FC2ブログ
2018.03.02

レコード生活初級編 その2

相も変わらずレコードばかり聴いています。
最近感じることは、音楽の好みが変わってきた…というよりは
レコードで流して気持ちのいい音楽を選ぶようになったこと。
それは音楽性然り、音質然り。
部屋で静かに過ごす際に適したリズムやテンポ、
そして心地の良い音域とパワー感で鳴らされる音を持つレコード。
そういうものを探していくと、自然と多く集まるのが
70年代~80年代初頭あたりの日本の音楽なのでした。


 


部屋で流す音楽は生活と共にあるもの、
言うなればそれは人生のサウンドトラック…ってな感じで、
以前と一番変わったのがサウンドトラックを買う機会が増えたこと。
中でも好きなのが井上堯之バンド関連作品。
井上堯之というよりは大野克夫の雰囲気が好きなのかも知れませんが…。
特に好きなのがこの「傷だらけの天使」のメインテーマ。
名前だけ言われてもピンとこないかも知れませんが、
聴いてみれば分かるはず。CMにも使われてましたし。
当時話題となった印象的な朝食シーンのバックで流れる曲で
そのせいもあってか朝に聴いて気分をアゲることが多いです。
このドラマ、観てみたいんですけどレンタルされてないんですよね…。
内容が過激だったり、ショーケンが色々やらかしたりしてるからかな。


 


井上堯之繋がりでジュリーも色々聴いてます。
EPが100円くらいで買えるので気軽なのがいいんです。
何だかんだカッコいいんですよね、今聴いても。
井上堯之バンドもいいですが、ケニーウッドオーケストラの演奏もまた良し。
「ヤマトより愛をこめて」ってシングルのカップリングの
「酔いどれ関係」って曲のベースがクソヤバいんですが、
誰が弾いてるんだろ…?
さらにそこにショーケンも加わったPYGは今一番LPが欲しいバンド。





そしてこの時代のドラマといえばやはり
松田優作の「探偵物語」は外せませんよね。
てなわけでSHOGUN。
百戦錬磨のプロ集団、流石のグルーブです。
LPの方は「俺たちは天使だ!」ってドラマのサントラなのですが
普通に歌入りの曲が多いのであんまりサントラって感じがしないです。





「そーいや結構有名なような」って位のノリで
ちょびっとだけ試聴して買った日本のEW&Fことスペクトラム。
2nd「OPTICAL SUNRISE」、帯付きで千円もしなかったんですが
これマジで大当たりでした。
EW&Fはそこまで聴いたわけでもないんですが、
本家よりハイエナジーな印象でとにかく熱い!暑い!
渡辺直樹のベースがヤバい!!
そして何しろこのレコードめっちゃ音がいい。
うちのクソ安プレイヤーでもはっきり分かる。マジ最高。
前述のSHOGUNメンバーとスペクトラムメンバーの両方が在籍する
AB'SのLPも手に入れていきたいですねー。
シングル「夜明け」はプロモ盤です。


 


ここまでの流れでお察しの方もいらっしゃるかとも思いますが
所謂「和モノ」はディスクガイドなんかも買って色々チェックしてます。
近年流行りなのでなかなかレアなのは見つからないんですが…
青池保子先生の絵が濃すぎる「エロイカより愛をこめて」を
リサイクルショップでDigった時はアガりましたねー。


 


ゆーても海外の作品も買ってます。
優秀録音盤として名高いSTEELY DANの「Gaucho」(国内盤だけど)
ボブ・ジェームスは何か基本らしいので買ってみましたが
ノリが和モノに近い感じで聴きやすくて良いですね。


 
 


近年のもあります。
陰陽座「迦陵頻伽」はバンド初のLPリリースということで
以前から何か音源持っとかんとと思っていたこともあり購入。
(ていうかベスト盤は昔買ったんだけど現在手元に無し)
素晴らしい作品です。当然ながら音質も最高。
Owenの「L'Ami du Peuple」は念願の一枚だったんですが
聴いてみるとあんま音良くなくてガッカリでしたね…。
アメフトの2ndがものすごく音良かっただけに余計。





山下達郎は「MOONGLOW」を入手しました。
次作「RIDE ON TIME」での本格的なブレイク前夜の名盤。
「Funky Flushin'」が聴きたくて買ったのですが
聴いてみたら「Hot Shot」のカッコよさに悶絶。
しかし山下達郎、「CIRCUS TOWN」あたりはちょくちょく見るのですが
DJクラシックになってしまった「SPACY」はマジで見ませんね…


てな感じで、そう高いのは無いですがどんどん増えております(笑)
最近7インチの面白さが分かってきて、着実に沼にハマりつつあります…
春になったら原チャリ買って、色々近隣のショップ巡りなどしたいなーなどと
野望を抱いている今日この頃なのでした。
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/557-c65c295a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する