2017.10.14

昭和のステレオ

お久しぶりです。
Facebookではご紹介していたものの、こちらで紹介するのを忘れていた
我が家のとあるインテリアについて書こうかと思います。

2年前に今の家に越してきてから、暫くの間
俺んちにはテレビの台がありませんでした。
引っ越してすぐに昭和っぽいテーブルとソファーを買ってしまったので
それにマッチするテレビ台が何かないものか?と悩んでいたのです。
ニトリで売ってるようないわゆる普通のテレビ台なんて買いたくないし
かと言って何が思い浮かぶわけでもなく
仕方なくただの収納箱を並べてみたり、
ヤフオクで落としたELKのボーカルアンプ(部品取りに使った)に
乗せてみたりしていたのですが
ある日思いついたのが、昭和のステレオ。
四本脚の付いてるタイプ。
そういうのなら今ある家具にもぴったりだし、
折しも実家が引っ越しを控えており、
行き場を失いかけていた親父のレコードコレクションが大量にあったので
それを頂いてきて、あとはレコードの聴けるステレオがあれば
俺んちの音楽アーカイブが一気に拡充するじゃん!
という野望の元、早速ヤフオクでブツを探し、落札したのがこれ。


IMG_8233.jpg


SHARPのトロイカ525というモデル。
昭和45年頃の商品だそう。
こちらに詳細な画像があります。
落札額は忘れましたがたしか5000円もしなかったはず。
中にはレコードプレイヤーとトランジスタのAMラジオが仕込まれています。


IMG_8229.jpg


これを探すにあたって重要だったのは「前開き」であるということ。
検索していただくとお分かりかと思うんですが、
こういう昭和のステレオって上開きのタイプがかなり多いんですよ。
俺は上にテレビを乗せるために買うので、上開きでは使えない。
しかし前開きのタイプってかなり少なくて、
こんな良好なサイズ感で見つかったのは運が良かったなと思っています。

で、これ。
レコードOK、ラジオもOK、ウサミン ウサミン グルコサミン(幻聴)
という触れ込みで出品されており
実際に動作はしたのですが、
実家から頂いてきたレコードをかけてみると、何か音程が低い…
改めて今調べてみると、西日本と東日本では電力の周波数の違いがあり
これは西日本用の商品なのでこっちで使うには部品交換が必要らしいのですが
購入当時はモーターか何かがヘタってて回転数が落ちてるのかな?
と考え、近所のオーディオショップに相談してみたものの
法外な値段がかかるとのことで、
治ったところで大した音にもならんことが分かりきっているものに
そこまで金をかけるのもムダなので、
結局レコードプレイヤーは安いのを新たに買いました(笑)
そんなこんなで、このステレオはただのバカでかいAMラジオとしてのみ
我が家で機能しております。
しかし、これで聴く野球中継とか妙に味があって良いものです。

で、さらにこれでやってみたいことがありまして
最近ようやくそれを実行に移しました。
現在、これの中はこんな感じになってます。


IMG_8222.jpg


使えないレコードプレイヤーは取っ払ってしまって、
開いた穴はホーマックで板を買ってきて塞いで
そこに新たにブルーレイプレイヤーを仕込む。
(隣りにある白いのは録画用のハードディスク)
70年代のステレオを開いたら、現代のブルーレイプレイヤーが入ってる。
このミスマッチがやりたかったんですよ!!


au60back2.jpg


このステレオ、レコードスペースの後ろの板には穴が開いていて
そこからブルーレイプレイヤーのケーブルを通しているのですが、
これはもともと奥行きが浅くてLPレコードが入り切らないため
レコードをちょっとはみ出して入れられるように開けてある穴であり、
家電のケーブルを通すためのものではないのです。
レコードプレイヤーを外すことなんて想定していないから当然ですが。
それがちょうど渡りに船で上手くいってしまったという偶然。
こいつもまさか生まれて半世紀近く経ってこんな使い方されるなんて
思ってもみなかったでしょうね~。

そんなこんなで色々なことを経て、こいつは非常に愛着のある
我が家の重要アイテムとなっているわけです。
次回はこれと同時期に手に入れた親父のレコードコレクション及び
その後新たに購入したレコードの数々をご紹介しようかと思っております。
いい加減放置はせず早めに書くつもりです(笑)
では、また次回。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/552-6bd2c6dd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する