2007.01.03

古着の話

武田組の月岡氏に、もっとブログ更新しろと言われたので今年は頑張ってみようと思います。

さて、恥ずかしながらここ数年ろくに服というものを買っていなかった俺ですが、今年の初売りを機に、ひっさびさに古着屋をガーっと回っていろいろと買いました。やっぱ古着屋巡りはたまらんぜ~。
その中からいい感じのアイテムを二つほどご紹介。
F1000070.jpg

左:ネルシャツ@DROP KICK
うちの弟が超の付く古着フリークなわけですが、そいつの影響で買ってみたネルシャツです。BIG MACというわりと有名なメーカーのもの。やっぱり名の通ったメーカーのネルシャツはただ名前だけでなく、柄、発色、形などの良さが他とは違うんですよね。そして特にこいつは「オーダーメイドっすか?」と問いたくなるほどのジャストサイズ。一生もんです。
右:レタードカーディガン@High Position
レタードカーディガンは昔からデザインが大好きなアイテムで、冬場に、黒くて三本線の入ったやつを着ているのを大概の知人は見ていると思いますが、あれ以降どうも気に入ったやつがなくずっと探していたわけです。というのも、レタードカーディガンというのは大概、でっかいアルファベットのワッペンがドーンと貼られてたりするのが多いんですが、俺はあれがどうも苦手で。ガキ臭くなるというか。そこへ持ってきて、こいつはワッペンはあるもののそれがうるさくなく、全体の雰囲気が実にいい。そして着たときのシルエットがいいんです。Beckyって書いてあるところからも多分レディースなんですが、適度にタイトでピッタリと着られる。ちょっと汚いけど、風合いのある緑色もよし。久々に、出会ったな~と思える一着です。

古着ってのは、俺みたく流行りを追いかけるのが嫌いな(流行りを追いかける金がないとも言う)人間にぴったりの服ですね。
同じものは一つとしてない、究極の一点物。いつの時代でもそれなりに着られて、いつでも自分の好きな格好ができる。
最近ふと、例えば俺に子供ができたとして、その子供の時代に古着ブームが来たとき「親父、すげーの持ってんなぁ」と言われたら、というようなことを妄想しました。
うれしいだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/50-fd539821
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する