2007.01.27

納豆

某大辞典のやらせによる騒動も収束し、納豆業界にとっては一瞬の夢?が終わったとも言える今日この頃ですが、俺の中では現在、ちょっと遅れて納豆ブームが来ております。

俺、長いこと納豆を常に食うという習慣がなかったのです。もともと別に嫌いではないし、家族は普通に食うので常に納豆は側にあったのですが、いちいち粘るのと臭いがちょっとうざくて、何となく距離を置いていたのでした。
しかし例の騒ぎですこし食ってみようかなという気になり、改めて味わってみると、やっぱうまいんですよね。しみじみと親しみの湧く味。俺たち日本人だよなぁーっていう。
それにやっぱネギですね。俺はもともとネギが大好きで、山岡屋では絶対に塩ネギ固めを頼むし、豚汁とかにもごっさり入れて食うのが好きなんですが、納豆をあまり食べなかったが故に納豆とネギの相性にも気がつくことがなかったわけです。しかし最近、納豆にネギを入れて食ってみるとこれは、素晴らしいじゃないですか。まさにケミストリーですよ。川端と堂珍どころの騒ぎじゃない。ちょっと衝撃でしたね~。
というわけで最近、納豆にタレとネギと辛子のフル装備で食べるのがマイブームなわけです。

確かに先日の騒動で納豆の売り上げは上がっただろうし、納豆業界的にもこれが続いて欲しいって願いもあったかも知れませんが、俺のようにあの騒動で改めて納豆の魅力を再確認したって人も多いと思うし、何よりこれだけ日本人の生活に根付いているものなんだから、納豆文化はこれからもずっと廃れることなく、我々の側に有り続けるのでしょうね。



ところで俺、納豆を飯にかけないんです。
納豆をそのまま食うんです。
何となく俺は、飯はもっと味の濃いおかずで食べたいって人なので。
これって少数派ですかね?
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/58-dbf94353
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する