FC2ブログ
2017.12.11

酔九屋

俺は北24条駅から北西方向に行った所に住んでいるのですが
基本的にはそこから地下鉄の駅方向に向かうことしかないため
引っ越してから結構な期間、自宅の西側というのは未開拓だったのですね。
ある日の休み、そちら側にどんなものがあるのかとふと気になり
フラフラ散歩していた時に、気になるお店を見つけたのでした。


18673119_1916114095273259_2576021849935004095_o.jpg facebookより拝借


まず、昭和感ある角の丸い長方形の大きな窓の
特徴的な物件に惹かれたってのが一つ。
そして、この日は定休日だったのですが
ここ、休みの日はこのようにメニューの書かれた黒板を
窓のところに出しているのですね。
内容を見ると、一筋縄ではいかないようなメニューが散見され
なかなかコダワリ派の店主が営んでいるというのが感じ取れました。

俺は何度も申し上げている通りの下戸で、
それ故に酒を飲めること、酒と料理を楽しめることに
強い憧れを抱いています。
「通いの酒場を持つ」というのもまたその一つ。
自宅から徒歩5分程度のこの店が
自分の好みに合った素敵なお店であり
大人の男として相応しい「通いの酒場」になるならば…
と考え、意を決して暖簾をくぐり(暖簾ないけど)、
果たしてそこは、俺の想像を超える最高のお店であったのでした。

それが、北29条西11丁目にある「酔九屋(つくもや)」さん。


20246442_1950149865203015_7760057462172918706_n.jpg facebookより拝借


店主のヤスさんはまだ30そこそこの若さ。
朝から市場で仕入れをし、仕込みをし、17時半から25時までお店を開けて
それ以外の時間も走り、ピアノを習い、山菜を採り、狩猟免許を取って狩りをし…
と、生きるエネルギーと時間を一切無駄にしない人。
俺もちょっとは見習わないとな…

レギュラーメニューはこんな感じ。


16640703_1868210970063572_3014816013514777473_n.jpg 16684065_1868210966730239_5120520261830097158_n.jpg facebookより拝借


これに、先程の写真の黒板のように
その日その日の仕入れで変わるメニューが加わります。
よく聞くフレーズで「何食ってもうまい」ってのがありますけど
ここのお店はまさにそれ。百発百中。
まあ何を置いても食っておかねばならないのは看板メニューの刺盛り。


IMG_8533.jpg


ヤスさんの心意気で500円で供されるこの刺盛り。
刺身に対する褒め言葉といえば
思考停止で「新鮮」と言っときゃいいような感じありますけど、
ここの刺身を食うと、新鮮さなんてのは
うまい刺身における前提の一つでしかないのだと分かります。
シメ方、シメてからお店に出すまでの熟成、昆布締めなどの仕事…
そういう手間を経て、刺身はただ切っただけの魚から、料理になる。
そんなことが実感できる刺身。

他のメニューの素晴らしさも言わずもがな。


IMG_8538.jpg IMG_8537.jpg IMG_8536.jpg

IMG_8535.jpg IMG_8534.jpg IMG_8546.jpg

IMG_8544.jpg IMG_8543.jpg IMG_8542.jpg

IMG_8541.jpg IMG_8540.jpg IMG_8547.jpg

IMG_8545.jpg IMG_8548.jpg


体裁としては和食屋っぽいこの店ですが、
メニューにはいい意味でこだわりがない。
その日仕入れた材料、今ある材料で
最も適した組み合わせと調理法を考えた結果の数々。
こだわっているのは、旨さと安さ。
揚げ油は全部ヤスさんが自分で豚の脂から取る自家製ラードだし、
九州出身の誇りの詰まった豚骨スープも三日かけて取ってるし、
シャンディガフのジンジャーシロップも梅サワーの梅も自分とこで処理したもの。
そんだけ手間がかかってるのに、驚くほど安い。
どんだけ頑張ってこれをこの値段で提供してるのかと思います。

そして、酔九屋の料理がうまい一番の理由は
ヤスさん自身が自分の料理が大好きすぎるとこだと思います。
ヤスさんの仕事ぶりを見ていると
「うまいっす」と言えば「うまいっすよね~」と心からの返事が返ってくるし
出来上がった料理を見て「うまそ~」って独り言言ってるし
作ってる途中でめっちゃちょいちょい食ってます(笑)
自分が間違いなく好きでうまいと思うものを作るから
出来上がったものに迷いがない。
それって一番大事なことだよな~。


22528709_1985529901665011_4179471633473902075_o.jpg facebookより拝借


俺は弱いのでなかなか手は出せませんが
当然ながら酒のセレクトも間違いないやつだと思われます。
銘柄の知名度に左右されない、ヤスさん自身の舌で選んだ酒ばかり。
俺が飲むのはレギュラーメニューからのビールやサワーなんですが、
これもめっちゃうまいんすよ。
最初に伺ってまず口にしたのがビールでしたが、
その時点で「ここは違う」と思いましたもんね。
温度管理や注ぎ方の丁寧さなのだろうな~。
あとオススメは生キウイサワー。なまらうまい。すぐ品切れになるけど。


正直、広めたくないな~って思いはあるんです。
今でさえ予約でいっぱいって日も結構あるし
完全ワンオペなので提供は正直遅いです(苦笑)
とはいえ、周辺のどの駅からも遠い奇跡的立地なので
流行るったって限度はあるだろうし、
何よりこんなにいい店、せめて俺のブログ見てる人にだけでも行ってもらいたい!
ということで、紹介に踏み切ったわけです。
食べログの点数は3.06。レビュー数は3つ。(2017年12月現在)
そんなWeb上のデータだけでは分からない魅力がここにはある。
札幌来たなら、すすきのでも二条市場でもなく北29条にタクシー飛ばして来い!
と言いたい。絶対損はしないから。

観光客向けではない場所に、こんなにいい店があるんだな~と思うと同時に
きっとこういう店は色んな所にあるんだろうなと思っています。
貴方の住んでる住宅街にひっそり佇む、
ガイドブックにも載ってない小さなお店が
実はとんでもない名店である、という確率。
決して低くはないと思いますよ。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/554-ba3ac644
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お久しぶりです!
去年は沼フェスに廃墟巡り等々付き合ってもらいありがとうございました!
遅ればせながら・・今年もよろしくお願いします。
酔九屋さんは連れて行ってくれた場所ですね?
ここはマジで美味かった!
店主の人柄も良かったし、何を頼んでも大当たりでした。是非また一緒に行きましょう!
Posted by いしー at 2018.01.16 19:33 | 編集
>いしーくん
むしろいつも沢山もてなしてくれてほんとにありがとう(笑)
今年もよろしくお願いします。
是非また行こう!
旭川にもまた行きたいので、そん時は是非ユーカラに(笑)
Posted by なおき at 2018.01.23 22:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する