2016.02.13

MADOGATARI & SIAM SHADE

IMG_3979.jpg IMG_3980.jpg


先日2月11日の建国記念日、
SIAM SHADEのZepp Sapporo公演と
時を同じくして開催されているアニメ会社SHAFTの40周年記念イベント
「MADOGATARI展」の2つのイベントに参加してまいりました。
今回はそれらのレポなどを。
ネタバレありですので、避けたい方は以下進まぬよう。
続きは以下。



今回、SIAM SHADEはもともと行く気マンマンだったのですが
MADOGATARI展は突発的に行こうと思い立ったものでした。
SIAM SHADEには友人の石井くんを
「チケット代出すから来い」つって
旭川からわざわざ呼び寄せていたわけなのですが、
Twitterでフォローさせて頂いてる札幌の方が
「MADOGATARIに行く」と発言していたのを見て
そういえば今やってるんだよなと思い出し、
音楽好きかつヲタである石井くんをこっちにも連れて行けるなと考え
急遽予定に組み込まれたのでした。
まずは13時からMADOGATARI展を観て、
その後16時オープン17時開演のSIAM SHADEに行くという算段。

このMADOGATARI展、来場者の数をコントロールするため
時間をいくつかに区切ってチケットが発行されており、
自分たちは13時からのチケットを購入して向かったのでした。
しかしここに落とし穴が。
チケットを持ってさあ並ぶぞと来場者の列に向かったら

「整理券はお持ちですか?チケットとはまた別なんですが」

と言われ。
言われたまま整理券を貰いに行くと、

「14時半にまた来てください」

はぁ!?

マジかよそんなん知らねえよ!
何のために13時って書いたチケット買ったと思ってんだよふざけんなよ
と騒いでも仕方がないので、
サッポロファクトリー内のタージマハールに向かって昼飯の後
改めて入場したわけなのでした。
多分平日ならこんなことにはならんかったと思うんですけどね。

MADOGATARI展のチケット代は前売で1,800円、当日なら2,000円。
これを高いと思うか安いと思うかは貴方次第ですが
展示されていた様々な原画の迷いのない描線に
日本のアニメーションを支える職人の技術の粋を見た気がして
少なくとも損はしないと自分は思っています。
もっとガチガチに作りこんだ世界観を見せてくれれば
こりゃ安いとなったのかも知れませんが
巡回展にそこまでは望めませんわな。
まあそれより何より今回のグッズがですね


IMG_3976.jpg ショッパー
IMG_3977.jpg アクリルマスコット2種


忍ちゃんが
死ぬほど
かわいい!!


控えめに言って天使としか言いようが無い。
チケ代払って入らなきゃこれらを買えなかったと考えれば安いもんです。
他に買ったものは


IMG_3975.jpg


杏子ちゃんのティーカップ。
イヌカレーのとぼけた絵がいい感じです。
紅茶を飲む習慣はないのですが、これを機に飲むようにするか。
あとは


IMG_3978.jpg


札幌会場限定のバッジ。
東京、大阪、そして札幌と
メインとなるキャラクターが決められているようで
札幌はまどマギからマミさんとなぎさ、化物語から撫子と翼。
入場者全員に配られるバレンタインカードがマミさんと撫子のイラストでした。

今回の目玉の一つはまどマギの新作コンセプトムービーでしょう。
どういうお話に沿って作られているのか、
そもそもお話なんて出来ているのかもよく分かりませんでしたが
とりあえず一通りのキャラに加えて
何だか仁美も重要キャラくさい感じになっており
そしてマミさんが謎の大物感を出しておりました(笑)
とりあえず新作があれに沿って作られるのであれば
マミさんファンは安心してもいいかと。


そしてこの展示で結構時間を食ってしまい
Zeppに着いたのは何だかんだで16時半頃。
そこからコインロッカーに荷物を預けて入場する頃には
場内すし詰めで前に行こうにも行けず。
止むを得ず後ろの方で頑張って観ておりました。
DAITA側にノッポがいてそっちはほとんど見えませんでした…

セトリはこんな感じ。


20160211setori.jpg


http://dailysetlist.net/archives/21467より拝借)


個人的には最高とまでは言わないまでもかなり良セトリ。
まずやることは期待していなかった「3」収録の
「Dazed And Alone」や「CUM WITH ME」なんかが
インストメドレーに組み込まれていたのがすげー嬉しかった。
「IMITATION LOVE」や「SHAKE ME DOWN」らへんの
「2」の名曲も聴けましたし。
(東京でやってたというCAN'T FORGET YOUも聴きたかったけど…)
今回かなりリクエストが多かったであろう「ブランコ」は
やはり文句無しの名曲だと再確認しましたし、
そんなに好きじゃなかった「1999」なんかも
ライブで聴くと印象が変わって、持ち味の大陸的な広がり感が強まって
良質のジャパニーズアメリカンロック(何だそりゃ)であると気づけたのも
嬉しかったですね。
あとは「Dear...」。
これ、東京2公演ではやってなかったらしいんで特別感ありますよね。
ファンとバンドの絆を表すこの曲は生で聴くと本当に胸に響きます。

バンドの調子も良かったと思います。
特に栄喜、何やら今の自分に合った歌い方を最近見つけたらしく
非常にパワフルかつ伸びのある歌を届けてくれました。
ろくにMCもせずひたすら煽って叫んでの栄喜にノセられ
会場のボルテージもどんどんヒートアップ。
遂には先の2公演では成し得なかったダブルアンコールを演出するまでに!
しばしステージ上でメンバーが円陣を組み

「…やっぱこういうのは、良くないな(苦笑)。
でも、そこまでされちゃ、応えないわけにはいかないからな」

と栄喜が語って、披露されたのは「Dreams」。
本当に大好きな曲。
最高の詞とメロディーとアレンジを持った名曲中の名曲だと思います。
俺「何でアニメ『ダイヤのA』の主題歌がDreamsじゃないんだ」と
割とマジで思ってますからね。GLAYには申し訳ないけど。
ドンテルでブチ切れて終わるいつものパターンももちろんいいんですが
こういう爽やかなシメも大いにアリだよなと。レアだし。

もうこの先北海道に来る可能性は限りなく低いでしょうが
それでもいいんだ。
今回最高のものが観られたし。
ダラダラ続けられるよりたまに集まって
また最高のものを届けてくれるであろう彼らが一番かっこいい。
また観に行きますよ。
いつかまた武道館のステージに立ってくれることを祈って。


関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/537-b4565843
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
羨ましいセットリストです。
ダブルアンコールあるほどの盛り上がり、同じ場所で見てみたかったです。
Posted by zukupiro at 2016.02.14 00:06 | 編集
>zukupiroed氏
3月5、6日Zepp Tokyo追加公演だよ。
行くしかなかろー
Posted by なおき at 2016.02.14 08:16 | 編集
管理者にだけ表示を許可する