2016.11.02

一人旅 二日目

また結構間が空いてしまいましたが
二日目の記録でございます。
続きは以下。





IMG_0143.jpg


二日目の朝。
早めに目が覚めたので外に出て、目の前の洞爺湖のほとりをしばし散策。

朝もやに包まれた湖は神秘的で、
何か信仰にも似た感覚が浮かび上がるのを感じました。
当たり前のことですが湖には波があまりなく、
朝という時間も相まって「静謐」という言葉が正に当てはまる雰囲気。
ド田舎ですし、田舎出身の自分には
田舎というものの魅力なんてほとんど分からないわけですが、
朝目覚めるとこの光景が見える…
ということを考えると、脱サラしてこの辺にカフェを開いたり
する人の気持ちが少し分かるような気がしました。

さて、素泊りなので朝飯が出るわけでもなく
準備ができたらさっさと行動開始。
北海道のどこでも我らを支えてくれる
セイコーマートで朝飯を済ませてから南下。
まずは伊達市から散策。


IMG_5810.jpg


いつもやってることなんですが
何しろ自分はリサイクルショップ巡りが大好きで。
旅行来ていつもやってることやっても仕方ないだろ、
と言われるかも知れませんが
普段来ない地方に掘り出しもんがあったら、と思うと
入らずにはいられないわけです。
そんなわけで伊達市のリサイクルショップはいくつか回りました…
が、俺のアンテナに触れるものは無し。
写真は伊達紋別駅の前にあったエヴァ感溢れるお店。


IMG_5809.jpg


最終処分場、という響きには
俺の厨二心がくすぐられます。


IMG_0183.jpg


端っこは結構バッサリ切れて海でした。
この堤防を乗り越えて釣り人さんたちが何人か。


IMG_5811.jpg


伊達市の街路樹は柿でした。
札幌あたりだと柿の木とかほとんど見ないので
やはり南方であると感じましたね。

とまあ、ブラブラしてましたが
お昼は室蘭で食おうと思い移動。


IMG_0184.jpg


胆振国道を走って山の上から見下ろす谷間から
JXエネルギー室蘭製油所の工場が見えた時の興奮!
自分サブカル好きらしく工場も普通に好きなのですが
あくまで普通に好きってだけで巡ったりはしておらず
こういうガチな工場って初めて見たので感激しましたね~。


IMG_0189.jpg IMG_0192.jpg IMG_0197.jpg


室蘭駅前のコープの駐車場に停めて街をブラブラ。
海の近くで、坂道が多くて、古い建物が多くて…
という点で小樽との共通点を多く感じましたが
寂れ気味と感じたのはやはり札幌からの距離の差でしょうか…
とは言え、かっこいい街ですね、室蘭。
あちこちにバカでかい工場があって、煙がモクモクしてて。
高低差があるのも、空知の平野育ちの自分には憧れの一つ。
実際住むとなるとまた大変なことも多いのでしょうが…


IMG_5812.jpg


こういうおもちゃ屋を見つけたら入らざるを得ないのが俺の性。
旭川のたもちゃんほど時が止まってる感じはしませんが
(トレカ販売で生き残ってる系)
やはり古色蒼然といった趣。


IMG_5881.jpg IMG_5882.jpg
IMG_5883.jpg


ここで出会ったのも何かの縁、と
何か買おうと思って悩んだ結果
こんなものを買ってしまった(笑)
下ネタ漫画で有名な原律子先生監修(と思われる)の
謎の神経衰弱的ゲーム。
果たしてこの先遊ぶことがあるのかどうか…

んで、昼飯ですが
室蘭と言えば焼き鳥…とは言っても
焼き鳥屋というのは基本飲み屋。
当然ながら夕方から営業というお店ばかりで
焼き鳥ランチは断念。
というわけで、かろうじて知ってた別の有名店にGO。


IMG_5813.jpg IMG_5814.jpg


カレーラーメンでおなじみ、味の大王。
買ったばかりの白シャツを着てこれに挑んだ俺が馬鹿だった…
紙エプロンの存在を知ったときには既に後の祭り。
用心して用心して食ってもそれでもやはり…(泣)
ちなみにお味は「うん、カレーラーメンだね」という
名前から想像できる味を上回りも下回りもしない感じでした。


IMG_5815.jpg


そしてまた俺好みのお店が…(笑)
ギンヤレコード。
薄暗い店内に、日に焼けた90sくらいのCDがわっさり。
DEAD ENDのライブ盤の封が開いていて
「中古なんすか?」と聞いたら、破れちゃっただけとのこと。
ここでも白髪の店主の物悲しげな佇まいに負け
何か買わねばと思ってピックアップしたのがこれ。


IMG_5816.jpg


Sleep My DearのラストライブのCD。
「買ってくれたから、おまけするから!」って
めっちゃ感謝されてる感じでちょっと値引いてくれました。
やっぱいいバンドでしたね。安定のパフォーマンス。
YASUMICHIのぶっといベースがたまらんす。
ちなみに元ボーカルのKoheyさんは
以前俺が動画をシェアしたのをきっかけにTwitterでフォローしてくれて
よく俺のツイをリツイートしてくれます。
いつもありがとうございます(笑)





その後、東室蘭駅方面に移動したのですが
街としてはそっちの方が栄えていることが判明。
その分特に個人的に見るべきところもなかったわけですが…

そうこうしているうちに日も傾いてきたので
登別も近いし、ちょっと温泉街の雰囲気を味わおうと思い移動。
ナビの示すとおりに進んだら物凄い真っ暗な道をひたすら進むことになり
本当にこっちでいいのか不安になりました…
が、到着。


IMG_0209.jpg IMG_0214.jpg


温泉街にはオレンジ色の灯りがよく似合う。
こういう土産物屋の雰囲気ほんとすき。
シャーマンキングとか好きな人なら分かって頂けるのでは。
ベストプレイス論的なね。

その頃には時間も随分遅くなっていて
日帰り入浴もだいぶ終わりかけていたのですが
辛うじてまだやっていた登別グランドホテルの温泉でひとっ風呂。
ただでさえ夜な上に露天はほとんど壁で囲まれていて
あまり印象的な風呂ではありませんでした。
バタバタしてたしね。

んで、室蘭に戻って工場夜景でも撮れるかなと思っていたのですが
工場も企業であるという当たり前のことを失念しており
その頃にはもうとっくに営業終了。
工場は何にも見えなくなってましたとさ(笑)


IMG_0225.jpg


悪あがきの測量山からの夜景。
三脚で粘ってたんですが、真っ暗な山の上で
誰もいないならいないで怖いし、
人が来たら来たでヤンキーだったらどうしようって怖いし
終始ヒヤヒヤもんでした(笑)

んでまあ、その時間まで晩メシ食ってなかったわけですが
当然そんな夜遅くにやってる店など限られるわけで
宿にも戻らないといけなかったので
結局山岡家伊達店でディナーとなりました…(笑)


IMG_5884.jpg


大好きだから全然いいんですけど。
次回は最終日。

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/545-6a400761
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する