽いシウバやらイロモノやらとの対戦だったわけで、正直ヘビー級の第一線でいけるファイターとは呼びがたいことが見えてきました。これからどうなるかなぁ。

第九試合:アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○vsジョシュ・バーネット●
名勝負!判定でも名勝負!
とにかく寝ても立っても息詰まる攻防の連続。それも単に派手なだけではなくレベルが高い!お互い全力を尽くした上での結果、全くもって文句なしです。
ノゲイラは見事無差別級GPでのリベンジを果たし、また強いノゲイラが戻ってきた感があります。バーネットも、顔中鼻血で真っ赤に染まりながら拳を振るい続けた姿にはシビれた!お前達、男だ。(親指)

第十試合:エメリヤーエンコ・ヒョードル○vsマーク・ハント●
やっぱり、ハントってただもんじゃないっすね。
始まってすぐに腕十字を取られ、あっさり決まるかなと思いきや、本能的ともいえる体の動きでするりと外し、あまつさえヒョードルにアームロックさえ決めかける!あのヒョードルにアームロック!あのハントがアームロックですよ!ありえんですよ。
結果的にはその後キレたヒョードルにアームロックを決め返されて負けたハントですが、その類い希なる格闘センスには戦慄すら覚えますね。すんげー面白かった。

総評:
面白い男祭りでした。満足。
後で録画でダイナマイトを見て更にその面白さを実感。マジで。
かみ合わなさすぎだろう…常識的に考えて…。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/49-aec40fb5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。