2007.02.14

雫-shizuku-

泣きました。

雫~shizuku~ 雫~shizuku~
Kagrra (2007/02/14)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

期待以上の名盤。
M8「霞んだ冬の向こうに…」からM9「雫」の流れが美しすぎてもう。
盲目であるとバカにされてもいいです。今ビジュアル系で最も美しいメロディを作るバンドはKagrra,だ!と断言しちまいましょう。

Kagrra,ははっきり言って、結構変わりました。
歌詞からは古語などの分かりやすい和風アイテムは減り、衣装も洋服になりました。
とかく保守的なファンの多いビジュアル系シーンにおいて、変化していくということはそれなりのリスクを伴います。現にそのような変化についていけず、最近になって骸(神楽ファンの通称)を上がったという人の話もちらほらと聞きます。
しかし。
Kagrra,と俺が出会ったのは2000年、まだインディーズでも初期の頃。2ndミニアルバム「桜」が俺の買ったKagrra,の初音源でしたが、Kagrra,の凄いところは、その「桜」に収録されていた「沙羅双樹の子護唄」を、ちょっとだけリアレンジして再レコーディングし、メジャーでのシングル(2005年2月)としてリリースできてしまうという辺りで、当時からそれだけメロディセンスには卓越した物を持っていたわけです。そんな、日本人にしか作れない繊細なメロディラインを最大の武器にしているという点では、今も昔も何も変わっていないんじゃないかと、俺は上がっていく人達に言いたい。

多方面でのインタビューでも語っている通り、今作はとにかく「歌を最大限に活かすアレンジ」を心がけたそうで、実際まさにその通りの仕上がりになっています。曲調はいろいろあれど、中心にあるのはやはりKagrra,独特の流麗なメロディ。サビでドカーンと来るメロディの立ち方はまさに必殺。
かと言って楽器陣に聴き所がないかというと全くそんなことはなく、「風」の切なくも分厚く、迫力溢れるギターアンサンブル。Kagrra,の異色曲担当(笑)女雅らん作曲の「破戒」でのヘビーかつファンキーなノリ。「雫」アウトロでの魂のギターソロ。どれも、Kagrra,の楽器陣がまた一歩成長したなという実感を湧かせてくれる名演です。
あと、今回はプロデューサーさん(M1、3、9でCHOKKAKU氏が参加)との仕事の成果もあってか、シンセや同期等のバンドサウンド以外の音を取り入れるセンスがまたずば抜けて良くなりました。「霞んだ冬の向こうに…」のシンセフレーズとかはJ-POP好きなら思わず涙するような、ズルいまでのハマりっぷりを見せています。

とまあここまで、我ながらイタく語ってきたわけですが(笑)、今回本当にいいです。捨て曲一切無し、気合い入りまくりの一枚。
正直これがまたあまり売れなかったらと考えると、すんげ~悔しいです。Kagrra,をこれまで知らなかった人、ビジュアル系に固定観念がある人にこそ聴いて欲しい。そんな一枚です。
だから、これを見てる札幌の人。とりあえず、玉光堂パセオ店の試聴機には入ってることを確認してますから。是非聴いてみて下さい。そして良かったら買ってあげて下さい。初回は高いので通常版でかまいませんから。PVないだけですから。

どこの回しもんなんでしょうね、俺。


追記:
4月25日にバンドスコアもでるよ!
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ でるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/64-d20fd569
この記事へのトラックバック
ギターアンサンブルギターアンサンブルは、各種のクラシック・ギター|クラシックギターによる合奏、または合奏を行うオーケストラのこと。ギターアンサンブルは通常のオーケストラと違い、ギターのみで演奏を行う。オーケストラにヴァイオリンからコントラバスまで多様な音
| クラッシックの世界 at 2007.09.29 23:38
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する