--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.21

なかよしといっしょ

私、ゲームや漫画などを中心にできるだけ安い価格(明らかに店員がその価値や相場を分からずに付けてる感じの価格)でもってレアもの、プレミアものを蒐集するという実に陰気くさい趣味を持ってまして。
んでその過程で、分かる人が見れば「ああ、結構レアだよねそれ。その値段で買えたならお得だよね」ってな感じのブツにはそこそこ出会ってきましたが。
遂に、我がコレクション生活最大級の、特A級のブツを掘り当ててしまいました。
その名も、

なかよしといっしょ!
F1000103.jpg


はいそこ、引かない引かない。
別に俺「なかよし」読者とかじゃありませんから。

とにかくこの「なかよしといっしょ」は、1993年というファミコン最末期にリリースされた幻の一品であり、キャンペーン景品や特殊ルートなどで出されたものでない、一般流通でリリースされたファミコンソフトの中では間違いなく五本の指には入るレアソフトなのです。
我が地元美唄の「半額堂」のショーケースの中に無造作に並べられていたこのソフト、裸ではあるものの、何と

780円!!

店員さん、0が一個足りないよ!!
とか言いたくなりましたが、もちろん言うわけもなく。
これを見っけた時は久々に脳汁出ましたね~。やっぱ美唄は侮れねぇ。「Bフラット」と「半額堂」はマジで侮れねぇ。美唄の国道12号線沿いはマジで熱い。

カセット表面を見れば分かるとおり、幼年向け少女漫画雑誌「なかよし」のキャラクターが大勢登場するゲームであり、それを使えばいくらでもキャラゲーはできそうなもんですが、これ、主人公は自分。スタートして最初に会う人物は、「なかよし」編集者。どうなのよ、正直。
話を聞くと、「ラキイラという悪者が漫画の主人公をさらい、漫画家の先生達から大切なペンを盗んで、なかよし大陸に伝わるおうごんすいしょうを奪おうとしているから助けて欲しい」とのこと。
…無駄にわかりづれぇ。
ゲーム内容はというと、幼年向けに激ヌルに調整したRPGといった趣のゲームなんですが、子供向けにわかりやすくしようと試みた結果か、台詞がとにかく超簡略。攻略に必要な情報以外のことは一切ないといった感じ。RPGの世界観やバックグラウンドを感じさせる台詞がほとんど出てこないので、時々自分が何のために旅をしてるのか分からなくなってしまいそうです。これじゃかえって子供は混乱すると思うんだけどなぁ…。子供向けだからこそ、懇切丁寧な説明が随所に必要だと思うんですけどね。


まあとにかく、これは人生に一度あるかないかの掘り出し物でした。
ヒマな人は「なかよしといっしょ」でググってみて下さい。
その価格設定にびっくりすると思いますよ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://naokisan.blog55.fc2.com/tb.php/89-e6db9595
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
元・超なかよし愛読者です。
周りの皆がなかよしより少し大人向けな「りぼん」を買う中、私はセーラームーンときんぎょ注意報!の熱狂的ファンであり、特にセーラームーンに至ってはマンガは全巻はもちろんのこと、フィルムコミック、「コードネームはセーラーV」と言ったサイドストーリー的なもの、「セーラームーンの謎」などの非公式本、武内直子モノを当時ねだれるだけねだって買ってもらっていました。単行本の3巻だったかの懸賞で当たったムーンとVがまだ出会う前の書き下ろしツーショットテレカは私の宝物です。
きん注は当時やっていたアニメの中でわぴこが吹いていた「ぎょっぴーダンスホルン」というおもちゃが欲しくて欲しくて、買えなかったことを今でもかなり後悔しています。
上段にはあゆみゆい作品のキャラでしょうか。写真から懐かしい2人のキャラが見えて思わず長々書いてしまいました。すみません。
ドラクエは3が一番と思っているアナロガーな私にはかなり興味のあるストーリーです。ということで今度押し掛けたときにやらせて下さい。
おやすみなさい。
Posted by さ at 2007.06.22 00:38 | 編集
さちこの懸賞生活はそんな時代から始まっていたのか…w
しかしセーラームーンってそういやなかよしだったんだな。物凄い人気だったもんなー。俺は多分その年代はコミックボンボンを読んでました。
ゲームは最初の方しかやってないけど、とりあえず一面のキャラはきんぎょ注意報!のものっぽかったです。作者も出てきた。
Posted by な at 2007.06.22 08:38 | 編集
わ~「みんみんみん」とか「金魚注意報」だよね~。
さっちゃんより一世代前とはいえ「なかよし」は愛読してたよ。(「りぼん」も読んでたけどね)武内直子は冨樫義博の奥さんなんだよね~なおきなら知ってるか!、
Posted by ノゾチョンボ at 2007.06.22 17:45 | 編集
当然。
何億円カップルだかって騒がれましたねぇ。
夫婦仲は良さそうで結構ですが、待ってる人がいるんだからちゃんと漫画描いて欲しいもんです。
クラスの女子が「きんぎょ注意報」とか言う度に俺は「何に気をつけるべきなんだろう」と素朴な疑問を抱いていたのをちょっと思い出しました。
Posted by なおき at 2007.06.22 18:54 | 編集
わ。いまさらですが乗っかろ~っと。

あたしゃサチコやノゾよりさらに前世代のなかよし読者ですよ~。
ちょうどセーラームーンが始まると同時に卒業しました。
「なんで少女マンガのくせに変身とかすんのよ!」
って激怒した覚えがある。
おいら少女漫画には学園恋愛モノを求めてたのねぇ。

でもそのファミカセのキャラ、一応わかるなぁ。
Posted by BUN at 2007.06.27 23:19 | 編集
しかし、変身モノってある意味少女漫画の定番ですよね。アッコちゃんとかサリーちゃんとか(古い)。
そこに少年漫画的必殺技バトルを持ち込んだのはセーラームーンが元祖ってことなんですかねぇ。

最近の少女漫画の恋愛モノはどんどん凄くなっているという話ですね…
少年漫画のスケベなんて可愛いもんだ…
Posted by なおき at 2007.06.28 00:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。