--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.10

Ju-ken

…というと、ベーシスト的には
VAMPS等のサポートで活躍するセッションベーシストなわけですが。

http://ameblo.jp/jkn0music/

今回こういうタイトルを付けたのには別の理由があります。
久しぶりの古靴紹介ですよ~。
登場するのはこの御方!


IMG_2444.jpg


続きは以下。


はい、今回ご紹介するのは皆さんお馴染み
Florsheimのケン様ことKenmoor。
それも一番よくある「93602」です。
おめーそれもう持ってるし、
しかも同じ色ならもっとレアなケンイチがあるだろ?
つー話なんですけど、
これ本気で買おうとは思ってなかったやつなんです。
ebayに10ドルスタートで出ていたやつで、
スペックを見てみるとそれなりに古そうだったので
まあ30ドルくらいは入れてみるかと思って入れてみたら
案の定即「上回る入札が行われました」となって、
それで買えないならいいや~と、
この靴とはそこでオサラバのはず、だったのですが…

いきなり次回予告しちゃいますが、
次にご紹介する予定の別の靴を落としてから数日後。
ebayアプリから通知が来まして。

「オークション終了間近です。あなたが最高入札者です」

ファッ!?

びっくりして確認してみると、
こないだオサラバしたはずのケン様に
俺より高値を付けていたはずの入札者が消されていて
俺が唯一の入札者となり、入札額は開始額の10ドルのまま。
そのままオークションは終了となり、
何と10ドルで古いケン様を入手することに…(笑)
てなわけで、今回のブログタイトルになったわけです。
10ドルケン様、10ケン。
円安の上に、送料がそれなりにかかったのでお得感は薄いですが…
つーわけで、まずは届いた時のありのままの姿を御覧下さい。


IMG_2442.jpg


きったねえwwwwwwwww

まぁ何しろ汚い。
シミ、キズは当たり前、色も抜けてる上に
塗られてるクリームも相当昔に塗られてそのままって感じ。


IMG_2449.jpg


ヒールは大分片減りしてて、片方のVクリートは取れちゃってます。


IMG_2448.jpg


ソールは真っ黒になっちゃってて、木目なのかハンドラブドなのか
判別は不可能な状態。


IMG_2443.jpg


インソールのクッションは湾曲タイプで、
なおけんたさんとこの情報によれば65年以前のものってことになります。
インソックに謎の接着剤のようなものが付いちゃってて、
これはまだ取ってません。どうしようかな。


IMG_2450.jpg IMG_2451.jpg


ライニング表記はどっちも薄くなっちゃってて年代判別は困難です。
F?に見えなくもない?
とすると65年製でしょうかね。


IMG_2445.jpg


そしてアッパーですが、
ご覧のとおりのカサつきぶり。
まだ致命的なクラックに発展してはいないものの
このまま放置すれば確実に深くヒビ割れてしまう状態。

でもね、まあこの辺は覚悟で買ってるんで別にいいんです。
このアッパーだってebayの写真で見てましたし。
俺もこれまでいくつもの古靴を手に入れてきて
60年代以前の良質な古靴のポテンシャルはよーく知ってます。
むしろこれくらいのブツを、メンテの力でどれだけ回復させられるか?
ってとこに燃えてこそのマニアでしょう。
てなわけで、まずはツリーを入れ、しっかりと汚れを落とし
そして、アレですね。


IMG_2453.jpg


いや、実際は200ミリリットルのグリセリン水溶液ですけども。
そいつでもってガンガンに保湿!
吸収、乾燥後にいつものサフィールで油分補給と補色を行い
仕上がったのがこちら。


IMG_2446.jpg


IM7.jpg


ど~ですよ。
いい感じじゃないですか?


IMG_2447.jpg


取りきれなかった汚れ、隠しきれなかったキズはありますが
アッパーのコンディションを整え、均一にクリームを入れることで
それらがいい味となり、さながらアンティークの家具のような
味わいを演出していると感じています。
いや~、やっぱり60年代の革はポテンシャルが違いますわ。
グリセリン保湿した時よりむしろ、その後にクリームを入れた時に驚きましたね。
ブラッシングした後の輝き方がハンパない!
腐ってもケン様たぁこのことですな。(そんな諺はない)


P1010145.jpg


というわけで、我が家では2足目の60年代ケン様でした。
こいつはいずれ、結構な具合にカスタムして履くことになると思います。
どっちにしろ今のヒールじゃ履けないし。
何しろ10ドルだから何をしても心が痛まない(笑)
こいつの味の出方は、ドレスシューズというよりはむしろ
トリッカーズのようなカントリーシューズ的解釈で履くのがいい気がしてます。
思い切ってソールはコマンドソールなんかにしてしまって、
シューレースホールも外ハトメにしちゃってワイルドに。
夢が広がりますね~。

あとはこいつの名前なんですけど。
10ケンでもいいんですが、
これまでケンイチ、ケンジ、ケンゾウと付けてきた法則に則り
(年代的には長男なんですが、まあそこはそれ)
また、この七つの傷を負ってそうなヤレっぷりにあやかって
「ケンシロウ」と名付けることに致します。


img_2.jpg


以後、お見知り置きを。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/505-cbfa35ac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
素晴らしい!ケンシロウ!

靴版「マイ・フェア・レディ」ですな(古っ)。
「プリティ・ウーマン」にしておきます。

安く買って見事に再生させましたね。
実はナオキサンも私と同類(の貧乏性)ですか?

個人的には大拍手を送りたいですね。
Posted by なおけんた at 2015.03.10 22:16 | 編集
$10・・・
幸運としか言いようがないですね(^^)
ケン様の外鳩目いいですね!カスタム後の写真も是非お願いします♪

で実は私も本日93602が届きました。
EIなので68年ですが、アッパーの色が今まで見たものとは違う濃さ&異常な釘の数です。
夕方にグリセリン保湿を施したので(物凄い勢いで吸収していきました)、今週中にアップできればと思います。

※なおきさんの次なるペアも楽しみにしています(^^)
Posted by tomojin329 at 2015.03.10 22:41 | 編集
>なおけんたさん
貧乏性なのではなく、単に貧乏なのです(血涙)
マイ・フェア・レディは観たことないんですけど、オードリー・ヘップバーンなんですね。昔の映画の男優さんのファッションは格好良いですよねぇ。参考にしてみたいと常々思いつつも、地が違いすぎて…(笑)

>tomojin329さん
幸運というか何というか…本来買うつもりなかったものですから微妙な気持ちですが、いい仕上がりになってよかったです。
カスタムはまだ先になりそうですね。本格的にやろうとすると結構お金かかりそうですし…(笑)
そちらの新たな93602も楽しみにしております。
Posted by なおき at 2015.03.11 23:47 | 編集
素敵なものをお持ちですね。
60年代のケンムーアはあるようでさっぱり見つかりません。泣けます。
関係ありませんが、モノクロの男漫画は何故かブログ冴えしますね。(笑)
Posted by スニゲーター at 2015.03.14 00:22 | 編集
お久しぶりです。

やっぱり定番にして最高のモデルですよね。実は私の茶kenはクラックが発生しており、60sの良コンディションを捜索中です。私もこんな安価で入手できればなー…。

それにしもケア後は見違えました。こういう楽しみも古靴ならではですよね^ ^
Posted by 電池 at 2015.03.14 23:32 | 編集
>スニゲーターさん
初めまして。コメントどうもありがとうございます。
60年代は探そうと思っていつでも見つかるもんじゃないですよね。タイミングが合うのを気長に待つ必要があると思います。
バキは使いやすいんですよね(笑)弟が集めたのがあるのですぐ出せますし。
あとは美味しんぼとかその辺を上手く使っていきたいです。

>電池さん
60年代はやっぱり違いますね。
しかし今回のこれに関しては安いだけあって安いなりのコンディションであり、電池さん基準なら確実にアウトのもんですよ(笑)サイドもクラックに近い状態ですし。
それでもメンテするとまだまだ行けそうな感じがするのはやっぱり古い革の凄さですかね。
Posted by なおき at 2015.03.15 00:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。